I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

ブロフェスで貰った“へべす”を使って「さばパスタ」


広告

鯖缶ネタが続いてしまいますが、鯖だけに鮮度が命とかなんとか…。
f:id:OKP:20151022014212j:plain
先日参加してきた「2015ブロガーズフェスティバル」。「Edge Rank」というメルマガチーム(?)の講演を見たのですが、その中で登壇していた「OREGADGET」のオカベテルマサさんが「へべす」なる香酸柑橘類(生食には向かない酸味の強い柑橘類。レモン、ゆず、すだちなど…)を配っていたのでちゃっかり貰ってきました。
オカベ氏と「へべす」(「ヘベズ」ともいうらしい)の関係についてはこの辺にて。ヘベズ - Wikipedia
さて、この「へべす」をどうしましょうか?というのが今回のお題。

かぼすによく似ている柑橘類

すだち、かぼすと並べてみるとこんな感じ。外見はそっくりです。小さい方から、すだち<へべす<かぼすです。
f:id:OKP:20151022014213j:plain
↓↑のスライスの写真を見ても分かりますが、かぼすに比べてへべすは種が少なく、輪切りにすると明らかに中身がすっきりしています。絞るときに種ゴミがあまり出ないので使いやすいです。
味はかなりかぼすに近いというか、比較したのはうちにあったかぼすだけなのですが、若干酸味がマイルドで爽やかな印象でしょうか。ただし口にしたものの個体差もあるかもしれないので、断言は避けておきます(笑)

さて、どんな料理に使ったものか?としばし考えて、結局先日のかぼす同様にパスタに絞って使うことにしました。あまり進歩がありませんが、柑橘パスタは結構クセになってしまいましたので。

そして丁度、この日の朝に食べた鯖缶(サバの水煮缶詰)が少し残っていたので、鯖缶を使ったパスタを作ってみることにしました。鯖缶というと生臭いイメージもあるかもしれませんが、伊藤食品の鯖缶は生臭さもありませんし、残った汁も使ってあげたらいい味が出そうかなと。そこに柑橘を搾ってみたら… これは行けそう!

伊藤食品 美味しい鯖水煮 190g×4缶

伊藤食品 美味しい鯖水煮 190g×4缶

「さば缶へべすパスタ」を作ってみる

さばパスタというかサバ缶パスタですね。あとへべす。分量などは適当なので、簡単に手順だけ書いておきます。

  1. サバ缶は水煮缶の1/4程度。別にもっと多くても構いません。というか半分ぐらいあると嬉しいかも。
  2. 刻んだニンニクをオリーブオイルで香りを出したら、おたま1杯位のパスタのゆで汁とサバ缶を投入。醤油も少々(小さじ1〜2程度?)。
  3. 乳化したところでバター、茹で上がったパスタ、へべすの絞り汁を投入。絞り汁はお好みで1/2個〜1個位。私は飾りのスライスを除いて1個の絞り汁全て投入しました。
  4. スライス玉ねぎと刻んだワケギを載せて完成。

f:id:OKP:20151022014214j:plain
ということで、めっちゃ美味しかったです。もっとサバの身があった方が食べ応えがありますが、朝食のサバサンドで使い過ぎてしまったので仕方ありません。鯖缶の汁とバター醤油の相性もいい感じでしたし、へべすの酸味のおかげでしつこくならずサッパリと頂けます。
「朝:サバサンド(サバ缶サンド)→昼:サバパスタ」の流れは定番化しそうかも?

ポッカサッポロ ポッカレモン100 450ml

ポッカサッポロ ポッカレモン100 450ml

レモン汁でもいいとは思うのですが、絞りたてのかぼす(へべす)のフレッシュな酸味をパスタに合わせてみるのは一度試してみて欲しいです。