I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

松本のしょうが焼き専門店「豚さん食堂」に行ってみた


広告

先日、北アルプス涸沢、北穂高岳に行ってきた帰りのことです。
f:id:OKP:20151013183112j:plain

いつものように沢渡第二駐車場の足湯温泉でひと息付いてから、帰りがてらに夕飯と温泉に寄ってていくことにします。
> さわんど温泉 湯の郷公園

山帰りは肉と温泉を体が欲している!

山から下りてくるとお風呂でサッパリしたいのと、高カロリーな肉料理などを食べたくなるのですが、我が家がよく立ち寄るのが松本IC近くの「渚ライフサイト」という複合施設の敷地内にある「湯の華銭湯」。よくある郊外型の日帰り温泉ですが、食事処も悪くないのでこちらでまとめてお風呂と食事を済ませてしまうことが多いです。そのまますぐに帰りの高速もに乗れますから。
松本日帰り温泉 湯の華銭湯瑞祥 松本館

…が、今回はいつも以上に肉を食べたい気分だったので、車内で奥さんに調べて貰ったところ、同じ「渚ライフサイト」の敷地に豚しょうが焼き専門店の「豚さん食堂」なる店ができてるとのこと。これは当然、行く!
普段は温泉→食事、なのですが、なんだか以上にお腹が減っていたので、豚→温泉です。

「豚さん食堂」は長野県内に2店舗ある豚しょうが焼きの専門店で、県内を中心に飲食事業を展開している企業が経営母体のようです。都内にもあるらしい「豚のさんぽ」という系列店の方がメインなのかな?
しょうが焼き専門店「豚さん食堂」 松本店・須坂店
株式会社ファインシステムズ|会社概要

サイズ、組み合わせが豊富なしょうが焼き&板カツメニュー

メニューは豚肉の「しょうが焼き」「板カツ」がメインで、しょうが焼きは肩ロース(1枚肉)と豚バラ(細かめのお肉)が選べます。その他、サイドメニューやしょうが焼きのサイズなど組み合わせが豊富で、初めてだとややオーダーに戸惑いますが、私は「DX本気のしょうが焼き定食(中・肩ロース200g/ナポリタン小)」という定食を注文。
「DX」が付くと定食の付け合わせにナポリタンが付くようですが、このナポリタンも無料でサイズが数段階で選べたりしてややこしいです。なにやら大盛りまで無料とのことですが、「小で100g」と聞いて小にしておきました。

価格は「本気のしょうが焼き定食」で980円。DXは100円増しだったかと思います。つまり差分のナポリタンが100円ですね。
しょうが焼き専門店豚さん食堂のメニュー

ということで到着。分厚いロースのしょうが焼きが5枚。そしてナポリタンとキャベツ中心のサラダ。ナポリタンは小にしておいて一安心(笑)
f:id:OKP:20151013183111j:plain
豚ロースは柔らかく一口でちゃんと噛み切れ、味付けはやや甘めながら生姜がかなり効いてます。なんというか… ガッツリ系?(見たままの感想) 下山直後の体には丁度いい味の濃さとボリュームでしたが、普段の私だったらもう少し辛口の感想がでてたかも?なーんて。

ナポリタンは茹で上げの麺にケチャップを絡めただけ冷たいもの。ちょっと辛い?というか不思議な味のケチャップ味でこれなら小でOK。というか、よほどお腹が空いてなければ、わざわざ「DX」にしなくてもよいかな…。

奥さんが頼んだのは、板かつ1枚と肩ロースのしょうが焼き2枚がセットになったレディースセット的な定食。
f:id:OKP:20151013183110j:plain
板かつは秩父の「わらじかつ」を思わせるソースカツでなかなかに美味です。板かつのみの定食をオーダーしてる人も結構見ましたし、案外こちらの方が鉄板だったりして?

テーブルにはこんな感じで自由に味漬けできるたれもありますが、そのままでも充分濃い味だったと思いますよ。
f:id:OKP:20151013183109j:plain
という感じでやや煮え切らない食レポでしたが、もし次回来ることがあったら豚バラか板かつを注文してみようと思います。特に山帰りだとこのボリューム、高カロリー感は嬉しいですしね。

食べきれなかったらお持ち帰りも可能!

うっかりオーダーをミスすると食べきれない量が来てしまいかねない店ということもあって、このような気遣いはありがたいですね。隣のお客さんはしょうが焼きを盛大に残して持ち帰っておりました。
f:id:OKP:20151013183107j:plain

食後は温泉に移動して1時間のんびり。湯上がりにフルーツ牛乳を2本も飲んでしまいました。体が糖分と水分を激しく求めていたのです。しょうが焼きだけではまだ足りなかったのか…。


関連ランキング:定食・食堂 | 渚駅信濃荒井駅北松本駅