I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

GWに上高地に行くならば… オススメの日帰りハイキングコースは?


広告

ゴールデンウイークの上高地情報を求めて、このブログにたどり着く方が結構いらっしゃるようです。他にも「上高地 GW」「上高地 初心者」といったキーワードで来訪して頂く方も多いようなので、そんなGW期間の上高地について記事をまとめてみました。

PEM52730.jpg

上高地にはこれまで初、夏、秋と各季節に訪れていますが、それぞれの季節毎に違った魅力があり、年間を通じて楽しむことができるエリアです。
北アルプス方面の登山者にとっては、トレッキングのスタートポイントであり、通過点として足早に通り過ぎてしまうことも多いのですが、この日本有数の景勝地、機会があるならばじっくりと腰を据えて楽しまない手はありません。


初めて上高地に行くならどの季節がいいの?

あくまで個人的なオススメですが、やはりまずは夏の避暑地として訪れるのが一番手堅いかなと。平地では30度を超えるような暑さでも、上高地の気温は20度前後。朝晩は長袖を着ないとちょっと肌寒いぐらいの涼しさとなります。

7月頃は緑も美しく、残雪の美しい穂高の山々に梓川の美しい水、澄んだ空気など、都会では味わうことない「これぞ高地」といった雰囲気を楽しむことができるでしょう。

P7173548.jpg

私が初めて上高地を訪れたのがこの季節(7月半ば)だったこともあり、初めて目にするこの景観に一撃で上高地の虜となってしまいました。
そんな夏の上高地については、別の記事でまとめてますのでそちらをご覧くださいませ。

それではGWの上高地がイマイチか?といえば決してそんなことはありません。まだ冬の名残もありつつ、そこかしこに感じられる春の息吹。まだ多くの雪を被った穂高の山々の美しさ、なによりもベストシーズンに比べると観光客が少ないことも特筆ポイントかもしれませんね(笑)

GWの上高地、気温とか景色はどんな感じ?

5月頭のゴールデンウィークともなれば、平地はすっかり春の盛りですが、上高地は標高1500mの山岳地域です。まだまだ平地の感覚では冬に近い気候と思った方が良いでしょう。特に朝夕は冷え込むので、最低でもフリースなどは用意しておきたい所。
これは2014年のGWに上高地を訪れたときの写真ですが、ご覧の通り付近の木々(白樺?ダケカンバ?)にまだ緑は殆ど見られません。

P5030080.jpg

年によってはGW頃でもまだ雪が残っていることがあるようです。昨年は明神の先に行くまでは、足下に雪を見ることはありませんでしたが、現地の情報などは直前にホームページなどでチェックしておくといいでしょう。

最新情報 | 上高地公式ウェブサイト
残雪たくさんあります 2015.04.19
大分と雪は解けましたが、まだまだ散策路にはたくさん残っていて大正池からの林間コースは通行止めになっております。梓川コースは通行止めになっていないけど結構な残雪があります。明神館付近までの左岸コースは今年の雪解けが早いみたいですが、いずれも残雪で歩きにくい状態です。

有名な河童橋越しの穂高連邦もまだ寒々しいですが、この時期しか見られない風景。

P5030146.jpg

ちょっと辺りに目をこらせば、そこかしこに確かな春の訪れを見つけることができるでしょう。このフキノトウはいたる所に大量に生えまくっていますが、上高地は植物の採取は禁止なので、見て楽しむだけにしましょう(サルたちがよく食べています)。

P5030445.jpg

混雑具合については、涸沢方面へ進む登山客は多いのですが、上高地自体は初夏や紅葉の季節に比べたら、かなり空いている方ではないでしょうか。

追記:2015年のGWに上高地を訪れた際は、かなり新緑が目立っていて1年前とは随分違う雰囲気でした。

PEM52791.jpg

日帰り上高地のお勧めハイキングコース

せっかくの上高地、できれば1泊してゆっくり楽しみたいですが、まだ冬の気配も残るGWならば、日帰りの軽いハイキングのみでも充分かもしれません。個人的にオススメしたい、日帰り上高地のハイキングコースは以下のルート(やや健脚向き?)。

