I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

無計画に箱根周遊へと出掛けてみた


スポンサーリンク

f:id:OKP:20131020191815j:plain
この週末はあまり天気がよくなさそうということで、早々に山は諦めたのですが、何処か遊びに行きたいなということで、金曜の夜になって思いつきで箱根に行ってみることを決めました。秋の箱根といえば紅葉で混み合いますが、まだ紅葉シーズンにはやや早いこともあって(?)、前日の夜でも往復のロマンスカーを普通に予約することができました。午後には雨も降りそうとの予報ですし、観光というよりは道中の電車でビールを飲んだり駅弁を食べたり、そんなプチ旅気分を味わいたいなという感じであります。
予約したロマンスカーは9時前に箱根湯本に到着、帰りは19時過ぎに箱根湯本発ということで、日中丸々を潰すならやはり「箱根フリーパス」だろうと、久々にお約束の箱根周遊コースを回ってみることに。後は当日の気分で適当に行動しようとそんな無計画ツアー。
ちなみに私、幼い頃は小田原に住んでたり、大人になってからも鱒釣りで春と秋の芦ノ湖に通っていたことがあるので、正直箱根周辺は行き飽きた感もあります。それでもロマンスカー+フリーパスでの箱根は10年以上行ってなかったので、箱根初心者の奥さんとそれなりに楽むぞと…。

箱根フリーパスは時計回りで

箱根フリーパスとは | 箱根フリーパス | 箱根ナビ
さて、箱根フリーパスを利用する人の多くは、箱根湯本から登山鉄道で強羅方面へ、そこから大涌谷〜芦ノ湖遊覧と箱根山を中心に反時計回りのコースを取ります。パンフレットのモデルコースもそうなっていますし、湯本駅で小田急を降りるとホームの対岸に、もう箱根登山鉄道が止まっているので気持ちも分ります。
f:id:OKP:20131020191824j:plain
しかしながら、みんなが同じような行動を取る訳ですから、当然のようにひたすら混雑します。特に拘りがないならば、まず箱根登山バスで芦ノ湖を目指す、時計回りのコースをチョイスした方が、断然快適に箱根周遊を楽しむことができます。
アジサイの季節などは、明るいうちに登山鉄道に乗りたいかと思いますが、そんな理由がないなら、午前のうちに遊覧船やロープウェイに乗った方が、晴れてる時間帯に富士山を見られる確率も高いのです。他に逆回りの利点としては、午後に近なって道路事情によって左右されやすいバスに乗らなくて済むということでしょうか。
PA190084

初冠雪富士山(元箱根〜大涌谷)

ということで、昨夜アップした富士山は朝のロマンスカー車内から見たものでした。
電車から見えたのはあの一瞬だけでしたが、その後、元箱根からの海賊船や桃源台からのロープウェイ内、そして大涌谷でと、この秋最初の富士山の雪化粧姿を楽しむことができました。午後には天気が崩れてしまったので、この日富士山を見られたのはお昼までに大涌谷にたどり着いた人と、時計回りコースを選んだ人たちだけかもしれませんね。
白飛びというか上の方が雲で隠れてしまってますが、海賊船から見えた富士山。右手に見えるのはプリンスの龍宮殿。
PA190095
やはり紅葉にはまだ早い時期ですが、芦ノ湖周辺の木々も徐々に色付き始めてます。釣りをしていた頃は、年中あちこちの湖をボートで走り回っていたので、紅葉なんて見放題だったのですよね(笑)
PA190123
湖尻(桃源台)に到着した一瞬だけ晴れ間が覗きました。
PA190143
ロープウェイで桃源台駅を出てすぐに富士山が見えてきました。うーん、綺麗!
PA190172
こちらはロープウェイの大涌谷駅で降りてすぐ。
PA190235
ひとまずここまで。分ける程でもありませんが、お腹が減ってしまったので、続きはまた後で書きます(笑)