I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

5年ぶりに訪れた代官山の洋館レストラン「マダム・トキ」で結婚6周年を祝う


スポンサーリンク

神宮外苑から富士山を見た建国記念日、その日のお昼頃の話です。
f:id:OKP:20160214012543j:plain
moognyk.hateblo.jp
20年前に放送された「王様のレストラン」というテレビドラマ(松本幸四郎氏や山口智子さんが出演)を覚えてる方はいらっしゃいますでしょうか? 私は見たことないのですが(笑)、テーマ曲は今でもあちことで使われていますよね。

Thème de Restaurant de Roi 〜「王様のレストラン」テーマ〜
「ディズニー! ファーンティリュージョーン!」(違う)

そのドラマの舞台であるレストランの外観として使われたのが、先日食事をした代官山のフレンチレストラン「マダム・トキ」です。
代官山の優雅なレストラン|マダム・トキ(フレンチ、ランチ、ディナー)|Restaurant Madame Toki

我が家の思い出のレストラン

実は5年前に我が家が結婚式を行ったのがこのマダム・トキでした。入籍したのは6年前の2月11日なのですが、結婚式は色々と生活が落ち着いてからにしようと、翌年の4月に行ったのでした(震災からまだひと月という時期でした…)。
アットホームな一軒家のレストランウェディング|Restaurant Madame Toki(東京代官山)
マダム・トキでのウェディングプランを見つけてきたのは奥さん。そして、ここを会場に選んだ一番の決め手は何といってもその料理の美味しさです。ウェディングの下見で頂いたディナーが大変美味しくて、その場で決めてしまいました。

結局こちらでお料理を頂いたのは、その時と結婚式当日の2回だけでしたが、人前式に家族と友人達での食事会を付けたようなシンプルな結婚式だったこともあって(50人程度の規模)、当然のように新郎新婦共にコース料理を完食してます(普通は食べられないらしいですね?)。

お越し頂いた方々にも食事は好評で、私の結婚式の思い出も「料理が美味しかったなぁ」が一番(笑) こちらで式を行ったのは大正解でした。
f:id:OKP:20160214012549j:plain
さて、そんなマダム・トキですが入籍日と結婚式の日付が数ヶ月ズレていることもあり、後者の方は我が家では全く記念日として扱われず、再訪するまで随分と時間が掛かってしまいました。

お昼からフレンチのフルコースを頂く幸せ

訪れたのはご覧の通り、お昼のランチタイム。実は我々、記念日関係はランチタイムの外食が多かったりします。食後すぐに帰らず明るい時間帯に散歩したりできますし、少々酔っ払っても午後の時間のんびりできますからね。

それに結婚式を行ったのも、よく晴れたお昼のことでしたし。
f:id:OKP:20160214012540j:plain
あと、ディナーよりもランチの方がお財布に優しい(笑)

今回お願いしたのは特別ランチのコースメニュー。他にもいくつかランチのコースはありますが、ここにに来るまで美味しいフォアグラに出会ったことがなかった奥さんが感動した、マダム・トキのフォアグラが含まれたこのコースを選びました。
f:id:OKP:20160214012541j:plain

結婚記念日ということレストランからシャンパンをお祝いで頂きました。事前に伝えていたこともあって、5年前に我々のウェディングを担当した頂いたウェディング部門の方もお迎えしてくれました。
f:id:OKP:20160214012542j:plain
この日は同じくこのレストランで式を挙げられた記念日のテーブルが我々の隣にもいらっしゃって、そちらは7周年だったとか。

* *

さて、ここからコースです。アミューズブッシュはコンソメのジュレとサーモンのムース。フレンチのこれ系の前菜好きなんですよね。普段は食べられない味と食感ですし、自分では絶対に作れないタイプの料理ですし(って全部ですけど)。
f:id:OKP:20160214012545j:plain

マダム・トキといったら(?)こちらのバター。タップリと切り分けてお皿に載せてくれます。カルピスバターをベースにバニラの風味を加えたというこのバター、それだけで食べたくなる美味しさです。当然2人では使い切りませんのでお土産にしたい位(笑)
f:id:OKP:20160214012546j:plain

カルピス社 国産 無塩 バター 450g

カルピス社 国産 無塩 バター 450g

パンは自家製のものを6種類位から選べます。どれも美味しく2人であともう1個ずつ食べてしまったかな。
f:id:OKP:20160214012547j:plain

こちらは蕪(かぶ)を使ったお料理。白と緑はそれぞれ本体と葉を使っているそう。横に添えられたチップスも蕪。余すところなく蕪を使った一品で、蕪の旨味が凝縮されていて驚くぐらいに美味しいのです。
f:id:OKP:20160214012548j:plain

