I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

中古のバロンチェアを買ってから1年経ったので感想とか購入時の注意点を書いてみる


スポンサーリンク

「中古バロンチェアはいいぞ」って話はちょいちょいネットでも話題になりますよね。ええ、私もそれに乗っかって買ったくちです。

f:id:OKP:20160201162354j:plain

私がそんな中古チェアを購入したのは約1年前の昨年1月。なにやら中古のバロンチェアが大量に放出されたタイミングで、色や商品状態などもかなりの選択肢があったときのこと。あれから1年が経ちましたし、感想などまとめてみたいと思います。



「バロンチェア」ってなに?

バロンチェアは国産家具メーカーであるオカムラ(岡村製作所)が製造販売を行っているオフィスチェアです。アーロンチェアなどと並び、所謂「高級チェア」として挙げられることも多い、定番のワーキングチェアのひとつになります。

f:id:OKP:20171101184719j:plain

背もたれのサイズ、ヘッドレストの有無、肘掛け、シート素材、そして豊富なカラーと、使用目的に合わせて複数の組み合わせが存在するも、このバロンチェアの特徴のひとつでしょう。

楽器弾きには肘掛けが邪魔なんです…?

私が買ったのは肘掛けなしのローバックのチェア。一番コンパクトでシンプルなものですね。私の場合、楽器(鍵盤、ギター)を演奏するので、肘掛けがあると邪魔になるのです。また、ハイバックのものはそのタイミングでは中古で出てなかったのですが、ご覧の通りコックピットのような狭いスペースなので圧迫感のない椅子が欲しかったのと、あまり深く寄り掛かるような使い方はしないので別にいいかな、と。

f:id:OKP:20160201162351j:plain

シート部分はクッションです。
製品的にはこちらのものが同型でしょうか。新品で8万円程度する製品ですが、商品状態「A」の中古品を確か2万円程度で購入しました。

正直言ってしまうとどうしても欲しかった訳でなく、「そんなに安く買えるなら試してみるか…」ぐらいの気軽な気持ちでの購入でした。あとは丁度、会社を辞めることも決まった頃で、自宅でも長時間座れる椅子が欲しかったのもありまして。

届いた椅子の重さにビビる…

ちなみに、それまで使っていたのはこちらと同型の無印良品のワーキングチェア。結婚したときに、とりあえずの間に合わせで買ったものです。値段の割になかなか座り心地もよくそれなりに気に入って使っていました。

そのうちちゃんとした椅子は欲しいなーと思っていて、アーロンチェアの展示とか座りに行ってはみたのですが、なんとなくピンと来なかったのですよね、私の場合。アーロンチェアライトのアームレスとか価格も手ごろで(それでも9万するけど!)、いいかなぁと思ってたのですけど。

ハーマンミラー アーロンチェアライト ポスチャーフィット アームレス Bサイズ AE112NNB-PJ G1 BB 3D01

ハーマンミラー アーロンチェアライト ポスチャーフィット アームレス Bサイズ AE112NNB-PJ G1 BB 3D01

結局、5年近く上の無印の椅子を使っていたのですが、格安で高級オフィスチェアが買えるという話に釣られて、あまり深く考えずに買ってしまいました。最悪ダメなら買い直せばいいや…と。ダメですよね、そういうの。

しかし届いたバロンチェアを見て(触って)ビックリ。とにかくめっちゃ重たいんです。私の買った「ローバック肘なし」というモデルでもなんと24kg! アーロンチェアなども同じような重量らしいですが、配送の方もさぞ大変だったことでしょう。
こりゃ捨てるのも結構大変だな、と安易な購入を反省したものの、椅子自体は非常に座り心地がよく、私の体にも合っていたようで一安心しました。

購入先はオフィスバスターズ

買ったのは中古チェアではお馴染み(?)のオフィスバスターズ。ネットではいい買い物ができた人、そうでない人それぞれの声がありますが、私の場合はちゃんと参考画像通りの商品が来ました。

購入の手順ですが、通常のECサイトのようにサイト注文のみでは完結せず、サイトから希望商品とこちらの情報を入力した上、メールで連絡を貰ってから見積〜注文といった流れでした。基本的には法人相手のご商売なのでしょう。

今見たところ、あまり手頃な価格のバロンチェアは出てないようです。あとは、Amazonのマーケットプレイスにもオフィスバスターズからの出品があるようです。

オフィス用の平机やワゴンなんかもあったりして、ちょっと欲しくなってしまいますね(笑) 岡村製作所のチェアだとフィーゴなどが出ているようです。
ただし、中古チェアは決して手放しでオススメできるものでもないですよ、ということについて次項にて少し書いてみます。




中古チェアを買う際に気を付けたいこと

中古チェア購入時の注意点… というかこれは運次第かもしれませんが、例えばバロンチェアは使っているうちに“軋み(きしみ)音”の出やすい椅子らしいのです。
ネットで検索するとそういった情報がかなりヒットするのですが、新品ならばともかく中古で購入する場合は当然この軋み音が最初から出ているものもあるようです。というか私の買った椅子がそうでした(笑) 商品状態は「A」ランク表示でしたが、外観は綺麗でもグリス切れなどで軋み音が出てるものもあるのですね。

ネットの情報を頼りにフッ素タイプの潤滑スプレーなどを吹いてはみましたが、あまり効果はナシ。潤滑材の種類やさし所によっては、かえって元々のグリスを流してしまい状況が悪化することもあるようなので(KURE 5-56などは注意)、もう諦めてその後は手を出していません(笑)

f:id:OKP:20160201162353j:plain

気になるといえば気になりますが、音楽を聴いてれいばまあ気になりませんし、そこは安易に中古チェアに手を出した授業料と思って諦めてます。椅子自体は非常に座り心地もよく、普段のPC作業から楽器演奏まで快適に使えているものなので満足でしていますし。
恐らくあと数年はこのバロンチェアに世話になろうかと思っていますが、次に買い換える際は新品を選びたいかなあ?(笑)

その他、バロンチェアはメッシュ座面がヘタりやすいという話も目にしますが、うちのは今の所背もたれのメッシュを含め問題はなさそうです。座面はメッシュでなくクッションですし。

f:id:OKP:20160201162352j:plain

これは使用者の体重や使い方にもよりそうですね。私の場合は体重62kg程度。背もたれは背中を支える程度で、そこまでどっしり寄り掛からない座り方です。

* *

ということで、当たり外れもありますし、安易にオススメできるものではない中古チェアではありますが、私自身はそれなりに満足できる買い物ができました。ただし、全ての人がそうとは限りません。何より体に合う椅子かが大事ですので、まずはやはりちゃんとショールームなどでお試しするのがいいでしょうね。座り心地が気に入った上での購入なら、多少のきしみ音なども我慢できるかもしれませんしね?(笑)