I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

登山に欠かせないサポートタイツC3fitの「Impact Air Long Tights」を買ってみた【夏用】


広告

登山の際に足をサポートしてくれる、コンプレッションタイツ(着圧タイル)。登山を始めてから、CW-Xの下位モデルやモンベルのサポーテックタイツなどを履いていましたが、なかなかしっくりきませんでした。
そんなとき、登山ショップで複数のサポートタイツを試着して一番しっくりきたのがC3fitの「エレメントロングタイツ」でした。

登山にオススメ!もっと遠くへ、もっとラクに。C3fit エレメントロングタイツ | ハイパフォーマンスのスポーツウエアC3fit
f:id:OKP:20161116214503p:plain

このC3fitを履くようになってから、膝の疲れや1日の後半に感じていた股の痛みなどが、明らかに軽減されれるようになりました。以後季節を問わず手放すことのできない大切な相棒になっています。

(シースリーフィット)C3fit エレメントロングタイツ 3F12122 [メンズ] K ブラック M

(シースリーフィット)C3fit エレメントロングタイツ 3F12122 [メンズ] K ブラック M

ただし、真夏や低山では長時間履いていると汗で肌に張り付く感じがあり、もう少し薄手のタイツがあればなあ…とも考えていました。

夏用に薄手のサポートタイツが欲しかった!

同じC3fitからドライメッシュ素材の「インパクトエアーロングタイツ」という軽量・薄手のモデルが出ていて、それを狙っていたのですが、価格に躊躇しているうちに季節は秋…。なんて思っていたら、Amazonで現在開催中のファッションアイテム20%OFFセールの対象になっているのを見つけて「これは来年用にゲットだぜ!」とポチ。

早速届いた「インパクトエアーロングタイツ」。季節は既に晩秋ですし、フィールドでの出番はまだまだ先になりますが、試し履きしてサポートや素材感をチェックしてみました。

f:id:OKP:20161116214033j:plain

通気性に優れたドライメッシュ素材とのことですが、手触りは「エレメントロングタイツ」に比べてもゴワゴワというかパサパサした感じ。
腰回りにフロントファスナーのあったエレメント(写真左)と違ってインパクトは前閉じ型(右)。素材が明らかに薄くなってることの他、持ち比べてみるとかなり重量が軽くなっていることが分かります。

f:id:OKP:20161116214034j:plain

履いてしまうと手触りのパサパサ感の割には、さほど違和感がありません。実際、手に比べたら足の皮膚の感覚なんてそんなものかもしれませんね。やはり生地は明らかに薄くなっていて、股のあたり若干肌が透けて見えるのが分かるでしょうか。

f:id:OKP:20161116214035j:plain

気になるサポート力はエレメントより若干強いかな?といった程度。本来の「インパクト」はC3fitの中では最もホールドに重きを置いたタイプのようですが、「インパクト“エアー”」だからなのか(?)、素材の薄さ、軽さもあってかエレメントと比較してもそこまで窮屈に感じることはありません。これならエレメントと季節で使い分けても、違和感なく歩くことができそうです。

C3fitを買うと付いてくる専用袋。そういえばエレメントにも付いていましたが、全く使わないのでいつの間に何処かに行ってしまいました(笑)

f:id:OKP:20161116214036j:plain

…といった感じで実際にフィールドで履いた訳じゃないので、使用感などをレビューすることはできませんが、ひとまず現在履いているエレメントと履き比べた限りでは、悪い買い物じゃないそうです。欲しかったものなので、お得なセールのタイミングで手に入れることができて良かったです。

価格は通常価格(20%OFF)にさらにクーポンコードで+20%OFFになって、9000円ちょいといった所。Amazonプライム会員のみが対象の先行セール(11月17日、10:59まで)ですが、既にサイズも限られてしまっているようです。うちの奥さんも迷っていたみたいだけど、結局どうしたのかな?

関連記事