I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

超広角ズームM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROがいよいよ発売間近ですが迷ってます


スポンサーリンク


M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO | M.ZUIKO PRO | オリンパス
オリンパスM.ZUIKO PROレンズの第3弾となる広角ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」の発売がようやく決まりました。既に発売されている12-40mm PRO、40-150mm PROと併せて、F2.8通しの所謂大三元レンズというやつになるのでしょうか(どうでもいい話ですが、僕は麻雀をやらないので麻雀用語で何かを例えるのって、全然しっくり来ないんです…)。

超広角ズームは山や旅行での写真を趣味としている私にはかなり気になる存在。これまでも、既発のオリンパス、パナソニックのレンズを購入検討したこともありましたが、今回のレンズが発売になるのを待っていた所もあります。既発の2本のPROレンズの性能を考えれば、新しい7-14mmも恐らく充分な性能を持ったレンズなことでしょう。
Robin Wong: Olympus M.Zuiko 7-14mm F2.8 PRO Lens Review
(私のような素人が参考にしてしまうのはやや危険?なロビン氏の作例)

正直「出たら買う」つもりではいたのですが、現在やや迷っております…。
理由は価格と発売時期。本体価格は以前から恐らく10万台後半になると予想されていたので、希望小売価格17万円(市場予想価格で13万円前後)というのも一応想定内ではあるものの、やはり高いものは高い。

ちなみに、いつものオリンパスオンラインのプレミア会員価格(ポイント、クーポン利用)だと今月注文で¥112,675、7月に入ってクーポンが7%になると¥110,303といった感じでのようです。

せっかく超広角ズームを手に入れるなら来月後半に予定している旅行で使いたいのですが、発売日は現在メーカー発表されれているもので「6月下旬」。Amazonでも「6/30」となっていますし(これはあまり信用できませんが)、そもそもオリンパスオンラインでは現時点で(初回受付から一度予約を打ち切って)予約を受け付けていない状況。これでは、6月中に入手することすら難しそうです。
【受注販売】M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO(オリンパスオンラインショップ)

ということで、プレミア会員のクーポンが7%になる7月以降まで待つというのも1つなのですが、ここにきてパナソニックの同画角のレンズ「LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH」がぐっと気になってきました。

Panasonic マイクロフォーサーズ用  7-14mm F4.0 広角ズーム G VARIO ASPH. H-F007014

Panasonic マイクロフォーサーズ用 7-14mm F4.0 広角ズーム G VARIO ASPH. H-F007014

ズーム通しでF4.0と明るさでは1段劣るものの、その分300gと軽量ですし(7-14mm F2.8 PROは534g)サイズもコンパクト。描写性能には定評のあるレンズですし、そもそも超広角ズームに憧れたのは、このレンズで撮られた写真を見て、という切っ掛けもあります。

価格差は実売価格で3万円強、当然少しでも安いに越したことはありませんので、性能的には充分満足できそうなパナソニックの方でもいいのでは?と思い始めております。
唯一気になる点は、パナソニックには防塵防滴が搭載されていない点。旅行ならば特に問題もありませんが、登山での使用となると常にカメラに気が回ってないこともあって、オリンパスの防滴性能があるとないは、かなり大きいのですよねぇ、うーん。

7月に入ってしまえば、改めて7-14mm F2.8 PROに心も動きそうですし、VARIO 7-14mmを買ったものの結局買い換えなんてことになったら、それこそ目も当てられません(苦笑)。心の声は「今は我慢しろ」と言っているのですが、ネットで旅行予定地の広大な景色を見ては悶々とするばかりで、このまま1ヶ月堪えきれる自信もあまりなかったりするのです。