読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

【メジロ】“新しくなったE-M1 MarkII”を相棒に色々なウメジローを撮りに出掛けてみた【梅】

毎年、2月に入ると府中市郷土の森博物館の梅園で行われている「郷土の森 梅まつり」を見にいっていた私。梅や桜って季節のお約束なのですが、なかなかこれといった写真を撮ることが難しい、やや苦手な被写体だったりします…。

P3080905.jpg

そんな中、ログカメラさんにてこんな記事を読みました。

「梅の副題(主題?)といったらメジロ!」でお馴染みのウメジロー(梅ジロー)さんですが、もう一歩踏み込んで羽根(羽)を広げたメジロを狙ってみるというのはなかなか面白そう! 既に3月に入っていますし、梅の季節もあとわずか…。まだメジロがいてくれることを祈りつつ、早速府中郷土の森まで出掛けてみました。できれば青空のお天気を狙いたかったですが、もうそんな贅沢を言ってられません。花粉は気合いで我慢!(涙目になりつつ)

P3081317.jpg

使用カメラはSDスロット故障の修理から戻ってきたばかりのOM-D E-M1 MarkII… 詳しくは以下の記事で修理報告を追記をしていますが、なんと修理でなく製品交換となってしまいました。文字通りの「新しくなった…」なのですが、今回の撮影が仕切り直しな新たな相棒との最初の一歩です。

レンズは1.4倍テレコン(MC-14)付けたED 40-150mm F2.8。望遠側で420mm相当F4.0通しのレンズになります。設定値などはログカメラを参考に、現場で適宜調整してます。

OM-D E-M1 MarkIIの設定値はこんな感じ

  • 撮影モード:S(シャッター速度優先)
  • シャッタースピード:1/2500〜1/3200秒
  • レリーズモード:連写L
  • フォーカス:S-AF>C-AF>MF(枝が邪魔なとき)の順で適宜
  • フォーカスポイント:シングルターゲット(中央1点)
  • ISO感度:オート(上限ISO3200に設定)
  • 記録サイズ:JPEG「M」(SuperFine)
  • メディア:SanDisk Extreme PRO UHS-I

続きを読む

MAMMUT (マムート)「ROCK COURIER SE 20L」(SEON COURIER) は仕事&街歩きに丁度いいザック

昨年の誕生日にマムート(MAMMUT)のザック(バックパック/リュックサック)である「ROCK PRO SE 28L」を貰った私。仕事から旅行まで大活躍のお気に入りザックで、先日の道東旅行でも網走観光から雪降る知床トレッキングまで安心して使うことができました。

f:id:OKP:20170220151715j:plain

これまで5kgの米袋を2度も運んだり(突然貰った…)、旅行ではお土産をはち切れんばかりに詰め込んだりと無茶な使い方もしてますが、見た目以上の収納力と大きな口からなんでも突っ込んでしまえるクライミング仕様のタフさが嬉しいザックです。

しかし、ROCK PRO SEは正直言ってしまうと、タウンユースの普段使いにはややサイズ的にオーバースペック気味。先の記事では雨蓋を収納して薄く畳む使い方も紹介していますが、本体の長さだけは縮まらないので、電車の網棚では縦にすると1/3近くがはみ出してしまいますし、座席に座る際も縦に足の上に乗せると、結構な部分が膝から前にはみ出してしまいます…。

f:id:OKP:20170306215519j:plain

そこで、今回ROCK PRO SEよりも一回り小さい、20LサイズのMAMMUT「ROCK COURIER SE 20L」を荷物の少ないとき、主に都内での仕事用リュックとして買ってみました(追記:現在は名称変更で「SEON COURIER SE 20L」となっているようです)。

早速、ちょっとした外出や仕事に持ちだしてみましたが、背負い心地はこれまでのROCK PRO SEと比べても違和感がありませんし、なかなかによい感じ! それでは今回も写真多めで、このザックについて紹介していきましょう。

続きを読む

オホーツク海沿岸の湖「濤沸湖」でオオハクチョウを見たり撮ったりしてきた

先月半ばの道東旅行シリーズのラスト。2泊3日の旅行最終日、網走での流氷クルーズ船を楽しんだ後、やってきたのは野鳥の楽園と呼ばれる「濤沸湖(トウフツ湖)」です。

P2181284.jpg

バスの時間の都合もあって現地にいたのは1時間ちょっとの短い時間ですが、冒頭の写真のような白鳥の群れなど、素敵な汽水湖の冬の光景を楽しむことができました。

オホーツク海から生まれた海跡湖「トウフツ湖」

北海道・道東のオホーツク海沿岸には牡蠣で有名なサロマ湖を始めいくつもの湖が海沿いに並んでいますが、どれも元々海(湾)だったところが砂州などで海と隔たられたことで生まれた海跡湖(かいせきこ)。そんな中のひとつである濤沸湖は、今も湖の一部が海と直接繋がっている汽水域の湖です。

この川のような所(雪と氷で陸との境目が分かりにくいですが)が海と湖が繋がっている場所。向こうに見える釧網本線の線路の先は流氷が浮かぶオホーツク海です。

P2181122.jpg

続きを読む