I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

「取っ手のとれるティファール(T-fal)」の鍋&フライパンは収納も省スペースでとっても便利!


広告

「取っ手のとれるティファール♪」でお馴染み!? 我が家でずっと愛用している、持ち手部分が取り外し式のティファール(T-fal)の鍋やフライパンについて紹介します。

f:id:OKP:20150618150238j:plain

結婚した際に「気に入る調理器具が見つかるまでは、ティファールの鍋セットでいいかな。スペースも取らないし…」とT-fal「インジニオ・ネオ・シリーズ」の9点セットを購入しました。価格は確か当時1万円前後だったでしょうか?

内容は、

  • フライパン(26cm)
  • ウォックパン(26cm)
  • ソースパン(16cm)
  • ソースパン(20cm)
  • 専用取っ手
  • ガラス蓋(16&20cm)
  • シールリッド(16&20cm)

といった感じだったでしょうか。フライパンとウォックパンに対応する蓋もあるので、もしかしたら後で買い足したものかもしれません(これは必須だと思います)。

ティファール 鍋蓋 26cm  インジニオ・ネオ バタフライガラスぶた L99366

ティファール 鍋蓋 26cm インジニオ・ネオ バタフライガラスぶた L99366

結局ティファールの鍋ばかりを買ってしまう…

その後、2つのソースパン(平鍋)のサイズを埋める「18cmソースパン」を買い足したり、落として変形させてしまったものや、フライパン表面のテフロン加工(フッ素樹脂加工)コーティングが傷ついて剥がれてきたものなど、一部の鍋を買い換えていますが、結局ずっとこのティファール鍋を使い続けてます。

ティファール インジニオ サファイア ソースパン 18cm L52029

ティファール インジニオ サファイア ソースパン 18cm L52029

(18cmのソースパンって2人家庭だと16cmの次に出番が多いのですが、現在はラインナップにないようですね。そのうち買い換えたいと思ってましたが、残念です)

※現行のインジニオ・ネオ・シリーズの中面ですが、フッ素樹脂加工/テフロン加工(デュポン社によるフッ素樹脂加工の商標)ではなく、セラミックとサファイア粒子による「インテンシウム・コーティング」の他、上位モデルでは「チタン・エクセレント・コーティング」「チタン・プレミア・コーティング」といった表面加工がされているようです。どちらにしても高温NGだったりすりょうですが…。

何度か鉄のフライパンだったり、中華鍋、オシャレなホーロー鍋にも心が揺れたのですが、結局はこいつが場所も取らないし、使いやすいんですよね。
取っ手(ハンドル)が取り外せるので、片付けるときはこのように重ねてしまえば、直径26cmのスペースに5つの鍋が全て収まる省スペース性も特筆ものです。

f:id:OKP:20150618150236j:plain

どうしても長く使っているうちに、熱や料理器具との擦れで、表面の加工が剥がれてくるのですが、それ以外は手入れに気を使わなくていいですし、取っ手を外して冷蔵庫に入れてしまうこともできます(プラスティックの蓋もあります)。我が家ではある程度消耗品と割り切って、必要に応じて買い換えていくことにしてます。

10点セットもかなりの買い得感がありますね。22cmフライパンがあることで、全部を重ねられなくなってしまいますが、1人分の温めなどには重宝しそうなサイズです。

ウォックパンと大きい方のフライパンが9点セットよりも1サイズ大きいので、3人以上の家族になるとこちらの方が使い勝手がいいのかもしれません。

炒め物から煮物まで! 「ウォックパン」を買い換えました

我が家のティファールで最も出番が多いのは、毎日の味噌汁やスープに使っている一番小さい16cmのソースパンですが、その次に使用頻度が高いのが26cmのウォックパン。所謂「炒め鍋」で、中華鍋のような丸底のフライパンです。

これは本当に便利で、炒め物全般(炒飯、オムライス、麻婆豆腐、焼きそば、焼きうどん)にパスタ茹でからソース作り〜絡めの作業までなんでもこい。見た目さえ拘らなければ、鍋物やすき焼きだってOKでしょう。

深さがあるので大量の野菜炒めなど通常のフライパンでは心許ない場合も安心。逆に餃子など平らな鍋底が必要な一部の料理以外は、ほぼフライパン代わりに使っている感じです。
ただ、やはり菜箸や木べらで鍋底をかき回してきたせいか、この6年間で大夫表面加工が剥がれてきてしまい、最近では錆も浮くようになってしまいました。

f:id:OKP:20150618150242j:plain

ということで、この度ようやくの買い換えです。購入はAmazonにてポチっと。

f:id:OKP:20150618150243j:plain

新旧ウォックパン。同じインジニオ(ingenio)・ネオ・シリーズですが、多少コーティングや底面のデザインが変化しています。

f:id:OKP:20150618150241j:plain

こうして見ると結構使い込みましたねえ。

f:id:OKP:20150618150240j:plain

直系26cmは我が家の3口コンロで横並びにしても丁度いいサイズ。この1つ上(28cm)だと、やや大きすぎるんですよ。どうせ作るのは2人分ですし。

f:id:OKP:20150618150239j:plain

平底のフライパン(26cm)も去年買い換えたものでまた新しいです。最も出番の少ない20cmのソースパン以外は、5〜6年で一巡した感じです。

f:id:OKP:20150618150237j:plain

20cmのソースパンは量のある煮物など以外、登場機会が少ないですしカレーや煮物を作る際はシャトルシェフを使ってしまうことが多いのです。シャトルシェフ、これはこれで、めっちゃオススメな調理器具。

お昼にウォックパンで作ったカルボナーラ。私はパスタ茹でから、その後のベーコン炒めやらソースの絡め作業までこの鍋1つでやってしまうので洗い物も少なのです。ウォックパン1つでのパスタ作りはまたそのうち記事にしてみようと思います。

f:id:OKP:20150618150235j:plain

定期的に買い換えが発生していることもあり、大いにオススメできる訳ではないのですが、毎日料理をする訳でない家や、手入れの手間暇よりは消耗品と割り切っても使い勝手の良さや省スペース性を取りたい人には向いてるのではないでしょうか。

* *

そうそう、「取っ手のとれるティファール」は鍋振りは苦手。恐らく大丈夫だとは思うのですが、やはり中華などで派手に鍋振りをするのは怖くてできません。今になってウォックパンぐらい取っ手付きでも良かったかなー、なんて。

(追記)ハンドルを買い換えました。現行品のハンドルは鍋をガッチリ固定する仕様になっているので、ガタつくことなく鍋ふりなども余裕でこなすことができます。

ティファール 専用取っ手ハンドル インジニオ・ネオ  ブラックファイヤー L99346

ティファール 専用取っ手ハンドル インジニオ・ネオ ブラックファイヤー L99346

関連記事