I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

今年の涸沢紅葉は諦めました。だがしかし…


広告

今夜から出発予定だった涸沢行きは中止にすることにしました。
ひとつは台風19号が近づいていること。予報を見る限り連休のうちに北アルプスエリアが暴風域に入ることはなさそうですが、それでも月曜、体育の日の雨は避けられそうにありません。
そして最も楽しみにしていた涸沢カール付近の紅葉がほぼ終わってしまってるということ。少々天候が崩れても紅葉が見られるなら…とも考えてましたが、どうも先週の台風通過後に涸沢付近に行かれた方の写真を見る限りは、涸沢から上はほぼ終盤。涸沢から下あたりでかろうじて見られそう?というものでした。

涸沢ヒュッテ 公式サイト - 北アルプス穂高氷河圏谷 涸沢
紅葉状況
涸沢の紅葉の見頃は終わりました。
今年は10日ほど早く葉を落としてしまいました。
ヒュッテ周辺はまだ赤い実をつけたナナカマドがとてもきれいです。

そのような状況で、雨の中テントを畳んであの長い道のりを歩いて下山してから、夜中に濡れた道具を干したり洗濯をして翌日は仕事… というのはなんともテンションが上がりません(苦笑)

ということで残念ですが今年の涸沢紅葉はスッパリ諦めて、また来年以降のチャンスを狙うことにします。
となると、気になってくるのがチケット手配済みの高速バス。キャンセル料は日増しに上がってますし、せっかくの休みなので上高地までは行ってみることにします。日曜日は晴れるみたいですしね。ただ上高地観光は何度か行ってますし(明神池あたり紅葉が綺麗そうですけど)、せっかく登山の準備もしてるということで、上高地から日帰りで登れそうな山といったら…
P5030050.jpg
焼岳があるじゃないか!
この展開、つい最近何処かで読んだことがある気がしますが…まあいいでしょう(笑)
大正池河童橋から見る雄大なこの山にはいつか登ってみたいと思っていたのですよね。

活火山ということはありますが、こればかりは運もありますので。
進まぬ噴火避難計画 県内4つの活火山:岐阜:中日新聞(CHUNICHI Web)
噴火に限らずですが、登山の際はもしものケースを常に頭の片隅に留めております。覚悟ができてる、という訳では決してないのですが、なんでしょう…。上手く言えませんが例えば車を運転する際、こちらの過失如何に関わらず事故に遭う可能性、起こす可能性があることは少しでも意識するようにしているのに似た感じでしょうか。

さて、朝の6時過ぎには上高地のバスターミナルに着くようですので、順調に登れれば昼前には頂上を踏んで下山コースに入れそうです。
日帰り予定で遅めのあずさも予約してありますが、連休中日のバスターミナルの混雑次第では河童橋近くの小梨キャンプ場でテント泊してしまうのもありかもしれません。いえ、これからザックを30Lクラスに交換するのも面倒なので、防寒など多少の荷物は入れ替えますがテント泊の荷物のまま日帰り登山をしてこようと思います(笑) 上高地から焼岳山頂まで丁度1000m程度の登り。トレーニングにも良さそうですね?
f:id:OKP:20141011191214j:plain
明日はどんな焼岳に出会えるのでしょうね。楽しみです。

持って行く地図は同じままでOKです(笑)