I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

芸術家の町!?相模原市緑区の藤野を訪れる


広告

相模湖シリーズ第2弾です… ってこれで終わりですけども。
f:id:OKP:20150920182456j:plain

てんすいのカツカレーで満腹になった我々。せっかく相模湖まで来たのにそのまま帰るのも勿体ない。しかし釣りをするにも道具を持ってきていませんし… という所で、ふと思いついたのが、いつの頃から芸術振興に力を入れている藤野地区。かつては津久井郡藤野町という町でしたが、相模原市が政令指定都市となる平成の大合併に伴って相模原市緑区の一部となりました。
藤野観光協会ホームページ
藤野の芸術振興については、NHKの地域ニュースなどでもたまに取り上げられていたりして、若い芸術家たちを呼び寄せてアトリエを安く提供したり、山の中にヘンテコなオブジェがあったりと、その程度の知識はありました。釣りではよくこちらの相模湖上流部にも来ていた馴染みの場所なのですけど、当時はそこまで芸術の町という印象はありませんでしたよね…。
f:id:OKP:20150920182512j:plain
そういえば、多摩や武蔵野エリアには美大が多いのですが、昔からその学生さんなどが津久井や藤野にアトリエを構えていたりする土壌があったなぁ…なんてことを思い出しながら、訪ねてみたのがこちら。

神奈川県立 藤野芸術の家

f:id:OKP:20150920182454j:plain
やってきたのは相模湖(桂川)を渡って支流である秋山川の上流部に位置する「藤野芸術の家」。神奈川県の施設でもあるこちらは、緑に囲まれた環境の中で様々な芸術体験ができる「アートリゾート施設」だそうです。
芸術に出会い、体験、発表、宿泊ができる、自然豊かなアートリゾート施設 【神奈川県立 藤野芸術の家】

陶芸や木工、ガラス工芸などの体験の他、音楽ホール、練習スタジオのレンタル、野外のバーベキューにオートキャンプ場、さらには全17室、定員100名の宿泊棟も設けられ、美術、音楽、野外活動など様々な体験を楽しむことができる施設となっています。
f:id:OKP:20150920182500j:plain
我々は特に何かの体験をする訳でもなく敷地内、館内を見学してきただけですが、機会があれば陶芸やガラス工芸(サウンドブラスト)などは体験してみたいですし、音楽スタジオと宿泊施設を利用したバンド合宿なんて、やっても楽しそうです(実は今のバンドでライブ前に合宿をやろうという計画もあるので…)。

この日は工房での創作体験や野外のオートキャンプを楽しむ人たちの姿も見られましたが、特別混み合っているという訳でもなく、工房の体験メニューの中には予約なしで楽しめるものもあるようなので、今からシルバーウィーク後半の予定として検討してみるのもいいかもしれませんね(詳細は施設までお問合せください)。

施設内を歩いてみた

広い野外広場ではテントやタープを張って、思い思いにオートキャンプを楽しむ家族連れ。芸術…?とはちょっと関係ないような気もしますが、せっかく自然の中にある施設ですものね。
f:id:OKP:20150920182455j:plain
雨の日でも使える炊事場やかまどもあります。
f:id:OKP:20150920182457j:plain

館内の足下がガタガタするなぁと思ったら、このような木片が並べられていました。隙間の掃除が大変そうですね…。
f:id:OKP:20150920182501j:plain

ホールでスタインウェイのピアノが弾けるレンタルサービスもあります。
f:id:OKP:20150920182459j:plain

工房ではこんな感じの成果物が作れるます、というメニューです。
f:id:OKP:20150920182506j:plain

レストランの食券かな?と思ったら…
f:id:OKP:20150920182503j:plain
工房体験のチケットでした。目的別に明朗会計でいいですね。価格もお手頃ですし家族で遊びにきても、親子それぞれ木工、陶芸、ガラス細工と興味のある分野に挑戦できます。
f:id:OKP:20150920182504j:plain
f:id:OKP:20150920182502j:plainf:id:OKP:20150920182507j:plain
オリジナルのお箸は挑戦してみたくなりますね。
f:id:OKP:20150920182505j:plain
ろくろ(手動、電動)や各種工具、木片、端材、どんぐりに松ぼっくり…と様々な素材も揃っています。
f:id:OKP:20150920182508j:plainf:id:OKP:20150920182509j:plainf:id:OKP:20150920182510j:plainf:id:OKP:20150920182511j:plain
次回はちゃんと目的を持って遊びに来たいなーと思いつつ、施設を後にしました。

ふじのアートヴィレッジ

さらに藤野芸術の家のすぐ近くにある「ふじのアートヴィレッジ」に立ち寄ってみました。ここ、何度かNHKで取り上げられているのを見たことがあります。
f:id:OKP:20150920182513j:plain
ふじの アート・ヴィレッジ
ふじのアートヴィレッジ | 藤野観光協会

『ふじのアートヴィレッジ』は藤野を中心として活躍するアーティストとクラフト作家が集合。
9つのコンテナギャラリーが立ち並ぶ、楽しいアート市場です。

とのこと。

これがコンテナギャラリーというやつですね。展示スペースというか店舗というかそんな感じの小さな建物が並んでいます。既に夕方ということもあってか、かなり閑散としておりました。
f:id:OKP:20150920182515j:plain
いくつかのスペースは丁度伊勢丹相模原店で出張展示をしているらしくお留守でしたが、手作りの陶器や木の食器、手作りや輸入の雑貨類を売っているコンテナを見ることができました。
こんな食器が家にあったら楽しそうですが、絶対食洗機は無理だろうしなぁ…。
f:id:OKP:20150920182516j:plain
f:id:OKP:20150920182517j:plainf:id:OKP:20150920182518j:plain
せっかくですので「アレッポの石鹸」なるものを買ってみました。名前の通り、現在紛争で大変そうなシリア産だそうです。
f:id:OKP:20150920182519j:plain
アレッポ石鹸。私は知らなかったのですが自然素材派の人たちには有名なようですね。私はあまりそちら方面に興味ないのですが、奥さんの知人が絶賛していたという話を聞いて1個購入。「エキストラ」「ノーマル」「ライト」と種類があったので、とりあえずノーマルのもので。

アレッポの石鹸 200g

アレッポの石鹸 200g

ボディから洗髪まで使えるそうなのですが、果たしてどんなものでしょう…?
実は早速お風呂で使ってみたのですが、結構いいかも? もうしばらく使ってみてから、またレポートしてみたいと思います。

広告を非表示にする