I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

祝!Moon Safari初来日!!


広告

f:id:OKP:20120911010237j:plain
http://clubcitta.co.jp/001/europianrockfes/
ここ1年ほどハマってるバンドがあります。スウェーデンのムーン・サファリというバンドでして、昨年のNH-FMの番組「今日は一日プログレ三昧」で流れたのを聴いて以来すっかりファンになってしまいました。この手の音楽のファンの界隈でもかなり話題になっているバンドです。まぁ、所謂プログレッシブ・ロックのバンドなのですが、そのサウンドはポップで甘美でコーラスワークなどはまるでビーチボイズのよう。中には30分を超えるような超尺曲やかなりテクニカルな演奏などもあるのですが、懐古的な「プログレ様式」でなくあくまで曲を引き立てる為の要素であって、変拍子やテクニック合戦が手段の目的化になってしまったような一部のバンドとは一線を画す存在と言えます。切っ掛けになった3rdアルバムの『Lover's End』はもちろん。1st、2ndアルバムの完成度も高く(自主製作盤とは思えないクオリティ)、更に最新のライブアルバム『Gettysburg Address』では、その高い演奏力がライブにおいても健在なことが明らかになりました。
…と、前置きが長くなってしまいましたが、そんな彼らが遂に待望の来日を果たすこととなりました。来年の1月、フェスという形態ではありますが、ぜひともその勇士を焼き付けたいと思います!(ただしチケット取れるかちょっと不安…)
現在、彼らの新曲(24分を超える大作です)「Lover's End Pt. III (Skelleftea Serenade)」がネットで先行公開されていて、こちらで聴くことができます。
f:id:OKP:20120911133550j:plain

Doorway to Summer

Doorway to Summer


Blomljud

Blomljud


Lover's End

Lover's End


Gettysburg Address

Gettysburg Address


ちなみに前述のラジオで流れて多くのプログレファンの心を掴んだのがこの曲。

ライブでこの再現度(メドレーなので7分辺りから)

目まぐるしく入れ替わるボーカルワークにも注目です。