I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

ブロッコリーとキャベツを食す日曜


広告

昨日のエントリは私の趣味に絡めてのお気に入りブログ紹介でしたが、好きなはてなブログはまだまだあります(紹介しきれなかった写真系ブログもたくさん)。料理、レシピ系のブログもいくつか購読しているものがありますが、昨日もそんな中から最近見たとても美味しそうなパスタのレシピを使わせて頂きました。

ブロッコリーの茎はいつも何処まで使うか?捨てるのは勿体ないなーと思いながらも、モコモコ部分(花蕾というのですね)の食感を重視して茹でると、茎部分に火が通りきらないこともあって結構捨ててたんですよね。
f:id:OKP:20141109224302j:plain
(レシピのイタリアンパセリは我が家にありませんでしたが、代わりに入れる予定だったパセリすら忘れてしまった…)
こちらの作り方で試してみると確かに茎の部分も美味しく頂けます! スープなどに入れても美味しそうですね。また、為になる料理を1つ教えて頂きました。


そして同じホマレ姉さんのブログで紹介されていた簡単ザワークラウトのレシピ。乳酸発酵させなくともザワークラウト的に仕上がるのならば、これはかなり試してみたい。ホットドッグやビールのつまみに頂きたいですね。

キューネ ザワークラウト(バレル) 850ml

キューネ ザワークラウト(バレル) 850ml

ヘングステンベルク ザワークラウト 720ml

ヘングステンベルク ザワークラウト 720ml

さて、キャベツをタップリ食べる方法ですが、他にもお好み焼きがありますね(強引な展開に…)。
関西風?のお好み焼きは家でも作りやすいのですが、キャベツ山盛りの広島風となるとそれなりのサイズの鉄板やテクニックが必要。ということで、昨夜の夕飯は少し前に発見して気になっていた、大國魂神社近くの広島風お好み焼きの店に行ってきました。
奥さんはそば入りの肉玉(750円)、私はイカ天とネギがトッピングされた広島県人スペシャル(900円)をうどん入りで注文です。
f:id:OKP:20141109224301j:plain
島風のお好み焼きは都心部の、そこそこ有名な某店(広島出身の店主が経営されていて、カープの選手なども食べにくるらしい)に以前よく通っていたのですが、そこと比較しても見劣りしないお好み焼きでした。立地の差や増税後という条件を考えても、価格の方もかなり良心的ではないでしょうか。

個人的には、もうちょっとたっぷりキャベツが入っていてくれてもいいのですが、まあそこはお店によってのバランスがあるのでしょう。
f:id:OKP:20141109224300j:plain
各自お好み焼き1枚とビールを頂いて適度に腹八分。美味しく頂いて、さくっと店を後にしました。
全席喫煙可かつこぢんまりとした店内なので、入るタイミングによってはちょっと辛そうな気もしましたが、テイクアウトもできるようなので、機会を見てまた食べに行きたいと思います。

おまけ

お好み焼きを作り慣れてない関東人(つまり私のこと)はこれ使うと絶対失敗しません。下手な(関東地区の)チェーン店よりも全然満足できるお好み焼きが焼けます。
f:id:OKP:20141110115918j:plainf:id:OKP:20141110115922j:plain
家お好み焼きのときは1枚目は普通に焼いて、2枚目はスライスチーズ乗せ。
お好み返し二刀流(2本組)HS-269

お好み返し二刀流(2本組)HS-269

本格的な金属ヘラはホットプレートが傷付いてしまうのでこちらで我慢(笑)