I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

スイス旅行記:2日目[世界遺産ベルン旧市街〜グルテン山観光など]


広告

6月後半から7月にかけて行ってきたスイス旅行の記録(写真日記)、前回の続きになります。ベルン滞在2日目、この日もベルン泊なので1日じっくりと観光に充てることができました。

EM180868.jpg

ベルンはスイス連邦の首都であり旧市街が丸ごとユネスコ世界遺産に登録された美しい街です。台地を回り込むようにU字に湾曲して流れるアーレ川に3方を囲まれた旧市街は12〜16世紀の建築物を数多く残し、端から端まで20分もあれば歩けてしまうコンパクトな街。この日は旧市街を中心にのんびりと散策したり、街中をくまなく走るトラムに乗ってベルン郊外の展望スポット、グルテン山などに出掛けてみました。
今回もかなり写真が多くなってしまってますが、よかったらお付き合い下さいませ。

ホテルで朝食

さて、改めてベルンで利用したホテル(B&B)ですが、こちらの「Am Pavillon Bed&Breakfast」です。
アム パビリオン ベッド&ブレックファースト (スイス ベルン) - Booking.com

1800年代の建物を利用したホテルでバスルームは階ごとに共用(3部屋で)となっていますが、2泊程度の滞在では特に不便ということもありませんでした。
EM180460.jpg

朝食は1階に用意されていて一番大きなテーブルがこちら。翌日はこちらで朝食を頂きました。
EM180453.jpg

この日の朝食ですが、外に面したこちらの席で頂くことにしました。
EM180455.jpg

パンとハム、チーズ、ヨーグルトがこの国の朝食の基本なのでしょうか。以後、どのホテルでもこの組み合わせが中心で、ホテルによってその他に卵料理や各種フルーツが用意されています。パンはこのB&Bのものが特に美味しかったですね。ハムやチーズは何を食べても美味しいので、つい全種類持ってきてしまいます(笑)
EM180463.jpg

いざ、世界遺産の街へ!

ということで、お腹いっぱいになったら最高のお天気の中ベルン旧市街観光に出発です!
EM180472.jpg

そうそう、スイスの都市で宿泊をするとホテルでその街の公共交通機関が無料で利用できるパスが貰えたりします(山岳エリアの観光地にはないシステムでしたが)。真ん中がベルンのチケット。左がモントルー、右がジュネーブのチケットです。
これ、日本でも採用されるといいですね。観光客には、先払いor後払いのシステムとか分かりにくいですし。
f:id:OKP:20150804221701j:plain

やってきたのはまたまたベルン中央駅。一度ホームを経由して地下街に下り、駅の中央部へと向かいます。駅に改札口がないので、このようなことができるのですよね。
EM180478.jpg

以前の記事でも書きましたがスイスの鉄道はとてもホームが低い。そして意外に多いタバコの吸い殻。かなり喫煙率も高いようで、一昔前の日本を思わせるぐらい街の至る所でタバコを吸っている人を目にします。
EM180487.jpg

駅地下にも自転車の乗り入れが可能。首都駅の地下ですから、新宿や八重洲の地下街に自転車で入れる感じでしょうか?
EM180491.jpg

ベルン駅のトイレは有料でCHF1.5〜2という料金。もちろん町中には無料の公衆トイレもあるのですが、大きな駅の国鉄のトイレは有料だったりするようです。
EM180495.jpg

ということで駅地下を抜けてエスカレーターで地上へ。ベルン駅前の「聖霊教会」の辺りに出ました。
EM181059.jpg

ベルン旧市街の各所で見られるのがこのような泉。かつての街の人々が利用する水場だったとのこと。様々な装飾を施された像を至る処で楽しむことができます。また、この日は日曜ということもあって、ブランドショップなどのお店は殆ど閉まっていますし、人通りもまばらでとても開放的な雰囲気です。
EM180521.jpg

旧市街の西の入口となる「牢獄塔」は、門の下をトラムが通り抜けられるようになっています。
EM180536.jpg

ベルンのトラムについては、こちらの記事でも紹介しています。

入り乱れた架線。パンタグラフが絡んでしまいそう?なんて思ってしまいます。
EM180556.jpg

こちらは「時計塔」。「牢獄塔」ができるまで街の西門だったそうです。ここから先はトラムのレールがなく、電動のバスのみが運行されています。
EM180562.jpg

時計塔を過ぎると足下は石畳となり、旧市街の雰囲気もぐっと出てきます。
EM180569.jpg

スイスの特許庁に勤めていたアルベルト・アインシュタインが3年間を過ごした部屋は「アインシュタインハウス」として公開されています。「特殊相対性理論」が書かれたのもこのベルン時代なのだとか。
朝一はまだ開いてなかったので後ほど見学に訪れました(CHF6)。アインシュタインハウスの様子はFlickrの方に多少置いておきます。
EM180575.jpg
EM180811.jpg

