I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

アラフォーにしてはじめて「やきそば弁当」を食べる


スポンサーリンク

カップ焼きそばがこんなにも地域性の強い食品だったなんて、つい先週末まで知りませんでした。
f:id:OKP:20140924225555j:plain
きっかけはこちらのエントリを拝見して。

カップ焼きそば - Wikipedia(シェア・地域性)
私は生まれも育ちも神奈川県なので焼きそばといえばペヤング。U.F.O.や一平ちゃんを食べない訳じゃないですが、やはり子供の頃からすり込まれた「おっ!四角い顔」のCM効果によるものなのか…?
たまーに(年1位?)、無性にカップ焼きそばが食べたくなると、やはりついペヤングを選んでしまいます。

さて、上記エントリのブコメWikipediaに見たことのない「やきそば弁当」なる文字が…? 「弁当? 焼きそばなのに…? お好み焼き定食的な?」なんてベタな反応をしてしまう関東モノの私。まさかその当日の夜に近所のスーパーで「やきそば弁当」に出会ってしまうとはっっ!!!!(即席麺売り場でない特設コーナーに「北海道限定!」みたいなポップと共に売ってました)

f:id:OKP:20140924225556j:plain
早速、週末の昼食に頂きましたが、これがなかなかに美味い! あくまで、カップ焼きそばの範疇ではありますが(そりゃそうだ)、不思議とジャンクさのうすい優しい味。ソースが甘めなのもあるのでしょうか。正直ペヤングよりも「まろやか〜」だと思います(笑)
付属のスープは思ったより塩気が強く(湯切りのお湯を使うとはなんと無駄のない!)、焼きそばとの相性もいい感じ。
関東育ちのくせにペヤングが苦手だといううちの奥さんも(「かすかに桃の天然水の味がする」など意味不明な供述をしており…)かなり気に入った様子です。
まだ売ってるうちに在庫買っておこう!

ちなみに同じ東洋水産の「焼そばバゴォーン」は、昔食べたことがあるはずなのですが、ほとんど味の記憶がありません。こちらは偶に、関東でも見かける気がします。