I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PROが悲惨なことになってしまいました…


広告

今週のお題「ゾクッとする話」
f:id:OKP:20150728162845j:plain
ええと、先ほど実家の犬を森で散歩させながら40-150mm PROを付けたE-M1を持ち歩いていたのですが、なんだかカメラがガタガタするなぁ…と思いながらも特に気付いていなかったのですが、ふとレンズのマウント付近を見たところ、目を疑うような光景が飛び込んできました…
f:id:OKP:20150728162847j:plain
分かります? マウント部のネジが外れ掛かってマウントの金属パーツが完全に浮いてしまっています。1本のネジは完全に抜けた状態で、その両脇のネジ2本も緩んだ状態。防滴のシーリングになっているゴムも半分以上が外れ掛かっております。

その場でなんとかカメラボディからレンズを外すことはできたものの(今思えばこの行動も焦りすぎ)、キャップも無い状態でヒヤヒヤしながらなんとか車まで戻り、ボディ、レンズのそれぞれにビニール袋を被せて保護、その後別の用事など済ませて戻ってきました。

一体何が起こったのか…? 考えられるのはマウントのネジが浮く程の強い衝撃がカメラ(レンズ)に加わったことですが、正直身に覚えがありません。
先日、蝉を撮ったときからE-M1にはこのレンズが付けっぱなしで、移動時には保護材の入ったバッグに入れておりましたし、車では床面に置いていたものですし…。持ち歩く際にカメラをぶつけたとか、カメラバッグを落としたとか、少なくとも覚えてる範囲では記憶にないのですよね。

その他、使用中に徐々にネジが緩んでいた可能性ですが、これまでカメラを使っていてマウントのネジ緩みなんて一度も経験がありませんし。やはり私がどこかで原因を作ってしまった、と考えるのが一番自然かもしれません。何にせよこれは気分のいい状況ではありません。というか正直とても悲しい…。

明日、丁度都心で用事もありますし、早速新宿オリンパスプラザ東京のサービスステーションに持ち込んでみようと思います。また、組み合わせて使っていたE-M1の方も心配ですし、ここは一度点検に出してみた方がよいかもしれません。
うーん、かなり痛い出費の予感…。
f:id:OKP:20150728162846j:plain

冒頭の写真は、レンズがこんな悲惨なことになっていると気づく直前にトンボを撮っていたときのもの。なかなかAFが合わずにMFに切り替えて撮ったものですが、AF不調の原因はやはりこのマウント破損でしょうかね。うっかり開放のまま撮っていますが、一度設定値を見直そうとカメラを見た所でレンズの異常事態に気付いた感じだったかと…。


そして相変わらず買えない「M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO」。ネットショップなどでは、ちらほら在庫アリの店も出てきているというのに、本家のオンラインショップではいつまで経っても「準備中」のままです…。
【受注販売】M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO(オリンパスオンラインショップ)

一応、1日1度はチェックするようにしているのですが、もしかして私の見てないタイミングで販売していたりするのでしょうか?(涙)
このままでは、レンズの修理費次第では心が折れてしまうかも…?なんて。

Amazonですら在庫アリだというのに…。

追記:続報です

広告を非表示にする