カトリック教会と右手は市庁舎。
EM180602.jpg

ヨーロッパの石畳にはコンパクトカーが似合いますね(?)。ベルンはドイツ語圏ですが、シトロエンやプジョーも頻繁に見かけました。フォルクスワーゲンとの比率は同程度な感じ?
EM180653.jpg

途中で折り返して、路地を進んでいくとカテドラル(大聖堂)が見えてきました。
EM180656.jpg

100mの高さを誇る尖塔はスイス随一の高さだとか。着工から完成までには400年以上も費やしたそうです。塔の上まで登れるそうですが、この時間はまだ開いてませんでした。
EM180674.jpg

恐ろしく細かい「最後の審判」のレリーフ。
EM180686.jpg

カセドラル横の公衆トイレ。これ、ちょっと分かりづらいですが一見すると男性用の小用の便器。そこに上から便座を下ろせる仕組み。そして石鹸、水道が全て便器に流れて行くという効率のみを追求したトイレです。他のエリアでは見なかったのでスイスの常識ではないっぽい?
EM180692.jpg

カテドラルの裏手はアーレ川を望む高台になっています。左手奥に見える小山のグルテン山には、午後に行くことになります。右手の橋はキルヒェンフルト橋。
EM180705.jpg

この建物、中州のような凄い場所に建てられていますね。
EM180708.jpg

台地の上にある旧市街から川にかけて美しい小庭や畑が段々に作られていました。なんというか… ジブリっぽいですね(笑)
EM180723.jpg

台地の下まではこのエレベーターで下ります。エレベーターは有料ですが、ベルンチケットが使えます。
EM180735.jpg

川の護岸ギリギリまでこれだけ水量のある川って、日本だと河口でもないとあまり見かけない気がします。
EM180740.jpg

エレベーターで下りた分は、坂道で登っていきます。
EM180765.jpg

旧市街のU字の先端、アーレ川ベンド部分のニーデック橋までやってきました。橋の上からは先ほどまでいたカテドラルやキルヒェンフルト橋も見えますね(本記事冒頭の写真もニーデック橋からのものです)。
EM180859.jpg
EM180879.jpg

ベルンのお約束?観光スポットである「熊公園」は残念ながら改装中でした。日本語アナウンスが微妙に惜しい感じ。
EM180894.jpg

小高い丘にあるバラ園からは旧市街が一望できます。左手側から右手にかけて川がUの字に街を取り囲んでいるのですが、ちょっと分かりづらいですかね…?
EM180912.jpg

ベルンの街に張り巡らされたトラム&バス網。これらはベルンチケットを持っている観光客なら無料で乗り放題。ややこしく見えますが一度乗ってしまうと非常に分かりやすく、一通り旧市街を歩いた後は、トラムであちこち移動をしてみました。グーグルマップで目的の行き先を検索すれべ、どの番号のトラムに乗ればいいか、発車時刻まで教えてくれるのも便利ですね。
EM180932.jpg

スイスの至る処にあるKioskで売っているPB商品(?)の「ok!」。これはok!のコーラ。なんせ、コカコーラは異常に高いんですもん(笑)
EM180934.jpg

この日の昼食はKioskのサンドイッチで済ませました。旧市街の飲食店まで戻るのも面倒だったのと物価も高いのですしね。
EM180937.jpg

スイスの公共交通には犬が普通に乗ってます。街中に犬の落とし物用袋も設置されていたりと、なかなかの犬天国です。ちなみにベルンはジャックラッセルテリアが多い!?
EM180966.jpg

続いてトラムに乗って「ベルン歴史博物館」にやってきました。至る処で目にする「熊」はこの街の象徴だそうです。
EM181002.jpg

キルヒェンフルト橋の上からカテドラル方面を。中央奥の盛り上がりが、恐らく先ほどまでいたバラ園の辺りでしょう。
EM181028.jpg

ベルン市街を一望するグルテン山へ

さて、ベルン中央駅から20分程トラムに乗ってやってきたのが「グルテン山」へのケーブルカー乗り場。
EM181069.jpg
EM181083.jpg

グルテン山は街の中心からも近い、地元の人々の憩いの場ともなっている丘です。ケーブルカーでグングン登っていきます。
EM181086.jpg
EM181094.jpg

