I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

あしかがフラワーパークの行き帰りに「佐野ラーメン」を食べ「鬼平江戸処」に立ち寄った


広告

GW日記は今回で最後、6日に行ったあしかがフラワーパークの道中食ネタです。
moognyk.hateblo.jp
東北道に乗るのも久しぶりなら(10年以上昔に秋田の八郎潟に行ったとき以来かも?)、そもそも栃木県の土を踏むのはいつ以来だろう?という私。

せっかくなら地元の美味しいものを食べようということで、昼食を食べずに出発した我々。道中の車内で奥さんにスマホでリサーチして貰います。「宇都宮餃子」(遠い)、「ジャガイモ焼きそば」(檜原村にもあるよね)、「ソースカツ丼」(足利中心地まで行く必要があるのと秩父にも…)、、、、などなど議論を重ねた結果、佐野藤岡ICを降りてからフラワーパークまでの移動で通過する佐野市の名物「佐野ラーメン」を食べて行こう、ということに。しかも「佐野餃子」ってのもあるみたい!

f:id:OKP:20160511003124j:plain

シンプルながら忘れられない味「しまだや」のラーメン&餃子

ということで立ち寄ったのがこちらの手打ちらーめん「しまだや」。手打ち麺を売りにした佐野ラーメンの人気店とのこと。到着時間は15時近くと、お昼をかなり過ぎていたのに、駐車場はほぼ満杯でした。

f:id:OKP:20160511003121j:plain

メニューはこんな感じ。私は「手打ちメンマラーメン」と「手作り餃子(5個)」をオーダーしました。奥さんも同じで餃子は3個のものを注文。

f:id:OKP:20160511003126j:plain

さーて、やってきました佐野ラーメン。透き通ったスープの鶏ガラ系醤油ラーメン。正に「王道」といったビジュアルですが、これは美味しそう!

f:id:OKP:20160511003125j:plain

…というかめっちゃ美味い! スープはアッサリ系ながら、しっかりと鶏ガラ出汁のコクが効いてますし、手打ちの平麺とスープの絡みが抜群です。

ラーメンに少し遅れてやってきた餃子。これ、想像以上にジャンボサイズです。王将比1.5〜2倍位ありそうなインパクトがあります(3個でも普通の1人前はありそう)。

f:id:OKP:20160511003123j:plain

僕は比較的ジャンボ餃子系の分厚い皮よりも、薄皮のパリっとした標準サイズの餃子が好きなのですが、この餃子はモチモチの皮と焼き目のパリっと感のバランスが絶妙。しかも中の具はジューシーで、熱々のスープが閉じ込められています。

f:id:OKP:20160511003122j:plain

かなりの食べ応えがありますが、とにかく抜群に美味いので箸が止まりません!

そして餃子にボリュームがあるので、多少ラーメンを食べるスピードが遅くなってしまうのですが、手打ち麺のコシ故か最後まで麺がのびずに楽しめるんですね。これは嬉しい誤算。スープも最後まで飲み干して大満足です。

この記事を書きながら「おみやげ餃子」を買わなかったことを激しく後悔している位、この「しまだや」さんのラーメン&餃子は好印象。最近は家系などコッテリ寄りのラーメンを食べることの多かった私ですが、基本スタイルの偉大さを再認識したような、そんな佐野ラーメン&餃子でした。ぜひまた行きたい!

* *

餃子のニンニクが少々気になったので、途中のコンビニでブレスケアを購入してw、フラワーパークへと向かいました…。

以前から気になっていた羽生PA「鬼平江戸処」

東北道の羽生PAに作られた、江戸時代は鬼平犯科帳の世界をモチーフにしたというコンセプトの「鬼平江戸処」。以前から気になっていたのですが、東北道を利用する機会が全くないため、これまで訪れたことがありませんでした。

f:id:OKP:20160511003116j:plain

フラワーパークを出る際、「そういえば…」という話になって、夕飯がてら立ち寄ってみることにしました。
本当は日本橋の「玉ひで」が手掛ける「五鉄」(小説「鬼平犯科帳」に登場するまんまの店名ですね)で「しゃも鍋」を食べたかったのですが、残念ながら到着した時間はぎりぎりラストオーダーを過ぎていました。ガックシ。

f:id:OKP:20160511003120j:plain

ということで、こちらもラストオーダーは過ぎていましたが、お持ち帰りのお弁当を販売していたうなぎ「忠八」で鰻丼のお弁当を購入。このお店の名前ってやっぱり「うさ忠」(同心の木村忠吾)がモチーフなのでしょうか?

f:id:OKP:20160511003117j:plain

注文したのはお弁当ですが、すぐに食べる旨を伝えたら、お吸い物やお新香などもちゃんと付けてくれました。これはありがたい。

f:id:OKP:20160511003119j:plain

お弁当なので鰻表面のたれは控えめ。別に付けてくれたたれをかけて丁度いい感じです。ふっくら蒸し上げてから、丁寧に焼かれた江戸前スタイルの鰻丼で、これで1600円なら充分満足です。

f:id:OKP:20160511003118j:plain

鬼平江戸処の建物。それほど大きい施設ではありませんが、外観などとても凝っていて面白い。週末には混み合いそうな気もしますが、また機会があったら立ち寄ってみたいですね。次こそ「五鉄」で(笑)

f:id:OKP:20160511003115j:plainf:id:OKP:20160511003114j:plain

お土産コーナーで冷凍の「宇都宮餃子」を買って、帰りは首都高経由で帰路に付きました。道さえ空いていれば、圏央道よりもスムーズかもしれませんね。

合本 鬼平犯科帳(一)?(二十四)【文春e-Books】

合本 鬼平犯科帳(一)?(二十四)【文春e-Books】

今週のお題「ゴールデンウィーク2016」