読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

Eye-Fiカードが使えなくなってしまったので「eyefi Mobi」に切り替えてみました

カメラ/写真 モバイル/ガジェット

2016年9月16日を持って無線LAN内蔵SDカードの先駆けであった、Eye-Fiカード旧製品(X2シリーズ以前)のサービスが終了となりました(アイファイジャパンの解散、国内でのEyefiライセンスの他社引き継ぎなどについては、記事後半で触れます)。
旧製品のサービス終了について | Eyefi Japan

旧製品用のサーバーが閉鎖されたことで、PCアプリのEye-Fi Centerをインストールしていたとしても以後は写真の無線転送は使用不可となってしまいました(ダイレクトモードに設定済みなら限定的に使用可能)。
以下のアプリでパソコンに転送するのみの機能(ダイレクトモードと同一でしょうか)を設定することは可能なようですが、私の環境ではまだ試しておりません。
Download Eye-Fi X2 Utility – X2 Migration

愛用してたX2カードもただのSDカードに…

私も古い「Connect X2」「Pro X2」カードを長年使用しておりました。最近はデジカメ本体にWi-Fiが内蔵されていることは当たり前ですが、撮った側から次々にPCへ写真を自動転送してくれるEye-Fiの使い勝手の良さはそれとは別物。
特に自宅での食卓写真やブログ用の製品写真、ブツ撮りなどでは、他に変わるもののない製品として大いに活躍してくれました(送るのはサイズの小さなJPEGのみという割り切った使い方です)。

f:id:OKP:20130820003646j:plain

サービス終了のアナウンスは以前より把握はしていたのですが「ギリギリまで使ってやる…」と思っていたら、今月半ばから突然PCに写真が届かなくなってしまい「いよいよ終わってしまったのか…」と。
それからは手動でSDカードを差し替えながら、作業しておりましたがやっぱりEye-Fiの快適さは捨てがたいものがあります。

「eyefi mobiカード」を使えばいいのかな?

となると、やはり後継製品である「eyefi mobiカード」を使うことになるのでしょうか…? 調べてみると「eyefi mobi PRO」と「eyefi mobi」の2種類があるようです。
Eyefi (アイファイ)カード比較表 - MobiとPro X2カード | Eyefi Japan

自宅のWi-Fiを利用した転送に対応しているのは「eyefi mobi PRO」の方。「eyefi mobi」はスマホやPCにダイレクトに写真を送る機能しかありません。その他、クラウドサービスの「Eyefiクラウド」の利用などもあるのですが、私は使わないので割愛します。

ただし、Eyefiカードを国内販売していたアイファイジャパンは、既に解散済ということもあり(後述)、恐らくeyefi mobiカードは市場に残る在庫(又は並行品)を頼ることになりそうです。価格の方もPROなどはプレミア(?)が付いてしまっているのか、かなり不安定な様子。
しばらく悩んでいたのですが「そういえばeyefi mobiって昔買ったことあったな」と思い出しました。まだ旧パッケージで、表記も「Eye-Fi mobi」だった頃のもの。

当時はX2 Proカードと同じスマホで併用することができなかったりと制限もあって、Wi-FiのないオリンパスTG-850などで限定的に使っていた程度。TG-850を手放した後は、完全に出番がなくなっていました。
現行のeyefi mobiカードとは全くパッケージが違うので、てっきり別世代のカードかと思っていましたが、どうやら性能・機能は同様のものだそうです。
Eyefi(アイファイ)カード - 新しいEyefiブランドについて | Eyefi Japan

eyefi mobiカードからパソコンへダイレクト転送の設定をしてみる

私がeyefi mobiカードを買った当時は、まだスマホ用のアプリしか存在せず、PCとのダイレクト接続機能やPC用アプリはありませんでいた。ということで、公式サイトから「Eyefi Mobiデスクトップアプリ」をDL。私の場合はMac OS X用になります。
Eyefi(アイファイ)カード - 無料アプリ・ソフトのダウンロード | Eyefi Japan

アプリをインストールすると、eyefi mobiカードのアクティベート画面になるので、購入時に付いてきたアクティベーションコードを入力します。なくさずに取ってあったのは奇跡!(笑)

f:id:OKP:20160926182117p:plain

コードを入力するとeyefi mobiカードを入れたカメラで写真を撮ることを促されます。自宅用カメラのペンタックスK-S1にカードを差してパシャリ。

f:id:OKP:20160926182118p:plain

パソコン側がWi-Fiを自動的に切り替え、カメラに挿入されたeyefi mobiカードに接続。撮った写真が無事転送されてきたら設定は完了です。

f:id:OKP:20160926182120p:plain

eyefi mobiカードで写真を撮ると…

さて、eyefi mobiカードが入っカメラで写真を撮ると、eyefi mobiカードのWi-Fiがオンになりアクセスポイントとなります。
自動的にPC側のWi-Fiが自宅の無線LANからeyefi mobiに切り替わり(アドホックモードになってるのでしょうかね)、画像の転送がスタート。当然この間はPCとカメラが直接繋がっているのでインターネット接続は行えなくなります。

f:id:OKP:20160926182116j:plain

転送が終了するとeyefi mobiのWi-Fiが切れるので、アクセスポイントは元の自宅Wi-Fiに戻ります。基本的に写真を撮っている最中、直後にPC操作をすることは少ないので、一時的にネット回線が切れてしまうことについてもさほど影響なさそうです。

また、以前の無線LAN経由のアップロードは写真が転送されるタイミングがまちまちで、なかなかすぐに届かないこともありましたが、eyefi mobiとPCのダイレクト接続の場合、すぐに接続→送信が始まるようです。

広告



東芝とRICに引き継がれた(?)Eyefiの今後など…

さて、Eyefi Mobiカードの入手は現在もAmazonなどで可能ですが、これまでEyefiを国内販売していたアイファイジャパンは既に解散となっているので、同製品の出荷は終了している状態です。

Eyefiブランドが消える訳ではなく、東芝がライセンスを引き継いだだことで(EyefiクラウドはRicoh Innovations Corporationが取得)、今後は無線LANカード「FlashAir」にEyefi機能が追加されるとのこと。詳しいことは私自身よく分かっていませんので、以下の記事などでご確認ください。

FlashAirへのEyefi機能追加というのも、新製品として対応するものなのか、現行の第3世代(W-03)や第2世代(W-02)へのファームアップで対応できるのも分かりません。私もW-02のFlashAirを2枚程使っていますが、さすがに旧製品への対応は望み薄でしょうか…(笑)