I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

スイス旅行記:5日目②[スネガ〜ツェルマット:マッターホルンを眺めながらのハイキング]


スポンサーリンク

EM110831.jpg

先ほどの続きです。移動日なのでもっと簡単に済むかと思ったら、予想外に記事が長くなってしまったので2本に分けました。
ツェルマットのホテルのチェックイン後、荷物を置いて着替えてから軽いトレッキングに出掛けることにしました。

その前にちょっと昼食@M

移動があったので、既に15時をかなり過ぎていますがこれから昼食です。このログハウス風の店内は…?
EM110849.jpg

そう、マクドナルド! 一応、スイス滞在中に一度入っておこうと思ったのですよね。期間限定のバーガーでしたが、味は日本のものと大差ありません。…が、予想はしてましたが値段がめっちゃ高い!(円換算で2倍強のイメージ)。
EM110852.jpg

外観も街に馴染んだものになっています。
EM110846.jpg

「+35°」って気温? いえ、確かにかなり暑かったですけど、こんなにありましたっけね?(旅の後半の方が更に暑くなる印象なのですが、そこまでだったかな?と)
EM110862.jpg

マッターフィスパ川はもの凄い濁流の激流。水の色が白く濁っているのは、氷河から流れ出る水の特徴なのだとか。
EM110863.jpg

地下ケーブルカーでスネガ・パラダイスへ

ホテルから歩いて数分の場所に、地下ケーブルカーの駅があります。ここから地下ケーブルカーに乗って5分、一気に標高2300mのスネガ(パラダイス)という展望台まで行けるのです。
EM110869.jpg

切符を買って地下トンネルをしばらく歩きます。ここが驚くほど寒い。恐らく10度台だったかと思います。外の暑さとの落差が凄まじいです…。
EM110873.jpg

スイスはこの手のバーコードや磁気カードのチケットで開閉するゲートが多いです。
EM110876.jpg

これが地下ケーブルカー、なかなか凄い角度ですね。地上に作らないのはスキーシーズンのことを考えてでしょうか?
EM110877.jpg
かなりのスピードで斜面を登っていくと…(中略)到着!
EM110891.jpg

スネガ・パラダイス(標高2300m)

おおお、パラダイス! 雲が多いですがマッターホルンが頂上まで見えました
EM110898.jpg

ツェルマット(スイス側)から見えるマッターホルンは北壁と東壁。右側の北壁がアイガー、グランドジョラスと並ぶヨーロッパ三大北壁のひとつです。アイガーとはまた違った凄みのある“絶壁”ですね…。あまりに斜度が急なので東壁に比べてもほとんど雪がありません。
EM110918.jpg
マッターホルンはスイスとイタリアの国境にあり、有名な形はこのスイス側からのもの。イタリが側の南壁を見ると全く別の山に見えてしまう…。

それではスネガからツェルマットまで登ってきた分を降りるハイキング。所要時間は2時間程度、時刻は17時前なので日本だと山歩きを始める時間ではありませんが、なにせ日没まで5時間はありますので。
足下に見える小さな湖は「ライゼー」。
EM110919.jpg
運が良ければ“逆さマッターホルン”が見えるそうなので降りてみることにします。

標高2000mを超えているというのに水着になって泳いでる人が結構いる! 海のないスイスは湖がビーチリゾートになると聞いてましたが、こんな山上湖でもとは。そしてこのさざ波では、リフレクションは全くダメですね(笑)
EM110930.jpg

ちょっと振り返るとこちらにも凄い山… 名前は分かりません。
EM110938.jpg

中央の谷の底がツェルマット。手前に見える小さな集落の間を縫って歩くハイキングです。
EM110962.jpg

コースを下っていくとエッゲンという石葺き屋根の古い家が並ぶ小さな集落に出ます。ちょっと雰囲気ありすぎですが、人は住んでいるのでしょうか?
EM110969.jpg
EM111018.jpg

前日までのエリアに比べるとお花畑はやや控えめ。緯度的に先にベストシーズンを迎えてしまっていたのでしょうかね。
EM110967.jpg

続いてフィンデルンというやはり小さな集落を通り過ぎます。
EM111048.jpg
EM111050.jpg

ネズミ返しのある穀物倉庫はこの地方独特の建築なのだとか。それにしてもこんな石積みの基礎、地震の多い日本では考えられません?
EM111073.jpg

ここは奥多摩か…?

