I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

無計画な箱根周遊:大涌谷、ポーラ美術館、塔ノ沢温泉


広告

ということで、前半の続きです。ロープウェイで大涌谷に着きました。

大涌谷で黒たまごを食べる

ここまでベタな箱根観光をしたのはいつ以来でしょう…。
基本、人混みを避けて箱根(芦ノ湖)に通っていたこともあり、かなり久々の大涌谷、そして黒たまごです(5個500円)。初大涌谷な奥さんがやたらと黒たまごを気に入ってしまい、その日のうちに全部食べてしまったり、お昼には温泉卵まで食べて、1個食べれば7年延命の触れ込みの黒たまごですが、さすがにたまご食べ過ぎではあるまいか…。
国立公園 箱根 大涌谷 | 大涌谷くろたまご館
大涌谷 駅食堂 | 箱根ロープウェイ
PA190280
紅葉ハイシーズン前というのにこの人出。下の道路はずっと渋滞しておりました。
PA190296
とんがり帽子の冠ヶ岳、カッコイイ!
PA190302
大涌谷からの富士山。仙石原のススキももうすぐ見頃でしょうか。
PA190260
PA190265
リニューアルされて綺麗になった大涌谷駅食堂で昼ご飯。挽肉たっぷりのカレーが美味しいです。たまご…。
PA190332
バイバイ大涌谷。
PA190341

雨が降ったらポーラ美術館

ケーブルカーで早雲山から強羅へ。強羅周辺は1こ前のエントリで。
PA190403
午後から雨が降ってきたこともあって、屋内でじっくり鑑賞ができるポーラ美術館へ。今回行こうと決めていた訳でなく、強羅でブラブラしていた所ポツポツときたので、丁度来たバス(湿生花園行き)に乗りこみ、その車中で適当に決めたのでした。
こちらは観光地によくある「親子で楽しむ」的スポットでなく、モネやルノワールなど印象派の絵画などを数多く所有した美術館で、この日もモネを中心とした特別展が開かれておりました。
http://www.polamuseum.or.jp/
PA190436
ポーラ美術館には何度か来たことがありますし、特別展には国立西洋美術館所有のコレクションなども展示されていて、見たことのある気のする絵も結構ありましたが、いい時間つぶし目の保養になりました。
美術館ってただ眺めているだけのようで、展示物に集中したり解説やらの情報が一気に流れ込んでくるので、思ったよりも疲れるのですよね…(苦笑)

箱根登山鉄道とスイッチバック

箱根周遊最後の乗り物は箱根登山鉄道。強羅駅に滑り込んできたのは、子供の頃から見慣れたモハ1型の103でした。この車両、どうやら現役で走っている登山鉄道の最古参なんですね。
http://www.hakone-tozan.co.jp/train/train_list.html
PA190468
座席の寄木細工模様がオシャレ。こちらは近年交換されたものだとか。
PA190476
強羅からの最後尾車両に乗り込んだので、スイッチバックで先頭車両に。
PA190498
大平台の駅ではモハ2型の108と待ち合わせ。こちらも大ベテラン車両。
PA190511
箱根湯本1駅手前の塔ノ沢駅にて下車。
PA190541

塔ノ沢温泉で日帰り入浴

PA190572
日帰り温泉施設の箱根湯寮に寄ることにします。塔ノ沢駅から徒歩5分程。早川を挟んで一号線や環翠楼を眺めながら、細い道を歩くとすぐです。湯本の駅前から裏道のみでたどり着けるので、駅との送迎バスは1号線の渋滞知らずで行き来できるようです。
http://www.hakoneyuryo.jp/
館内は古民家風の家屋に枯山水を混ぜたようなテイストで、やや狙いすぎな感もありますが、外国人客などにはウケそうです。入浴のみで¥1300とお高めですが、お風呂も設備も新しくて綺麗、肌あたりの柔らかなお湯に、のんびり浸かることができました。
PA190591
PA190601
PA190612

ロマンスカーで帰路へ

18時に箱根湯寮を後にして送迎バス乗車3分、あっと言う間に湯本駅到着です。のんびりお土産でも選んで過ごそうと思ってましたが、すぐにお土産が揃ってしまい、時間を持て余してしまいました。夕飯を食べに行くにも微妙な時間ですし、気分的には帰りのロマンスカー車内で駅弁食べたりしたい感じ。
ということでホームを眺めながらコーヒーの飲める「箱根カフェ」で休憩。登山鉄道の模型や、玩具の登山鉄道が目の前を往復するディスプレイとハロウィンの飾りが混在していて、なんだかよく分かりませんが和みました。
PA190662
夕飯はお弁当と湯本で買った練り物、そして黒たまご…。
PA190681
PA190693
結論:無計画で行っても箱根は結構たのしい。