[大正池→田代池→河童橋→(梓川右岸)→明神→(梓川左岸)→上高地バスターミナル]
上高地を歩こう(ウォーキングコース) | 上高地公式ウェブサイト

概略コース図はこのような感じ、休憩なしの徒歩移動のみで3時間程度の行程です。もちろんそれ以外に休憩を取ったり、食事時間、周辺の景観を愛でたり、写真を撮ったりで、ここにプラス1〜2時間の余裕を見ておく必要があります。

f:id:OKP:20150419220855p:plain

観光地としての上高地はほぼこのエリアに収まっているので、日帰りで上高地を堪能するには最も見所の多いコースだと思います。初心者でも無理をしなければ1日で歩けるコースですが、もし上高地で1泊できるならば、「大正池〜河童橋」エリアと「河童橋〜明神(徳沢)」エリアで1日ずつ分けると、無理なく上高地を堪能することができるでしょう。
また、上記のコースを歩く場合、午前中のうちに上高地に入っておく必要があります。朝方から上高地入りすることができれば、のんびり散策を楽しんでも午後の早い時間には上高地を後にすることができるでしょう。上高地へのアクセスについては後ほど簡単に。

※2時間以上の行程に不安がある方、山岳エリアでのハイキング未経験の初心者などは、河童橋を起点にして大正池側、又は明神側のどちらか一方に絞ると良いでしょう。

日帰りハイキングコースの見所詳細

それでは上で紹介したおすすめコースの詳細を、写真を交えながら紹介していきましょう。

①沢渡/平湯よりバス又はタクシー:「大正池ホテルバス停」にて下車

この時期、涸沢方面へ行く登山客はたいてい上高地バスターミナルまで乗っていってしまうのですが、上高地散策が目的ならば、朝の大正池を見ないのは勿体ないです。
運が良ければ、大正池の水面に映る焼岳や穂高連峰の風景を楽しむことができます。

P5030050.jpg

昨年GWの大正池。この時は我々も目的地が涸沢方面だったので、当初は終点のバスターミナルまで行く予定だったのが、バスの車窓から見えた大正池のリフレクションに急遽予定を変更してバスを下車しました(笑)

P5030065.jpg

②田代池

大正池から徒歩15分程度。原生林の中に広がる湿原、そしてその奥にある浅い池が田代池です。流れ込む土砂によって年々小さくなっているということもあり、いつかは湿原となってしまうかもしれません。

P7173968.jpg

春の田代池。ここはいつ来ても本当に静かで落ち着く場所です。

P5030092.jpg

③河童橋へ

田代池から河童橋までは、好きなコースを散策しましょう。ちょっとした湿地帯の林間コースなどもあります。田代橋からは梓川沿いに左岸を歩くもよし、橋を渡って右岸を歩くもよし。木々にまだ葉も少ないのでニホンザルたちが居ればその姿もすぐ見つかることでしょう?

P5030101.jpg

猿たちは上高地エリアの何処にでも出没するので、可愛い小猿たちの姿も見ることができるかもしれません。

P5030129.jpg

河童橋付近から眺める穂高連峰。GWには上高地から涸沢にかけての至る所で、このような鯉のぼりが泳ぐ姿を見ることができます。

P5030158.jpg

河童橋まで来たら橋を渡って右岸側のコースを選びましょう(ちなみに「右岸」「左岸」は川の上流から下流方向を見ての左右になります)。涸沢方面に向かう登山客は、最短ルートである左岸コースをズイズイと進んでいくので、ついて行かないように注意しましょう。

④右岸の遊歩道で明神池方面へ

私が上高地ハイキングで最も好きなのがこのコース。梓川の左岸コースは徳沢方面へと急ぐ登山客のためのコースですが(?)上高地の自然と景観をじっくり味わうならば右岸コースに限ります。次々に現れる美しい渓流(梓川に注ぐ支流)や岳沢湿原などの湿地帯が目を楽しませてくれることでしょう。

湿地帯の中を歩くことも多いので、木道歩きを楽しむこともできます。

P7184432.jpg

夏の岳沢湿原。このような風景が次々に飛び込んでくるので、写真好きだったら1時間ちょっとのこのコースを歩き切るのに、倍の時間がかかってしまうかもしれません?

