I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版: Q」を2度見た:│


広告

f:id:OKP:20120327140522j:plain
公開初日のレイトショーに1週間後のレイトショーとなんやかやで2度見てしまいました。エヴァ世代の奥さんに付き合ってる体ですが、実際僕も程々に好きですしね、エヴァ。
序・破の流れをぶん投げての突っ込み所満載感だったり、複線らしきものを色々と張りつつも、どうせロクに回収するつもりは無いのでしょうし、その場面場面を楽しんでおくのが正解かなとも。そういえば映画を見終わった奥さんが「マリはゲンドウの同級生じゃないか?」的な話をしていて、なるほどそれを思わせるシーンも多いですし、次回予告のリピート記号といい旧劇に続き今回も魂の輪廻がテーマの1つなのかなぁとボンヤリ思っていますが、その辺の考察系は奥さんに譲ることにして、真剣に向き合うのは早々に投げました(笑)。でもそんな様々な考察やら感想エントリを各所で読んで楽しむところまで含めての、エヴァンゲリオンというエンターテイメントかなとか。
素直な感想としては「流されるのも程々にしとけ」というのと「しかし、もっとちゃんと説明してやれよ」とかそんな感じですが、終演直後に出てきた言葉は「どうすんだよこれ」。続編1作で本当に終われるの?的な意味で。次作のラストにセーニョやらCodaが出てこないことを祈ります(笑)