I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

旅行のお供に高倍率ズームレンズと高倍率コンデジで迷う


広告

6月の後半にちょっと長めの旅行を計画中です。

当然、私としては写真を撮りまくりたいと思っているのですが、持って行くカメラでちょっと悩み中…。メインのカメラはもちろんOM-D E-M1でして、基本的にM.ZUIKOの12-40mm PROレンズを付けっぱなしで行こうと思っています。登山ならこれだけで充分ですが、今度の旅行では結構望遠域も欲しくなりそうなのですよね。具体的には換算で300mm前後まであると嬉しい感じ。
先日、購入したPEN Lite E-PL6のダブルズームキットに付いてきた40-150mmレンズが軽くて、写りもそこそこ良いので、これを持っていけば良いだけなんですけどね…。

でも、旅先でのレンズ交換はあまりしたくない。理由は色々とありますが、「面倒くさいから」というのが一番の理由(笑)

高倍率ズームレンズM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mmF4.0-5.6IIが欲しい!

そこで気になっているのが、先日E-M5 markIIの発売に併せてリニューアルされた、M.ZUIKO 14-150mmレンズの2型。広角側の2mm(35mmフィルム換算で24mm/28mm相当の差)とレンズの暗さを我慢できれば、これ1本で旅行中はレンズ交換ナシで行けます。しかも防塵防滴で、12-40mmより軽くてコンパクト!

ただ、後になって12-40mm間の画角で撮った写真で、後悔したくないんですよね…。
特に明るさの欲しい屋内の食事だったり、広角端での風景とか、手持ちの夜景とか…。望遠域のために一番美味しい画角を妥協してしまうのは、本末転倒な気がしています。あと、一番の問題は出費が嵩んでしまうこと。

いっそ望遠域はコンデジにしてしまえば!?

というのがプランB。
どちらにしても予備にコンデジ(XQ1)かPENは持っていくつもりでしたし、100mm相当程度までしかズームのないXQ1でなく、300mm相当までズームアップできる高倍率ズームのコンデジを手に入れておくのはアリかもしれません。
この「一眼(広角)+コンデジ(望遠)」という組み合わせは登山写真用としても、以前から興味がありましたし、この機会に揃えてしまうのも悪くないかな?なんて。

イメージとしてはこんな感じ。
f:id:OKP:20150428162248p:plain

ということで、善は急げと気になる高倍率コンデジをピックアップしてみました。
基準は(交換レンズ変わりの)サブカメラなのでコンパクトであること(ネオ一眼タイプでないコンデジサイズ)、そして普段はあまり出番もなさそうなので、なるべく安いもの!(笑)
[PY] コンパクト! - HIGH ZOOM | photo.yodobashi.com |
Amazon.co.jp: 高倍率コンパクトデジカメ特集
この辺、参考にしつつの旅カメラ候補を選んでみました。

OLYMPUS STYLUS SH-1/SH-2

以前から何度も購入を迷っていたSTYLUS SH-1。信頼できるオリンパス製の5軸手ぶれ補正を内蔵し、300mm相当と無理し過ぎてない望遠域まで安心して使えそうな機種。ちょっと買い時を逃してしまったようで、一番欲しかったシルバーが値上がりしてしまったのが残念。
安くなっているブラックで妥協するか、いっそ後継機のSH-2をオリンパスオンラインで行ってしまうか…? でもこの後継機、ファームアップで充分じゃない?レベルのマイナーチェンジ機種で、わざわざこちらを選ぶ程の魅力にも欠けるんですよね。

Nikon COOLPIX S9700

画角は25〜750mm相当。30倍という過剰なまでの光学ズームの倍率は正直必要ないのですが、GPSと連動した世界地図データやGLONASS対応といった付加機能が気になる存在。
あと、あのフォトヨドバシの作例ですら画質に厳しさを感じるものが多い高倍率コンデジの中では、比較的作例の印象が良かったこともポイントが高いです。
[PY] コンパクト! - Nikon COOLPIX S9700 | photo.yodobashi.com |

