I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

はじめてのXシリーズ!? FUJIFILM XQ1を買いました


広告

遂に私もXシリーズユーザーに!
f:id:OKP:20140427232219j:plain
…といいましても、シリーズ末弟のXQ1でございます。
http://fujifilm-x.com/xq1/ja/
所謂流行の高級コンデジのラインに属するカメラで、F1.8からの明るいレンズ、コンデジにしては比較的大きい2/3インチのX-Trans CMOSセンサーを搭載しています。昨年11月のデビューですが、思ったよりも値崩れが早く現在は3万円を切る市場価格となっています。
いつも拝見しているブログ酔人日月抄さんにて、Xシリーズで撮られた綺麗な写真を見ていたこともあり、気になっていたのですが、先日フジフィルムスクエアで触った際に急激に惚れ込んでしまい、数週間悩んだのちに購入してしまいました。
PEN mini E-PM2はコンパクトなミラーレスですが、普段通勤鞄に入れて持ち歩くにはやはり嵩張りますし、レンズを含めたら重量もそれなり。コンデジはRICOHのCX5を持っていましたが、古いカメラなので起動もAFも遅いし、写りの方もかなり不満が出ておりました。ということでCX5他、使ってないFT/MFTのレンズなどを下取りに出してのゲット!です。
↑の通り外箱は非常にコンパクト。当初は「今回はシルバーのカメラを買うぞ」という気分だったのですが、グリップ感の良いブラックのシボ塗装に対して、シルバーのツルツルなアルマイト仕上げがなんとも馴染めず、結局ブラックを購入です。
f:id:OKP:20140428002833j:plain
開封レビュー、基本的な機能紹介などは酔人日月抄さんの所を見て頂くのが一番分かりやすいかと思いますので、さらりと流します(笑)
実写レビューも既に発売から時間が経ってますし特にいらんだろう、とは思いますが本当に日記のネタがなくなってしまいますので、後程少々。
Xシリーズの末っ子XQ1に宿る"X"の風格 - 酔人日月抄
XQ1で撮る真冬の散歩道 - 酔人日月抄
むらいさち先生と行くFUJIFILM XQ1で撮るバスツアー フォトレッスン - 酔人日月抄
FUJIFILM XQ1とiPhone5sをWi-Fi接続してInstagramへ投稿する - 酔人日月抄

一応、サイズ感ですがE-PM2と並べてこんな感じ。コンパクトといってもレンズ交換式はどうしてもレンズが大きく飛び出してしまいます。XQ1なら気軽にポケットも入れられますので、似たようなサイズながらカメラを持ち出すことに対する気軽さは全く別モノでしょう。
f:id:OKP:20140427232221j:plain
f:id:OKP:20140428120505j:plain

ネットのレビューなどでも賛否両論なのが購入状態では充電がUSB経由のみという点。充電器が別売りのため、充電の度にやや頼りない本体横の蓋を開けてマイクロUSB端子の充電ケーブルを差すことになります。スマホなどで使っているモバイルバッテリーなどを使えば、出先でも気軽に充電できることはありがたいですね。
(写真が黒つぶれし過ぎw)
f:id:OKP:20140427232217j:plain

本体の電源を入れて最初に行ったのはAFのエリア選択範囲を小さくしたことです(スクエアでX-T1を何度か触ってこのやり方だけ知ってましたw)。オリンパスのカメラは最近の機種になって、標準/スモールの切り替えができるようになりましたが、Xシリーズでは最下位のコンパクト機でも5段階のサイズで切り替えできます。なんとなくAFエリアが小さい方が、一眼レフのフォーカスポイントのノリで使えるのですよね。もしかしたら範囲を狭くすることで、精度(というかAFの食いつき)が下がってしまうのかな?
f:id:OKP:20140427232225j:plainf:id:OKP:20140427232224j:plain