P7184293.jpg

GW頃は木々はこんな感じですが、水の透明度は変わらぬ美しさ。雪解け水を含んでいますので、当然水は超つめたい!

P5030200.jpg

⑤穂高神社奥宮&明神池

梓川右岸を1時間程ハイキングすると穂高神社奥宮に到着。明神池を見るには大人300円の拝観料を払う必要がありますが、せっかくここまで来たのですから、見ておきましょう?
こちらも夏の写真。緑と岩の織りなす天然の庭園といった感じの明神池です。GW頃だと少々寂しいかもしれませんね。

P7184552.jpg
穂高神社奥宮の周囲には、飲食のできる売店や、チップ制のトイレなどもあるので休憩にもいいでしょう。

⑥明神橋〜明神館へ

明神池を後にしたら明神橋を渡って明神館へ。宿泊もできる明神館の前では、多くの観光客、登山客が休憩を取っています。もちろん食事を取ることもできますし、飲料自販機や公衆トイレなどもあります。

天気が良ければ明神館の前から、穂高神社奥宮のご神体でもある明神岳の勇姿を楽しむことができます。夏よりも木々がスッキリしているので見通しが良いですね。

P5030279.jpg

ここから先はほぼ登山客のみのエリアになりますが、ちょっとその雰囲気を感じてみたい方は、明神から歩いて1時間の徳沢まで足を伸ばしてみてもいいかもしれません。この時期、徳沢周辺ではニリンソウの群生なども楽しむことができるようです。
5月 | 上高地公式ウェブサイト

ただし、頑張りすぎて徳沢まで行ってしまうと、バスターミナルまでの帰路が2時間弱のコースとなってしまうので、初めての上高地ハイキング(特に日帰り)ならば明神で引き返すのがベターでしょう。

⑦梓川左岸を歩いて河童橋へ

梓川左岸のコースは、右岸コースに比べるとやや退屈なコースではありますが、行きよりも短い時間で河童橋まで戻ることができます。河童橋の手前にある公共施設「上高地ビジターセンター」は、なかなか見所も多く休憩にも丁度いいスポットです。
上高地ビジターセンター (環境省)

体力に余裕があるなら、再度右岸を歩いて戻るのも悪くないかもしれませんね。

⑧河童橋〜上高地バスターミナル

河童橋に帰ってきたら、飲食店で食事や軽食を楽しむもよし、お土産屋などが一番充実しているのもこのエリアです。

DSCF1143.jpg

出発時間や歩き方にもよりますが、途中に休憩や食事の時間なども含めれば、最初の大正池から明神を経由して戻ってくるまで、4〜5時間位は見ておきたい所でし。
各エリアの移動には[大正池(60分)河童橋(60分)明神池]ぐらいの時間がかかると思ってください。その他に休憩や食事、写真を撮ったりするならば、充分な余裕を見てプランを組むことが大切です。


上高地ハイキングに必要な装備など

今回紹介した上高地エリアは比較的標高差もなく、足下も整備されていることもあり、本格的な登山装備が絶対必要、という場所ではありません。しかしながら当然舗装路を歩くわけでもないので、最低限スニーカー、できればゴアテックスのトレッキングシューズなど(上高地だけならローカットのものでも充分です)を履いておくと、雨でも安心ですし長時間のハイキングでも足の負担を減らしてくれるでしょう。

服装や装備にしても、天候の事も考慮して雨具など含めた軽登山ぐらいの準備をしておくのが理想です。ジーンズや綿のシャツ、パンツでは雨に降られた際に乾きも悪く、足にまとわりつくのでオススメできません。
上高地の天候・気温・服装 | 上高地公式ウェブサイト

とは言ってもバスで行けてしまう観光地ということもあり、本当に街に行くような恰好で来ている人も見かけますが(ヒールのある靴とか)、その場合は河童橋周辺の散策程度にとどめておくのが良いでしょう。ハイキングを楽しむ際は、ちゃんとしたレインウェアを1着持っていると、寒いときの防寒具にもなって便利ですよ。

