I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

外れやすいE-M5のアイカップを交換してみた


スポンサーリンク

(後発のエリートブラックは対策しとけよ、とか思っちゃうのだけどな…)
f:id:OKP:20140925001704j:plain
先週末、E-M5を持って奥多摩にハイキングに行ったのですが、駅で降りたらE-M5にアイカップが付いてませんでした。これから山ってときに、そういうのはテンション下がるので止めて頂きたい…(苦笑)
アイカップの脱落は以前のオリンパスの一眼レフ機でもよくあったのですが、E-M1のアイカップは外れにいものに改良されていたので、すっかり忘れてました。E-M5のアイカップってちょっと上向きの力が掛かると、簡単にカメラから外れてしまうのですよね。
(ちなみに、ホットシューカバーもなくしやすいパーツの1つ。↑の写真もよく見ると取れかけてる…)

OLYMPUS アイカップ OM-D,E-M5用 EP-10

OLYMPUS アイカップ OM-D,E-M5用 EP-10

ということで専用アイカップのEP-10を注文しようとAmazonを見つつ、代替で使えるアイカップがないかと探してみると、どうやらE-M10用のアイカップEP-14がE-M5にもフィットして、かつ外れにくい仕様になっているみたい。
AmazonのレビューもE-M5ユーザーのものばかりが並んでいます(笑)ということで翌日EP-14が到着。
f:id:OKP:20140924225557j:plain
早速、E-M5に装着してみると、確かに「カチン!」とはまって、これなら軽い衝撃程度では外れることはなさそうです。サイズもEP-10より一回り大きくなって見た目も僅かにグレードアップ(?)。
f:id:OKP:20140924225559j:plain
↓写真上部の真ん中らへんにあるツメがカメラ本体に引っかかってくれます。EP-10にはこのツメがないんですよね。オリンパス機のアイカップは以前から外れやすいと評判が悪かったのですが、どうやらE-M1で採用されたアイカップEP-13から脱落防止のツメが付くようになったようです。
f:id:OKP:20140924225558j:plain
ちなみにEP-14は元々のEP-10に比べてややサイズが大きいため、付属の外付けフラッシュを付ける際に干渉します。頑張って押し込めば付くという話もありますが(?)、私が試した限りではあまり頑張ってみたくない固さでした(笑) フラッシュを先に付けると今度はアイピースが付きませんし…。
f:id:OKP:20140924225600j:plain
私は付属のフラッシュは滅多に使わないので(外部ストロボのコマンダーとして使う程度。アウトドア専用機のE-M5ではまず使う予定なし)、特に気にせず今後はこのアイカップを使っていこうと思います。

おまけ

E-M5のストラップもCHUMSのものに変えました。
f:id:OKP:20140925105901j:plainf:id:OKP:20140925105905j:plain