I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

GWに湖上の秘境駅「奥大井湖上駅」に行ってきた


スポンサーリンク

周りを湖に囲まれたた岬の上の無人駅、そして両側に伸びる赤い鉄橋。広告や雑誌などでこの不思議な光景を見たことがある人もいるかもしれません。

R0010176.jpg

ここは静岡県にある大井川鐵道井川線の「奥大井湖上駅」。私がこの駅に足を運んだのは今からかれこれ5年前、新緑が美しい5月のことでした。
奥大井湖上駅 - Wikipedia

当時はまだ一眼レフを手にする前のことでしたが、RICOHの高級コンデジのハシリでもあるGX200で撮った写真が残っていました。レタッチしてみたら案外使えそうな写真だったので、当時のことを思い出しながらブログ記事にまとめてみました。

RICOH デジタルカメラ GX200 ボディ GX200

RICOH デジタルカメラ GX200 ボディ GX200


日帰りドライブで静岡県の奥大井湖上駅へ

奥大井湖上駅があるのは静岡県の南アルプスの麓に続く榛原郡川根本町。やや強行軍にはなりますが、車なら東京からの日帰りドライブも可能なエリアです。私達が行ったのは2009年のゴールデンウィーク、5月初旬のことでした。

f:id:OKP:20170724004710j:plain

東名高速静岡ICを下りて下道を走ること約1時間半(今だと新東名の静岡スマートの方が近そうですね)。ご覧の通りの山奥なのでワインディングロード(途中センターラインなしの箇所も含む)のドライブにはなりますが、秘境駅と呼ばれる割には比較的お手軽に(?)行ける場所にあります。温泉地、観光地としても有名な寸又峡へ向かうのとほぼ同じコースで、県道77号線の途中で寸又峡方面、大井川沿いの県道388号が分岐します。

寸又峡も子供の頃行ったきりなので、機会があったら泊まりがけの電車旅で大井川鐵道エリアを訪れてみるのも良さそうですね。

静岡・寸又峡までドライブ!温泉、紅葉、吊り橋が楽しめる観光スポット - ぐるりみち。

ちなみに、大井川鐵道経由で奥大井湖上駅まで行くと、静岡駅から3時間以上かかるようですので、日帰りだとかなり慌ただしくなってしまいそうですね。

駅の対岸から「奥大井湖上駅」を眺める

さて、有名なこのアングルからの奥大井湖上駅が見たい場合、長島ダムを過ぎて接岨湖を右手に見ながら県道388号をしばらく行った、トンネル手前の側道に入った途中がビューポイントになります。かなり細い側道の途中なので、車を停めて撮影などをするのには注意してください(数台なら停められるスペースあり)。

R0010172.jpg

私たちが行ったのは新緑が鮮やかな5月のGWでしたが、紅葉の時期もまた美しい景色が楽しめそうな撮影スポットですね。
徒歩で鉄橋を渡って駅まで行くこともできます。その場合、展望スポットの少し先に無料の駐車場があり、そこから10分程度山に入って遊歩道を歩くことで、接岨湖にかかる鉄橋「レインボーブリッジ」へと出ることができます。


電車に乗って「奥大井湖上駅」へ

我々は電車で奥大井湖上駅に降り立ってみたかったこともあり、写真を撮ってから一旦大井川鐵道井川線の「長島ダム駅」まで戻り、駅前の駐車場に車を停めて電車に乗りました(1つ手前の「ひらんだ駅」も、無人駅ですが車で行くことができます。こちらは、恐らくカヤックなどのエントリーポイントになっているのかな?)

