読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

雨の土曜日、乃木坂「魚真」で旬の魚を食べてきた

最近は東京でも手軽に新鮮な全国の魚介類が食べられるお店が増えてきましたが、都心を中心に展開する「魚真」はその手の店の先駆けのひとつでしょうか。
魚真【TOP】

以前勤めていた、職場の近くにあった魚真の乃木坂店。いつも多くの会社員で賑わっていて、平日は飛び込みで入れないこともしばしば。会社を辞めてから、すっかり行く機会がなくなってしまったのですが、久々にかつての同僚たちから誘われて、秋雨の降る中出掛けてきました。

f:id:OKP:20160925174653j:plain

土曜日ということもあって、平日よりはやや落ち着いた店内。それでも付近に住んでいると思われる(?)外国人客を中心に、次々にお客さんがやってきていました。

この魚真は嬉しいことにお通しのシステムがありません。ビールで乾杯しつつ、早速誰かが頼んだあん肝にいくらおろしがやってきました。これは早々に日本酒に切り替える必要がありそうです(笑)

f:id:OKP:20160925174654j:plain

刺身の盛り合わせ。最近ではスーパーの鮮魚コーナーで売っていたり、都内で生しらすが食べられるのが当たり前になってきましたが、鮮魚流通の進歩には驚きます。

f:id:OKP:20160925174655j:plain

大きなのどぐろは煮付けにして出して貰いました。中サイズで2590円とそれなりのお値段ですが、のどぐろは圧倒的に正義!

f:id:OKP:20160925174656j:plain

まさかこんなにすぐ、のどぐろさんに再開できるなんて!

メゴチとマイタケの天ぷら。キス釣りの外道としてお馴染みですが、実はキスよりも美味い(と私は思う)メゴチ。そのままマゴチ釣りの餌にしては勿体ない!?(笑)

f:id:OKP:20160925174657j:plain

鱈としじみのバター蒸し。巨大なシジミと鱈の出汁がたっぷり出たスープが絶品です。秋らしく銀杏入り(そういれば焼き銀杏も誰か頼んでましたね)。

f:id:OKP:20160925174658j:plain

仕入れ状況で変わるこの日のおすすめメニューはこんな感じ。東京ミッドタウンから歩いて5分という立地にしては、結構リーズバブルな価格設定だと思います。

f:id:OKP:20160925174659j:plain

2時間制ということもありますし、このメニューならば二杯目から日本酒に切り替え。「金戎」「雁木」「楯野川」「獺祭」の順で頂きました。いつもはビールばかりですが、たまには日本酒中心というのも悪くないものです。

f:id:OKP:20160925174700j:plain

女子たちが頼んでいた、大きな鮎の塩焼き。このタイミングで川魚に行くとは… いいんです、好きなものを食べましょう。もう落ち鮎の季節ですものね。

f:id:OKP:20160925174701j:plain

かなりお腹がいっぱいになってきたので、後半戦は芝海老の唐揚げをつまみつつ…。

f:id:OKP:20160925174702j:plain

普段、自宅で1人作業をしていることばかりなので、偶に大人数で飲むのは楽しいものです。これからも定期的に楽しいお酒が飲めるよう、主夫業と仕事を美味いこと両立させて行きたいものです。

今回の写真は全てiPhone7で撮ったもの。iPhone6から特別大きく進化しているようには感じませんし、ピントを外れた周辺部の塗り絵っぽい処理がやや少々気になるものの、必要十分な実力があることは間違いありません。シャッター音ミュートの裏技(?)が使えてるうちは、iPhone7で飯写真を撮りまくっていこうと思います。

* *

さて、この魚真には以前よりよく来ていたので、このブログでも書いてるかな?と思ったのですが、どうやら一度も記事にはしてなかったみたい。あまりブログに熱心でなかった時期というのもありますが、会社に近い場所の記述や同僚との食事などは、滅多に記事にしてなかったんですよね。まあ、賢明な判断だと思います(笑)

3年前の日記。「以前都内の鮮魚店で食べて」というのが魚真のことだと思います(笑) 何もそこまで隠さんでも…。

「もう会社辞めるぞー」となった辺りから、遠慮せずに元職場近所の飯日記を書くようになったみたいでしょうか。ラーメンばかりですけども。