読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

北穂高岳に登ってきたよ②:天候不順でスタートを遅らすも涸沢から北穂岳へ!

山/登山 カメラ/写真

涸沢カールにテントを張って、2日目の朝となりました。

早朝のモルゲンロートは穂高にやや雲がかかっていたものの、それなりに綺麗に見えたのですが、その後雲が下りてきてしまい、小雨もポツポツ…。テントに吹き付ける風も強くなってきて、上の方はかなりの強風と予報が出ていたので、北穂へと出発するのは一端見送ります。
PA040741.jpg
山の天気予報では午後にかけて天候が回復するとのことですし、下山の時間を考えても10時まで様子を見てダメなら翌日に持ち越そうということに…。

そのままテント内でウトウトと(これが気持ちいいんですよね)。

天候回復!? 北穂を目指そう!

9時前になって天気が回復してきたので北穂を目指すことにします。北穂高も見えました!
PA040749.jpg
というかテントでぼんやりしてる間に晴れてた! いかん、出遅れた!

9時10分出発。荷物はアタックザックに雨具とハイドレーション、防寒具、行動食、ファーストエイドキットなど最低限のものを詰め込んで出発。雲は晴れたかと思ったら、穂高上空を隠してしまったり…。
PA040755.jpg

涸沢小屋の横から北穂への登り口があります。涸沢小屋のヘリポートもこの近くにあったのですね。
PA040764.jpg

涸沢から上の紅葉は一部終わってきていましたが、まだまだ綺麗なダケカンバも見られます。軽いアタックザックを背負っているので、登りも快調です。涸沢までの登りの方がよっぽどキツかったですし、ほんと荷物の重量って響きますね。
PA040770.jpg

岩場だらけだけど登りやすい山?

徐々にこんな感じの岩場が増えていきます。まさによじ登る系の山ですが、コースには分かりやすく目印が付いていますし、クサリやハシゴなどよく整備されていて、晴れてさえいればとても登りやすい山だとも思いました。雨の中登っていくのはさすがに怖そうですけど。
PA040793.jpg
もちろんヘルメットは出発したときから被っております。季節的なものもありますが、思った程暑くもなく快適です。

CAMP(カンプ) アーマー レッド×オレンジ 5019011

CAMP(カンプ) アーマー レッド×オレンジ 5019011

北アルプスエリアは警察もヘルメット着用を呼びかけているだけあって、着用率も8割近かったのではないでしょうか。
北アルプス登山者のヘルメット着用の必要性/長野県警察

PA040795.jpg

そんな急な登りですのでグングン高度感が上がっていきます。たまに振り返ってみると涸沢ヒュッテがどんどん小さくなっていきます。
PA040805.jpg

北穂高は双耳峰となっていて、登山ルートの山頂となっているのは北峰なのですが、3106mの最高峰は南方の方みたいです。まあ、細かいことは気にせずにラストひと息、北峰を目指しましょう。
PA040825.jpg

南峰直下に奥穂高方面との分岐。ここに荷物を置いてる人は近くに姿が見えなかったので、もしかして南峰に登っているのかな?
PA040828.jpg

手前の南峰の岩を回り込んで、北峰へ向かいます。
PA040830.jpg

11時50分、北穂高山頂

付いたー! その瞬間は槍ヶ岳方面の空が綺麗に晴れていたのですが、後続の奥さんを待っている数十秒の間に一気に雲がでてきてしまいました。なんと無情な…。
PA040835.jpg

向こう側が南峰でしょうか。そしてその先には涸沢岳に奥穂高、いつかこちらも登ってみたいですね。
PA040839.jpg

南岳、槍ヶ岳に向けての大キレット… うーん、我々に歩けるのでしょうか?
PA040850.jpg

北峰直下、標高3100mの北穂高小屋

北穂高小屋は3100mの標高とは思えないお洒落な山小屋。富士山の山小屋を除くと、最も標高の高い友人の山小屋なのだとか。ここでは涸沢を見下ろせるテラスや、綺麗な食堂で軽食を取ることができます。こちらではカレーを頂きましたが、優しい味でとても美味しかったですよ。
PA040867.jpg

北穂高小屋のテラスから眺める涸沢ヒュッテ。涸沢に直接続いているように見える左手側のギザギザは上級者向けの東稜。山と高原地図に載ってないような難コースは我々には縁がございませんです。
PA040883.jpg

日曜日の午後ともなると涸沢のテント場も一気に空きましたね。こうして見ると自分たちのテントもしっかり認識可能です。
PA040884.jpg

13時、涸沢に向けて下山開始

予報では午後になるほど山頂が晴れるという予報だったので、しばらく雲が晴れるのを待っていましたが、13時になったので下山開始(14時過ぎ頃には山頂がいい感じで晴れていました)。

少し下りて北穂分岐を過ぎてしばらく行くと北穂のテント場があるのですが、これは聞きしに勝るハードコアな場所。風も容赦なく吹き付けますし、小屋まで行くにも15〜20分はかかるので日が暮れてからのトイレなんて命がけです。
PA040924.jpg
まあ、そもそもここまでテントを担いでくること自体、私にはかなりキツそうです(北岳の3000mまでとはやはり訳が違いますね)。

登りは比較的順調だった奥さんもやはり下りは怖かったのか、コースタイムをややオーバーして15時過ぎに涸沢小屋に到着。既に太陽は穂高の向こうに沈んでしまいましたが、お疲れさまのビールで乾杯。名物のもつ煮も初めて頂きましたが、大変美味でしたよ。
PA041025.jpg

テント場に戻り、あそこまで登ってきたのだなーと感無量。
PA041093.jpg

夜の涸沢カールも格別の美しさ

朝はモルゲンロート、日中は紅葉で楽しまさせてくれる涸沢カールですが、夜になるとまた別の顔を見せてくれます。
夕暮れの涸沢カール。穂高連峰の影が美しいです。
PA041144.jpg

日が沈むと満天の星空を心ゆくまで眺める幸せが待っています。
PA030687.jpg
カール中央、涸沢岳と奥穂高岳の間から天の川が夜空に向かって流れ出しています。

北穂高小屋の明かりも見えます。北穂高に登ったというと、つい左側の南峰側に登った気になってしまうのですけど、小屋の明かりが見える右側の北峰です。
PA030698.jpg
マイクロフォーサーズのカメラでもISO3200で15秒も露光すればこれだけの星が写ってくれるのですが、その満天の星空ぶりは想像して貰えるかと思います。

Fotopro 三脚 M-4 MINI 3段 小型 自由雲台 アルミ製 79538

Fotopro 三脚 M-4 MINI 3段 小型 自由雲台 アルミ製 79538

ミニ三脚をザックに忍ばせておいて良かった(最初忘れたかと思って焦りました…)。