R0010188.jpg

ということで奥大井湖上駅に着きました。一見湖上に浮かぶ島の上にあるようにも見えますが、実際はS字状にうねったリザーバー「接岨湖」の馬の背にある駅で、県道側の湖岸から湖を挟んでの対岸にあたります。

R0010219.jpg

奥に見える山の上から下りてくる階段が、↑で書いた県道側から歩いてこれる遊歩道です。

R0010236.jpg

駅のある馬の背を挟んで湖の対岸両側に伸びるのが、レインボーブリッジと名付けられた鉄橋です。写真手前が湖の上流側になります。上流側の橋には遊歩道が設置されています。

R0010246.jpg

こうして見ると馬の背の先端に駅があるのがよく分かりますね。

R0010253.jpg

奥大井湖上駅にはこんな感じのコテージがあります。中で休憩したりお弁当を食べることもでき、我々のように途中下車していく乗客もいます。

R0010286.jpg
R0010291.jpg

結構、観光客が多いように見えますが、無人駅ですし電車が行ってしまうとすぐに辺りはひっそりとします。

R0010342.jpg

下流側のレインボーブリッジ。こちらの遊歩道には入れません。

R0010307.jpg

橋から湖底まで橋脚の高さは70mもあるそうですが、水位の変動のあるリザーバー(ダム湖)なので、写真によってはかなり湖面の位置が高いものも見られます。この時は、接岨湖の岸際に岩肌が見えているので、多少水位が下がっていたようですね。なかなかの高度感です。

R0010310.jpg
R0010316.jpg
R0010327.jpg

広告



アプト式鉄道と巨大ダムを楽しむ

奥大井湖上駅をたっぷり楽しんだ後、井川線に乗って下流の「アプトいちしろ」駅まで下りてみました。途中接岨湖を貯える巨大ダム「長島ダム」の堅牢な姿を楽しむこともできます。(行きの県道388号からも見えるダムです)

R0010358.jpg

「アプトいちしろ」〜「長島ダム」間は日本唯一の「アプト式鉄道」の区間とのこと。車輪とは別に歯車の付いた機関車が連結され、ラックレールという特殊なレール上を走ることで、急勾配の上り下りをサポートするようになっています。
アプト式 - Wikipedia
アプト式列車に乗る | 大井川鐵道【公式】

R0010365.jpg
R0010374.jpg
R0010382.jpg
R0010394.jpg

アプトいちしろ駅の直ぐ脇には発電用の大井川ダムがありますが、小さなダム湖には名前が付いてないようです。写真に写っている市代吊橋は元々鉄道の線路が走っていた鉄のルリ橋。現在は産業遺産にも登録されています。

R0010397.jpg

再び「長島ダム」駅に戻りました。ここでもアプト式機関車の連結、切り離しがあります。

R0010436.jpg
R0010449.jpg

ロボットのような長島ダムの堤体。巨大な重力式コンクリートダムです。ダム周辺は遊歩道が整備されていますし、堤体の上を車で走ることもできます。

R0010553.jpg
R0010587.jpg

長島ダムTOP/国土交通省 長島ダム
さらの大井川の上流を目指せば、奥泉ダム、井川ダム、畑薙第二ダム、畑薙第一ダムと数々のダムと2つの大きなダム湖(井川湖、畑薙湖)も楽しむことができ、ダム好きには魅力的なエリアかもしれません。
この日は奥大井湖上駅が目的だったのですが、長島ダムに結構足を止められてしまいました(笑)

巨大ダムの“なぜ

巨大ダムの“なぜ"を科学する

おまけ:丸天食堂で静岡の海の幸を堪能!

静岡方面へ行ったらやはり海の幸を楽しんでから帰りたいもの。夕飯は沼津港でお馴染みの魚河岸丸天へ。このときは富士店に寄ってみました。
生桜エビにマグロ、そして巨大な車海老フライなどなど。うーん、久々に食べに行きたくなりますね(笑)

R0010608.jpg
R0010609.jpg
R0010617.jpg

* *

ちなみに当時のブログ記事。ひたすら写真を貼ってるだけですが、まだ一眼レフも持っていなかった頃、写真展で見たロケ地をすぐ訪れてしまった情熱はなんだったのでしょうね…。

関連記事