ちなみに購入して自宅に帰る前に開封しております私。どこで買ったかバレバレですね(笑) ファーストショットかと思ってましたが、ファイル番号は「0006」になっていました。何枚か消したのか最初から少し進んでいたのか… よく覚えてません。
DSCF0006

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 光学3.6倍 DSC-RX100

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 光学3.6倍 DSC-RX100

一応、XQ1購入にあたり比較検討したのはこの辺り。
ZX-2の値下がりっぷりにはやや心惹かれるものがありましたが、最終的には動作の軽快さ、Wi-Fi搭載、Xシリーズ(とうかX-Trans CMOSセンサー?)への興味などもあり、やはりこれだろうということで。
FUJIFILM デジタルカメラ XQ1 ブラック F FX-XQ1 B

FUJIFILM デジタルカメラ XQ1 ブラック F FX-XQ1 B

ということで、以下XQ1で撮ったなんてことないスナップが続きます。なにせそういう目的で買ったカメラですから。いつものようにJPEGで撮ってます。

この日の夕飯は、最近気に入ってる肉汁つけうどん。所謂、武蔵野うどん的なやつでしょうか。
DSCF0061
DSCF0057

揚げたての天ぷらなどもあったりして、この辺は讃岐うどん系のインスパイヤっぽい感じ。それにしても、このステンレスのバットで出てくるのが大雑把で面白い。うどんのおつゆか3種類のつけ塩で頂きます。
DSCF0062
DSCF0067

開放F1.8かつ、マクロで寄れるのは広角端のみ。コンデジの広角マクロは手やカメラの影が入りやすく使うのが難しいのですが、そこままあ上手く付き合っていきましょう。広角の開放ならそれなりにピントは薄くなります。
DSCF0091
DSCF0108
DSCF0111

翌日は武蔵村山のイオンモールへ。テーブルフォトでスマホよりは綺麗に撮りたい、という時には重宝しますね。Wi-Fiも内臓しているので、“SNSでシェア”()みたいな用途にはピッタリでしょう。
この辺りからフィルムシミュレーションは「Velvia」を使っているような…。
DSCF0125

店内でパシャパシャ写真を撮るのはマナー的にどうかというものや、レンズ交換式だとどうしても見た目が大袈裟になってしまいますが、XQ1は起動もAFも早ければ、シャッターも異様に軽いので、さっと取り出してさっと撮ることができます。
DSCF0131
DSCF0142
最近、ポーランド食器が非常に気になっています。
DSCF0144
DSCF0161
DSCF0160
キッチン雑貨のお店は見ているだけで楽しくなりますね。ただしカラフルな食器類は店頭で見ている分にはとても素敵ですが、この中から数点だけ抜き出して家に置いても、浮いてしまうだけだったりするので要注意です。

…あ、カメラのこと全然書いてません(笑)
レンズの明るさの恩恵に与れるのは広角端のみ。しかも絞り開放ではSSが1/1000秒までと日中の野外では絞る必要があったり、ズームしたとたんに寄れなくなったりと、微妙なところもあるのですが、動作も軽快ですし写りに関しても概ね満足でしょうか。なんてことないシーンで、AFをちょいちょい外すのがやや気になります。あと、ステップズームは欲しかった!
手ぶれ補正は正直あまり効かないかなーと。高感度もやはりセンサーサイズなりといった感じで(それでも数年前のコンデジから比べたら凄い)、常用でISO800まで。被写体やら目的次第ではもう1〜2段上げるのも許せそうです。高感度や夜景などは、また改めて?

自宅マンションから日曜の夕焼け。富士山もかすかに見えますね。
DSCF0184
夕飯は冷蔵庫の余り物で焼きうどん。豚肉がなかったので、ツナを入れたのですが… まぁ、見た目通りの味です(笑)
室内のテーブルフォトなら広角端でグイっと寄ってしまえば、まず問題ない感じ。
DSCF0205

* *

追記:早速、XQ1をお散歩カメラとして持ち歩いてみました。
moognyk.hateblo.jp

広告を非表示にする