SONY Cyber-shot DSC-WX350

[asin:B00IDV4BFI:detail]
徹底して軽量コンパクトを求めるならこの機種でしょうか。
これまた520mm相当までの20倍ズームと充分以上な倍率ですし、1/2.3型センサーに1820万画素とか、もう画質を求めるのは色々無理がありそうですが、ネットで作例を見る限りでは画像処理エンジンのチューニングが良いのか、そこまでガッカリすることはなさそう?
[PY] コンパクト! - SONY Cyber-shot DSC-WX350 | photo.yodobashi.com |

Panasonic LUMIX DMC-TZ60

こちらも光学30倍という過剰なまでの超高倍率カメラ。0.2型20万ドットという微妙なスペックながらもEVFを搭載しているので、望遠撮影時にはカメラの固定がしやすそう? 独自の5軸手ぶれ補正というのも結構効きが良いらしく、後継機のTZ70が出たことで価格もそこそこお買い得になっています。
ただ、この機種はフォトヨドバシの作例がいまいちピンとこなかったんですよねぇ…。
[PY] コンパクト! - Panasonic LUMIX DMC-TZ60 | photo.yodobashi.com |
パナソニックは同じEVF搭載機で、1/1.7型センサーに200mm相当までの明るいズームレンズを搭載したDMC-LF1の後継機が出ていないことが悔やまれますね。あまり売れなかったのでしょうか…?

OLYMPUS STYLUS SH-60

SH-1の前機種。今更という気もしますが、とにかく値段がやたらと安くなっているのが魅力。3軸手ぶれ補正もそこそこ効くようですし、常用する訳でないならこれでも充分かなぁと。2013年発売の機種ということで、Wi-Fi、GPS等はありません。

広告



「高倍率レンズ<高倍率コンデジ」に心は傾き気味

色々と調べていたら、なんだか楽しくなってきてしまいました(笑) なんやかんやでレンズは出費も大きいですし、せっかくなら普段使っているオリンパスやフジ以外のメーカーのカメラでも遊んでみたいなー、なんて気もします。
ほとんどが2014年発売の一世代前の機種ですが、その分価格も下がってきていますし、今回の使用目的なら現行最新機種は必要ありません。ただし、どの機種も底値のタイミングを過ぎてやや揺り戻している感じも…?
ちなみに、キヤノンとカシオのカメラが入ってないのは、主に価格面で折り合いの付く機種がなかったからです。カシオのEX-100がもっと安かったらな… ってこれはもうSTYLUS 1クラスのカメラでしたっけね。そしてフジには現在高倍率コンパクトはラインナップされていないんですね。

3万円以下で買える、気になる高倍率コンデジ比較表

上で取り上げたコンデジ6機種+1レンズの気になるスペックを抜き出してみました。

オリ オリ オリ オリ ニコン ソニー パナ
型番 14-150II SH-1 SH-2 SH-60 S9700 WX350 TZ60
重量 285g 270g 270g 270g 227g 164g 213g
ワイド(mm) 28 25 25 25 25 25 24
ズーム(mm) 300 600 600 600 750 500 720
F値 F4-5.6 F3-6.9 F3-6.9 F3-6.9 F3.7-6.4 F3.5-6.5 F3.3-6.4
センサ m4/3用 1/2.3 1/2.3 1/2.3 1/2.3 1/2.3 1/2.3
画素数 16MP 16MP 16MP 16MP 18MP 18MP
Wi-Fi ×
GPS × ×
備考 レンズ 価格 GLONASS 軽量 EVF
価格 ¥62K ¥22K ¥33K ¥15K ¥20K ¥21K ¥30K

(焦点距離は35mmフィルム換算のもの)

我ながらこうして比較してみるとポイントが明確になっていいですね。
センサーサイズは横並びなので、できれば少しでも画素数の少ない16MP機を選びたいですし、旅行用ということでGPS対応を重視するならS9700かTZ60のどちらか(オリンパスはスマホアプリ連動で対応)。TZ60のEVFは気になるものの価格差を考えたら、S9700が一歩リードといった所でしょうか。しかし一番デザインが好みじゃないのがこの機種なんです…(苦笑)
重量重視ならWX350ですし、ワイド側のレンズの明るさならオリンパスSHの3機種ですが、今回は望遠目的ですし、せっかくなのでたまにはオリンパス以外のカメラを使ってみたい気分… って完全に購入前提で話が進んでますね?(笑)
・・・・
・・・
・・

決めました(ポチ)。

(追記)高倍率コンデジ「ニコンCOOLPIX S9700」を買いました