読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

スイス旅行記:4日目③[天空のお花畑〜アイガーウォークの絶景ハイキング]

カメラ/写真 旅行 スイス

スイス旅行4日目、ようやく今回で最後です。晴天続きだった今回の旅行の中でも抜群の快晴と絶景に恵まれたこの日、今思い返しても本当に夢のような1日でした。
EM101743.jpg


今回はユングフラウヨッホからクライネシャイデックへ下りる登山鉄道の途中駅、アイガーグレッチャーからクライネシャイデックまでの短いハイキング。そしてメンリッヒェンのホテルに戻っての日没までです。

アイガーグレッチャーからアイガーウォーク

クライネシャイデックから一駅目のこの区間は、ユングフラウ登山鉄道の最初の開業区間だったようです。ここからクライネシャイデックまでのひと駅ぶんのハイキングコース(アイガーウォーク)は車内検札の方も激オススメしていました。
EM101693.jpg
余談ですが、スイスの鉄道には検札があるのですが、5〜6カ国語ぐらいで簡単な挨拶をできる人が結構います。さすが観光立国といいますか、パスを見る前に日本人、中国人、韓国人を見分けてそれぞれの言葉で挨拶してくれるのには驚きです。英語すらおぼつかない私からしたらもう本当に凄いなーと…。

駅を降りると目の前に広がるのは、アイガーとメンヒの間を流れる氷河。これが駅名にもなっているアイガーグレッチャー(グレッシャー)です。
EM101706.jpg

時間が許すならグリンデルワルト方面のアルピグレンという駅まで歩く「アイガートレイル」というコースもあるのですが、帰りのゴンドラの時間的に確実に無理だったので…。いの日かまた歩きに来たい場所です。
EM101711.jpg

天空のお花畑

メンリッヒェンや、午前中のトレイルも素晴らしいお花畑でしたが、アイガーウォーク沿いに広がるお花畑は黄色、青、ピンク、白と色とりどりの花が文字通り咲き乱れる一大お花畑。
EM101729.jpg
EM101739.jpg
EM101748.jpg
EM101750.jpg
EM101759.jpg
EM101777.jpg
…といった感じで、一面のお花畑が延々と続くのです。もう私のキャプションなんていらないでしょう…。

ミッテルレギ・ヒュッテ(ミッテルレギ小屋)

コース途中に日本人登山家、槙有恒氏がミッテルレギ陵のアイガー登攀を記念して立てた山小屋が移築されたものがありました。内部にはちょっとした展示(外から眺めるだけ)なども。
EM101798.jpg
スイス政府観光局公式ホームページ | スイス政府観光局 - スイス政府観光局

この装備は新しめのもののようですが… 展示の一部ではないのでしょうかね?
EM101800.jpg

クライネシャイデックへ

またもや「下りてしまうのが勿体ない…」という気持ちと戦いながらのハイキングですが、この後ゴンドラのあるうちにヴェンゲンまで電車で行かないとメンリッヒェンに戻れないのです。まあ、間に合わなくても朝きた道を歩いて帰るというのもあるのですが…。
EM101814.jpg

谷の向こうに見えるのがヴェンゲンの町。谷の下の方にパラグライダーが飛んでいるのが見えますでしょうか?
EM101824.jpg

お花畑はまだまだ続きます。
EM101843.jpg

何かの調整池でしょうかね? 雪解け水を貯めておくとか…。
EM101860.jpg
EM101869.jpg
EM101881.jpg

クライネシャイデック到着。謎の辛ラーメン萌え絵…。
EM101894.jpg

目的の電車の時間まで15分程でしたが、あまりの暑さにビールとソーセージ&ポテトを注文。なんだか雑な見た目ですが、これがやたらと旨かった!
EM101897.jpg

ここにもキバシガラス(アルペンドール)がたくさんいます。動きがコミカルで可愛らしいんですよね。
EM101904.jpg

ヴェンゲルンアルプ鉄道でヴェンゲンへ

本当はグリンデルワルトへ行ってみたかったのですが、グリンデルワルト経由でメンリッヒェンに戻るゴンドラの時間に間に合いそうにないということで、この日もヴェンゲン回りで(前日とは逆のラウターブルンネン行きの電車にて)戻ることにします。

さよなら、クライネシャイデック!
EM101920.jpg

数時間前はあの鞍部(ユングフラウヨッホ)にいたのですよね…。シルバーホルン(一番右の白い山)もよく見えます。
EM101929.jpg

おー、なんだか滝がいっぱい。氷河から流れ出た水でしょうか。
EM101930.jpg

EM101938.jpg

30分少しでヴェンゲンに到着。せっかくなので、ヴェンゲンで少しお土産を仕入れてから、前日と同じメンリッヒェン行きのゴンドラに乗ります(これが結構高いのよね…)。

EM101973.jpg
EM101979.jpg

ヴェンゲンの町をミニチュア風に…。
EM101992.jpg

メンリッヒェン2日目の午後

やや見慣れてきた?この光景。しかしこの日は夕方になっても雲ひとつないお天気!
EM102003.jpg

…と思ったらありました、雲。それにしても17時過ぎだというのに日が高い!
EM102016.jpg

そして、ゴンドラが止まるとすっかり人気が無くなるホテル周辺。これから4時間以上、この明るさの中この周辺を独り占めできます(他にも宿泊客はいるのですが、殆ど会わないのですよね)。
EM102048.jpg

念のためBCL-0980を持ってきて良かった。遠景を撮っている分には1万円以下のトイレンズの写りとは思えません。

もう、この手のカットは飽きられちゃってますかね… でも載せちゃう。
EM102031.jpg

それでは夕飯。ビールを頂いて…。
EM102060.jpg

パスタはちょっと微妙でしたが、まあなんとか完食できるレベル。朝食はあんなに美味しいのになぁ…。
EM102064.jpg

晴天のメンリッヒェン日没ショー

やや雲のあった初日に比べてもスッキリ晴れ渡ったこの日、一帯どのような日没ショーが見られるのでしょうか…?
山肌の夕焼けは前日よりも紅く鮮やかに染まっています。
EM100005.jpg

…が、これ以上は前日のような幻想的なマジックアワーは見られませんでした。あれはスクリーンの役割を果たす(?)雲が重要だったのでしょうかね。
EM100046.jpg

アイガーとメンヒの間に満月が登ってきました。この日もよく遊びましたね。
DSCN0448.jpg
EM100077.jpg

翌日は早起きして、メンリッヒェン山頂に日の出を見に行き、その後グリンデルワルトを経由してツェルマットまで移動する予定です。
例によって載せきれない写真がFlickrの方にもう少しあります。

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2015夏」

2015 スイス旅行関連記事など

追記:スイス旅行の記録は以下にまとまっています(エリア、カテゴリごとに枠を変えてあります)。