白ワインも頂きます。個人的には夜より昼に飲む酒の方が贅沢感を感じます(笑)
f:id:OKP:20160214012550j:plain

来ました!フォアグラと松葉ガニをパイ皮で包んで焼き上げた一品。マデラ酒の酸味と下に敷き詰められた細かな林檎の歯ごたえとが絶妙のハーモニー。手前の白いソースを付けてみるとまた味わいが変化します。
f:id:OKP:20160214012551j:plain

続いてホタテにたっぷりと黒トリュフを散らした一品。様々な冬野菜も添えられて見た目も素敵!
f:id:OKP:20160214012552j:plain

私のお皿なんてトリュフでホタテが見えませんでしたからね(笑) トリュフのボリューム感を演出するために、あえて少し小ぶりのホタテを選んでいるのだとか。
f:id:OKP:20160214012553j:plain
このような素敵なお料理の細かな情報を教えてくれるマダム・トキのスタッフの皆様の仕事は本当に見事。このようなレストランに来る度に感じますが、接客のプロのおもてなしって凄いですよね。嫌みがなく気が効いていて。私には絶対無理そう…。

メインディッシュは和牛とエゾジカ

メインのお肉料理のためのナイフはフランスOPINEL社のもの。以前はやはりOPINELのアウトドア用ナイフを使っていたそうですが(恐らく我々の式のときも)、最近こちらのものに入れ替えたばかりなのだとか。
f:id:OKP:20160214012554j:plain

OPINEL(オピネル)オピネル#8 41478

OPINEL(オピネル)オピネル#8 41478

そしてお肉料理に備えて赤ワインを頂きます。
f:id:OKP:20160214012555j:plain

さあ、メインのお肉がやってきましたよ。私は和牛のフィレ肉を頂きました。もう言葉はいらないでしょう(笑)
f:id:OKP:20160214012556j:plain

そして赤身ファンの奥さんはエゾジカのお肉を頂いてました。私もひと口頂きましたが、鹿肉って赤身の味がしっかりしていて美味しいですよねえ。
f:id:OKP:20160214012557j:plain
一通りコースを食べてきた後でも、やはい美味しいお肉の幸福感は別格ですね。

マダム・トキはケーキも楽しい!

さあ、お食事が一段落しましたがマダム・トキはここからのデザートも凄いんです。なにせ「ワゴンデセール」ですからね。
敷地内に別棟としてパティスリーがあり、専門の職人さんが作っているのでケーキも豪華で種類もたくさん! 沢山のケーキを一気にテーブルとワゴンに並べてくれます。もちろん好きなだけ選んで切り分けて貰うことができます。
f:id:OKP:20160214012558j:plainf:id:OKP:20160214012559j:plainf:id:OKP:20160214012600j:plainf:id:OKP:20160214012601j:plain

メインのお肉を頂いても、まだ食べられそうだった我々。ええ、やってしまいました。「全種類、少しずつお願いします」…って。
f:id:OKP:20160214012602j:plain
本当に全部のケーキを持って(盛って)きてくれました。いやー、こちらも美味しかったのなんのって。おかげさまで完全に満腹になってしまいましたけども(笑)
f:id:OKP:20160214012603j:plain
そんなこんなで美味しいお食事とケーキで幸せ満点なランチタイム。もっと早く来訪すれば良かったですね。うかい亭もいいけど(笑)偶には都心にも出てこなきゃ。

* *

ということで、普段や記念日のお食事はもちろんですが、もしレストランでのウェディングを検討されてるカップルの方がいらっしゃいましたらこのマダム・トキ、本当にオススメです。私の経験上、料理の美味しかった結婚式って、後になっても印象が良いですからね(笑)
f:id:OKP:20160214012604j:plain

さて、まだ日も高いですし、代官山蔦谷書店でも覗きつつどこか美術展でも行ってみましょうかね…(続く)。
f:id:OKP:20160214012605j:plain

今回もカメラはE-PL6と25mm。あまり目立たず(?)にお料理写真を撮るのに丁度いいセットです。

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL6 ボディ ブラック E-PL6 BODY BLK

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL6 ボディ ブラック E-PL6 BODY BLK

関連記事

日頃はフランス料理にはほぼ縁のない我が家ですが、普段の記念日は鉄板焼きが一番の贅沢。鉄板料理のアミューズメント感とフレンチの手の込んだお料理を同時に味わえるうかい亭(not都心)が大好きです。雰囲気のある洋館も楽しめますしね。
大切な記念日のご予約は、一休.comレストランで・・・。

moognyk.hateblo.jp
moognyk.hateblo.jp