頂上付近はは広々とした公園になっていて、子供のためのミニ機関車やMTBのコースなどもあります。更にグルテン山山頂とされる場所には、このような展望台も作られています。
EM181104.jpg

ベルンの街が一望! というか高すぎ遠すぎでもうよく分かりませんね(笑)
EM181107.jpg

デジタルテレコンでズームアップ。中央左手の連邦議会議事堂からカテドラルにかけての辺りが旧市街ですね。
EM181110.jpg

西に視点をずらすとベルン郊外の住宅地や広々とした畑が広がっています。更に南側に回るとベルナーアルプスの山々も見えました。
EM181113.jpg

あまりの暑さにアイスを食べてひとやすみ。
EM181132.jpg

北海道の美瑛を思わせる広大な風景の向こうにベルナーアルプスという絶景のインフレっぷり。
EM181143.jpg

正面中央に見えるのがメンヒ、右側の山がユングフラウ、そして左の山がアイガー(雪が積もってない正面の壁が有名なアイガー北壁)。この3つの山は「ユングフラウ三山」と呼ばれるスイスアルプスの名峰です。翌日から我々はこのエリアまで足を伸ばす予定になっています。
EM181145.jpg

イケメンっぽい牛。
EM181151.jpg

それにしてもこの日は朝から素晴らしいお天気。紫外線も強くずっと日に当たりっぱなしだったので、一端ホテルに戻ることにします。日差しは真っ昼間にしか見えませんが、時間的にはもう17時過ぎなのですよね。

夕食がてらまたベルン市街へ

しばらくホテルで横になってから、今度は夕食がてら駅の北側へ。この辺り、若者やがたら多いなーと思ったらこちらはベルン大学。といっても、この日は日曜日なのですが…。
EM181206.jpg

駅の北側は少し小高くなっているので、旧市街の向こうにベルナーアルプスを見ることができました。世界遺産の美しい街とアルプスを同時に見られてしまうなんて… ちょっと頭がおかしくなりそうです(笑)
EM181224.jpg

まだこんな明るいですがもう19時半、夕飯の時間です。ヨーロッパの人が夕食をのんびり時間を掛けて楽しむというのが、ちょっと分かる気がしますね。この日はこちらのイタリアンの店に入ってみました。
Luce (ベルン) の口コミ470件 - トリップアドバイザー

EM181233.jpg
EM181239.jpg

一見美味しそうに見えますが海のない国で生魚を頼むのはNGでした…。いえ、不味くはないのですが… 冷凍っぽい味でそれほど美味しくもない(笑)
EM181252.jpg

パスタやワインは普通に美味しかったです。
EM181258.jpg

連邦議会議事堂の前のブンデス広場は噴水が出るようになっています。前日はもっと賑やかでしたが、やはり日曜日は人出も少ない感じでした。
EM181273.jpg

スイス国立銀行は改装中?
EM181279.jpg

パトカーはフォルクスワーゲンでした。
EM181287.jpg

この日の最後に街の北のクアザールまでトラムで移動し、コルンハウス橋の上から夕日を眺めます。
EM181317.jpg

そしてカセドラルと紅に染まるベルナーアルプスの山々。この月では、今回の旅行では星は厳しいかなぁ…と。
EM181339.jpg

そうそう、こちらがベルン中央駅の表玄関です。時計がもう21:34位なのが分かるでしょうか? 本当に日が長いですね。
EM181356.jpg

ようやく夕暮れらしくなってきました。
EM181360.jpg

さて、ホテルに戻る前にベルン駅地下のCo-opでお買い物。さすがスイス、チーズの量と種類が普通のスーパーでも半端ない。しかも安い!(スイスの物価にしては)
EM181368.jpg
EM181370.jpg

以上。スイス旅行2日目のベルン観光の写真でした。翌日から今回の旅のメインイベント(?)、ベルナーオーバーラントへと向かいます。

写真がもの凄い枚数になってしまいましたが、載せ切れてない写真がFlickrの方にまだあったりします。
2015.6.28 スイス旅行2日目(ベルン) | Flickr

追記:続きを書きました

2015 スイス旅行関連記事など

追記:スイス旅行の記録は以下にまとまっています(エリア、カテゴリごとに枠を変えてあります)。