I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

PENTAX K-01とOLYMPUS E-5でみなとみらいの夜景を撮ってみた


スポンサーリンク

K-01を買って、ペンタックス一眼の高感度性能の凄さにちょっとショックを受けてしまい(ニコキャノソニーもそうかもしれませんが)、一度は諦めたKマウントの魅力に改めてグラグラきてしまった優柔不断なわたし。

日曜日はパシフィコ横浜で開催されているCP+に行ったのですが、その後ちょっとみなとみらいの夜景など撮ってみることにしました。これまでちゃんと夜景を撮った経験などなかったので、一応三脚なども車に積んで行ったのですが、いざとなると街中で三脚を立てるのは意外と気恥ずかしいもので(苦笑)、結局橋の欄干にカメラを置いたり、手持ちで頑張ってみました。

場所は赤レンガ倉庫近くの万国橋。何も知らずに車を停めたのですが、結構メジャーな夜景スポットのようです。「万国橋 夜景」で検索すると素晴らしい作例がたっぷり出てきて、写真を貼るのががちょっと恥ずかしいレベル。夜景の撮り方など詳しいことは分からないのですが、空が曇っていると地上の光が反射するのか、空とのコントラストがイマイチというか、おどろおどろしい雰囲気になってしまいます。

ではまずはK-01から。手持ちでこれ。もういやになってしまします。
▼K-01+DA35mm F2.4AL ISO3200
f:id:OKP:20130203180121j:plain
▼K-01+DA35mm F2.4AL ISO6400
f:id:OKP:20130203180429j:plain

でもってE-5。まずはISO400で1/2秒。お、結構頑張ってません?
▼E-5+ZD ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO400
f:id:OKP:20130203181402j:plain
更にISO1600で手持ち。1/15秒なら頑張ればなんとか(失敗カットも多しw)。拡大して見るとややノイジーですが、個人的にはE-5のISO1600は許容レベル。
▼E-5+ZD ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO1600
f:id:OKP:20130203181157j:plain

レンガ倉庫に移動してこちらも手持ちで頑張った。被写体によっても結構ノイズの出方は違うようですね。K-01の方は高感度NRをAUTOに設定してあったので、ちょっと強く効き過ぎているのかも?
▼E-5+ZD ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD ISO1600
f:id:OKP:20130203182604j:plain
▼K-01+DA35mm F2.4AL ISO3200
f:id:OKP:20130203182513j:plain
1〜2段階高感度性能が上のカメラ、しかもF2.4の単焦点相手にしてはE-5も結構健闘したのでは?と思います。この辺は開放から安心して使えるレンズと、定評あるボディ内手ぶれ補正の効果も大きいのかもしれませんね。悩み抜いて買ったカメラ初心者の自分には勿体ない位のカメラ、まだまだ(というかこれから)大切に使わないとです。