読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

吉松隆 還暦コンサート≪鳥の響展≫@ 東京オペラシティ コンサートホール/2012.3.20(wed.) 15:00〜

ライブ

f:id:OKP:20130320143756j:plain
http://www.japanarts.co.jp/concert/concert_detail.php?id=38
20日、春分の日に作曲家、吉松隆氏の還暦記念コンサートに行ってきました。15時開演、3部構成の4時間弱というボリュームで、1部はピアノやチェロなど室内楽的フォーマットの作品、2部からは東京フィルがステージに上がり、サックス・コンチェルトの「サイバーバード協奏曲」や若き吉松氏のデビュー作「ドーリアン」など、3部は大河ドラマ「平清盛」のサウンドトラックに、氏がオーケストラ編曲を手掛けたことで話題となったELPの「タルカス」などが演奏されました。

「タルカス」の演奏後には、この日の為に来日し客席中央で吉松氏と並んでコンサートを鑑賞していたキース・エマーソンが満場の拍手の中舞台に上がり、ピアノで「Happy Birthday」を弾いて(なんと左手ではタルカスのオスティナート(笑))氏の還暦を祝福する一幕なども。コンサートの内容自体もとても素晴らしかったですが、舞台上の演奏者から聴衆まで、吉松氏を祝福する暖かい空気に包まれた素敵なコンサートでした。
感想はまた改めてはてなダイアリーの方ででも。
f:id:OKP:20130321010108j:plain
会場で記念発売されていた吉松氏の自伝「作曲は鳥のごとく」を購入しました。

作曲は鳥のごとく

作曲は鳥のごとく