上高地へのアクセスは沢渡・平湯からのバス・タクシーにて/宿泊について

肝心の上高地へのアクセスについてですが、マイカー規制された保護地区ということもあり、通常の観光地とはちょっと違う工程を踏む必要があります。マイナーで訪れる場合は長野側は沢渡地区、岐阜側は平湯温泉に車と停めてから、それぞれバスやタクシーで上高地へ入ることとなります。

f:id:OKP:20170411183213j:plain

その他にも電車+バス、直接高速バスで上高地に乗り入れることができる直行バスなどの手段もありますので、詳しくは以下などをご覧下さい。

また、上高地旅行での宿泊についてですが今回は日帰りプランでのコースを紹介しましたが、もちろん上高地内にも、山小屋スタイルの宿から帝国ホテルまで複数の宿泊施設が存在します。私が初めて上高地を訪れた際は、大正池の畔にある「大正池ホテル」を利用。朝夕には焼岳を望む湖畔の美しい景色を満喫することができました。

f:id:OKP:20170411183451j:plain

その他にも、まだ肌寒い季節ということもありますし、上高地に泊まらず周辺の温泉地に泊まるのも良さそうです(追記:その後、岐阜側の平湯温泉を利用してすっかりお気に入りの温泉地となってしまいました)

上高地からの帰りをスムーズにキメよう!

ハイキングを楽しんだ後は、なるべくスムーズに帰りたいものです。GWはそれ程の混雑はないと思いますが、それでも午後になるとバスターミナルに長蛇の列ができることも。そんな上高地からのスムーズな帰り方について、いくつか情報をお伝えします。

バスが混んでいたらタクシーの乗り合いも

混み合う時期は河童橋近くまでバスの列が伸びるという話も聞きますが、GWならばそこまでの混雑はないでしょう。ちなみに、バス待ちの列が混雑している時も、不思議とタクシー乗り場は空いていたりします。

EM120552.jpg

上高地〜沢渡・平湯間のタクシー料金は定額運賃なので、4人で乗るならばバスよりもちょっと安いぐらいでしょうか。
乗り合いはタクシー乗り場で、組み合わせを調整していることもあったり、付近の人同士で声を掛け合って行き先が同じ組を探すのが良いでしょう。2人行動だと、同じ2人連れを探せばいいので、比較的見つけやすかったりします。

行きは大正池で下りても、帰りは絶対バスターミナルから!

これ、バスの車内アナウンスなどでも注意喚起していますが、「河童橋→大正池」と観光を楽しんで、帰りのバスに大正池や帝国ホテルから乗ろうという計画は、時期によっては(GW後半、お盆休み、紅葉シーズンなど)厳しいこともあります。
混雑期はバスターミナルを出る時点でバスがほぼ満席になっていますからね。補助席に座れればまだラッキーで、沢渡や平湯までカーブの多い山道を30分弱立つ羽目になったり、下手をしたら乗れないこともあるかもしれません。

…ということもあって、個人的には大正池には朝一で行くのがオススメなのです。あと、上高地行きのバスでは、殆どの乗客はバスターミナルまで行くので、大正池ホテルバス停で下りるなら、なるべく前の方の席に座っておくといいでしょう。

新島々、乗鞍高原、白骨温泉行きバスは事前に整理券を確保!

上高地バスターミナル発、上記行き先のバスは2日前から指定時間のバスの整理券がバスターミナルにて発行されているので、日帰りの際にも事前に整理券を取っておくと、帰りの際のバス乗車がスムーズです。

上高地・乗鞍地区│松本〜新島々〜上高地
乗車整理券は上高地バスターミナルきっぷ売り場にて当日分から翌々日分までお配りしております。ご利用人数分の乗車券をお持ちの上、ご利用の日にち、お時間をご指定下さい。
バスの発車10分前に乗車改札を行います。乗車整理券の番号順位にお客様をバスにご案内いたしますので、お手元に乗車券と乗車整理券をご用意の上お集まりください。

私も今年のGWは上高地に行きます!

昨年は横尾山荘に宿を取っての涸沢往復でしたが、今年はテントを担いで涸沢まで行ってテント泊をしてくる予定。流石にそこから上へ登る予定はありませんが、北穂高、奥穂高へと登る登山客の姿をテント場から眺めたり、写真を撮って過ごそうと思っています。

P5040861.jpg

以下は昨年2004年のGWの上高地〜涸沢の記録です。

追記:今年のGWにも上高地から涸沢へ行ってきました

広告を非表示にする