徐々にコースが針葉樹の森の中に入ってきました。こうなるとスイスアルプルを歩いているのか、奥多摩を歩いているのか分からなくなってきます(笑)
EM111083.jpg

しかし奥多摩ではあの山は見えない。
EM111061.jpg

奥多摩というか八ヶ岳というか…(笑)
EM111085.jpg

なんて言ってるうちに登山鉄道の踏切を過ぎ、この先もう少し下るとツェルマット最奥の住宅地になります。
EM111093.jpg

ツェルマット住宅地〜市街地

山を降りてすぐの住宅地にはホテル以外に別荘風の建物や、素晴らしい庭を造っているお宅などが並んでいます。どうやったらこんな所に住めるようになるのでしょう?(笑)
EM111111.jpg
今年はマッターホルン初登頂から150周年ということで、ツェルマットのいたる所で150周年を祝うセールや催しが行われていました。

ツェルマットの「犬のうんちポスト」はこのマーク。50mおきぐらいにあったような気がします。
EM111100.jpg
EM111136.jpg

可愛らしい看板。
EM111126.jpg

立派なホテルがあちこちに。いかにもアルペンリゾートといった雰囲気満点ですね。
EM111138.jpg
EM111141.jpg

アルプスで命を落とした登山家も多く眠る墓地。
EM111151.jpg

教会前の広場で一休み。
EM111168.jpg

上の写真は、この面白い形のベンチに寝転びながら撮りました。今回の旅は靴はローカットのトレッキングシューズを履いていきましたが、軽いハイキングには丁度良かったですね。日程によっては街歩きもあったので、これ以上本格的な靴は厳しいかなと。
EM111169.jpg

ツェルマットは日本の妙高高原と姉妹都市を提携しているのだとか。
EM111178.jpg

…と思ったら京都ツェルマット会のプレートも。
EM111179.jpg

150年前、1865年にマッターホルン初登頂を果たしたエドワード・ウィンパー卿。初登頂の栄光と下山中に4名が遭難死するという悲劇、切れたロープのエピソードは、その後ツェルマット滞在中にあちこちで目にすることになりました。
EM111199.jpg

「妙高」… 和食のレストランでしょうか?
EM111205.jpg

オーストラリア産和牛(?)はめっちゃ高い。ステーキ100gで1.3万円!
EM111207.jpg

さて、この日はCo-opで適当に買い物をしてホテルの部屋で夕飯にすることにします。
EM111203.jpg

EM111213.jpg

会計を済ませた後で2方向に分かれるレジ台(サッカー台代わり)、なかなか合理的ですね。
EM111216.jpg

ということで、ホテルのバルコニーで乾杯&夕飯。Co-opで買ってきた食事がべらぼうに不味かったのですが(笑)いちいち写真でレポートする程でもないので…。
EM111225.jpg
マカロニサラダ、おにぎり(何故か酢飯!)、寿司(何故買った!)全てヤバかった。奥さんが寿司を完食した以外は半分位食べて捨てました。市販品がメシマズはアカン!

しかしメシマズだろうとこの山を眺めながらビールを飲めば全て吹っ飛びます。
EM111246.jpg

前回、今回ともにその他の写真はFlickrの方にもう少しあります。

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2015夏」

2015 スイス旅行関連記事など

追記:スイス旅行の記録は以下にまとまっています(エリア、カテゴリごとに枠を変えてあります)。