読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

史跡巡りから暗渠探しまで… ポケモンGOとカメラを片手に楽しむ街歩き

ここひと月ほど、かなり力を入れて私の住む府中市の街歩きを紹介している当ブログ。今や街歩きといえばアレですよね… そう、ポケモンGO(笑) ということで、今話題の「Pokémon GO」を無理矢理絡めた街歩きのススメについて。

みなさんも、次の週末は府中においでませ!(なおレアポケモンは出ない模様?)

府中市内の歴史スポットの多くがポケストップになってる!?

これまでの記事と重複するので細かいことは書きませんが、私の住む東京都府中市には古くからの歴史スポットが街のいたる所に残されています。
古墳時代から江戸時代まで、市内を掘り起こせばそこかしこから遺構が飛び出しす街(大袈裟でなく本当に)それが府中市です。

f:id:OKP:20160725221401j:plain

さて、ポケモンGOでプレイヤー(トレーナー)がアイテムを入手するポケストップは、開発元の同じゲーム「Ingress」のポータルが元になっているそうです。つまり、Ingressのポータルとして承認されやすかった歴史的な建築物や記念碑、寺社仏閣の多くがポケストップになっているのです。

そのような前提もあり、駅周辺や中心地以外の住宅地まで広く歴史スポットの溢れている府中市は、満遍なくポケストップが設置された街となっているのです。こちらのポケストップGOで市内を表示するとこんな感じ。

f:id:OKP:20160725231609p:plain

先日このブログで紹介した市内の古墳群や廃線跡も、ちゃんとポケストップとして登録されています。ってことは、古墳巡り、史跡巡りでポケモンGOが楽しめる!?

もちろん都心部に行けば、もっとポケストップの充実したエリアや大きな公園はありますし、同じ首都圏でも川越や鎌倉などの古都の街の方が歴史スポットだって充実しているでしょう。
ただ、私が先週末に多摩や神奈川県の郊外エリアを車で走って見た限りでは(助手席からね)、このように駅前から離れた住宅地までくまなくポケスポットの充実したエリアはってなかなか他には見当たりません。

* *

下のキャプチャーの左は私の実家がある相模原市の住宅地。あえて閑散とした場所を選んでますが、人口密度の高い駅チカのエリアです…。幹線道路である国道16号線沿いでも、こんなポケスポット不毛の地があるのです。
一方、右は府中市のケヤキ通りから大國魂神社方面、丁度冒頭に貼った写真と同じアングルで見た歴史スポット充実のエリア。市の中心部ではありますし、フェアな比較ではありませんが、政令市を相手にしてこの差は相当でしょう。

 

府中高札場(御旅所)、府中御殿井戸跡、武蔵国府跡… 当然これらのメジャースポット(?)は、全てポケストップになっています。 つい先日、街記事の取材で回った場所を、今度はポケモンを求めて歩くことになるとは…(笑)

f:id:OKP:20160725221405j:plain
f:id:OKP:20160725221402j:plain

できれば「御旅所」としてでなく、「府中高札場」で登録しておいて欲しかったかなぁ、なんて(笑)

 

「古墳でポケモン」もやってみたかったので一応。ドードーしか出ませんでしたけどね。

 

ポケストップの充実した遊歩道(緑道)でのんびりポケゴー散歩

そしてポケモンGOで街歩きをするときに嬉しいのが、市内の遊歩道(緑道)の充実。歩きスマホの危険性が問題になりがちなポケモンGOですが、歩行者&自転車専用道路である緑道上に、多くのポケストップが設置されているので(公園やモニュメント、石碑が多く設置されてることもあり)、比較的安心してポケストップ巡りを楽しむことができます。

f:id:OKP:20160720180558j:plain

ちなみに最近私がハマっているのが、カメラを片手にかつての水路や暗渠を探すこと。こんな感じの「いかにも」な道や水路跡を見つけては、スマホに保存した古地図と照らし合わせて写真をパチリ、といったなんとも地味な作業(笑)

 
 

しかし、これまたこのような古い水路の周囲には道標や石碑が多く、つまりはポケストップが充実。上の右上(2枚目)の写真は右側にお稲荷さんさんの赤い鳥居が写っていますが、ここも当然(?)ポケストップです。

右手にカメラ、左手にスマホで古地図とポケモンGOを切り替えながらのスタイル。

f:id:OKP:20160720220255j:plain

細い道を覗き込んでは住宅地で写真を撮るという、なんとも怪しい行動もポケモンGOを隠れ蓑にすれば全然大丈夫! …なんてことはないかもしれませんけどね。

ブログの記事にすらならなそうな地味なネタだけに、ポケモンや健康のためのウォーキングを合わせ技にすることで、もうしばらく続けることができそうです。

* *

ちなみに上で貼っている暗渠写真は、この辺りのエリアを歩いたときものもの。郷土の森博物館を拠点にして、先日記事にした下河原線の下河原駅付近や、近くの水路跡を探して歩いたときのものです。

f:id:OKP:20160726001742p:plain

郷土史の博物館である園内のポケストップ充実振りは兎も角として、南町付近は本当にタダの住宅地ですからね。

奥さんとポケモン調査に行った郷土の森博物館での昼食は、今回もラーメン屋「天下一」にて。600円のとんこつラーメンは醤油ラーメン同様に、ストレートな正統派のとんこつラーメン。それ以外に言葉はございません(美味しかったですよ)。

f:id:OKP:20160726012524j:plain

こんな私は街歩きの片手間(本当か?)にポケモンGOをやりつつ、現在レベル18。レアポケモンは未だ市内ではお目に掛かっておりません?

* *

そうそう、お約束ですがポケゴー散歩時にはモバイルバッテリーが必須。外出時間に併せて、登山や旅行でも使っている大容量のものか、数時間程度ならばスティックタイプの小型のバッテリーを携帯するようにしています。
スマホ2台持ちで、バッテリー切れしたらポケモンGOを起動するスマホを持ち替えるというのも、大人的な機材の無駄遣いで悪くありません(笑)

f:id:OKP:20160726140745j:plain

その他、長めのケーブルを使ってモバイルバッテリーは鞄の中にをしまっておくか… ショートケーブルでスマホとバッテリーを同時に持つか、前者はいかにも「ポケモンやってる感」見え見えなんですよね(笑)