読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

「昭和記念公園」以外にもある多摩エリアのおすすめ紅葉スポット

11月後半ともなれば、東京都内の紅葉もいよいよ本番。奥多摩方面から下りてきた紅葉も、多摩地区から23区エリアの様々なスポットで楽しめるようになる頃でしょう。

f:id:OKP:20161121145417j:plain

多摩エリアの紅葉記事をまとめてみた

昨日の日記で取り上げた「国営昭和記念公園」は、広大な敷地の各所で紅葉・黄葉が楽しめる、多摩地区屈指の紅葉スポットですが、他にもまだまだこのエリアには大小様々な紅葉スポットが存在します。私自身、そこまで積極的に多摩エリアの紅葉スポットを回ってきた訳ではありませんが、いつの間に本ブログにも「多摩紅葉」の記事が増えてきたので、ひとつの記事にまとめてみることにしました。

f:id:OKP:20161121145418j:plain

今後、新たに訪れた紅葉スポットの記事も、本記事に追記していく予定です。

目次

①「国営昭和記念公園」(立川市・昭島市)

まずは、やはりここ。立川市だけでなくお隣の昭島市にもまたがる、165ヘクタールの広大な公営公園「国営昭和記念公園」。春から秋にかけて多くの花が楽しめる人気の公園ですが、11月に入っての紅葉、そして銀杏並木の黄葉の美しさは格別です。意外と知られていませんが(?)、晴れていれば園内から富士山を望むこともできます。

f:id:OKP:20161121145416j:plain

公式サイト/アクセス

国営昭和記念公園公式ホームページ | 日本を代表する国営公園 「花」「緑」イベント満載の都会のオアシス

JR「立川駅」より徒歩10分、又はJR「西立川駅」なら目の前。有料駐車場あり。


当ブログでの記事

つい最近訪れたばかりの書き立てホヤホヤ記事。正に今が今年の紅葉の見ごろです。大きく天候が崩れなければ、今週いっぱいは、イチョウの黄色い絨毯と、赤やオレンジの紅葉を楽しむことができそうです。

昨年はもう少し早い、11月初旬に訪れていました。買ったばかりの超広角レンズを持て余しながらも、楽しい紅葉散歩でした(2015年)。

上の記事と同じ日に、別のコンパクトデジタルカメラを使って撮った写真をまとめた記事。ロケーションが素晴らしいので、スマホやコンデジでも十分に美しい紅葉写真を撮ることができるのです(2015年)。

②「甲州街道のイチョウ並木」③「高尾山」(八王子市)

甲州街道(国道20号線)沿いの追分町交差点から高尾駅前まで、約4kmに渡るイチョウ並木です。大正天皇の墓所である「多摩御陵」が作られた際に伴い、宮内庁によって植えられたものだそうです。これだけの長い銀杏並木、ギンナン集めも余裕です(笑)

f:id:OKP:20161121145412j:plain

また、近くの高尾山も紅葉スポットとしてはお馴染みの場所。標高が低いこともあって、紅葉シーズンは比較的多摩エリアに近く、山麓である高尾山口から中腹の薬王院、山頂まで様々な山の紅葉が楽しむことができます。

f:id:OKP:20161121145411j:plain

当ブログでの記事

中野にあるカメラ屋にて新しいレンズを手に入れた勢いで、そのまま中央線に乗って西八王子まで行って撮ったときのもの。京王線の「高尾山口駅」まで歩いて、駅周辺の紅葉も多少楽しむことができました(2015年)。

④「高幡不動尊(金剛寺)」(日野市)

正しくは「高幡山明王院金剛寺」の名前を持つそうですが、京王線の駅名にもなっている「高幡不動(尊)」の通称でお馴染みのお寺。多摩出身で知られる新撰組副長、土方歳三の菩提寺であることから、歴史ファンも多く訪れる人気スポットです。
春のアジサイや秋の紅葉も有名で、境内から山の中までのライトアップは写真ファンならぜひ挑戦したい題材かもしれません。

f:id:OKP:20161121145414j:plain

公式サイト/アクセス

高幡不動尊金剛寺 | 関東三大不動、真言宗智山派別格本山「高幡不動尊金剛寺」。新選組土方歳三の菩提寺。

京王線「高幡不動駅」より徒歩5分。新年などの繁忙期以外ならば、無料で停められる専用駐車場(本来は祈祷用)あり。


当ブログでの記事

12月初旬の高幡不動尊の紅葉。午後の明るい時間帯と、日没後のライトアップをそれぞれ記事にしています。曇り空での撮影でしたが、夕日の差す時間帯には、赤やオレンジの紅葉が完全に飽和してしまったほど(2015年)。


⑤「京王百草園」(日野市)

京王線の「百草園駅」から徒歩10分弱の庭園「京王百草園」。名前の通り所有は京王電鉄です。山の斜面に作られた日本庭園で、春は梅の名所としても知られた場所になります。
10分もあれば一周できてしまいそうな、こぢんまりとした庭園ですが、茅葺屋根の庵や日本家屋の茶室など、趣のある落ち着いた空間が広がっています。小高い多摩丘陵の上にあるため、天気が良ければ都心方面から遠く筑波山、富士山なども望むことができます。

f:id:OKP:20161121145415j:plain

公式サイト/アクセス

京王百草園|京王グループ

京王線「百草園」から徒歩10分。駐車場はなく百草園駅前のコインパーキングも台数が少ないので、電車の利用がおすすめ。


当ブログでの記事

丁度、今時期11月後半に訪れたときのもの。平日ということもあって、もの凄い穴場感がありました。お蕎麦と甘酒も美味しかったです。

⑥「府中郷土の森博物館」(府中市)

紅葉スポットとしては特別有名な訳ではありませんが、私の住む府中市の野外博物館「府中郷土の森博物館」も、一年を通じて様々な植物を楽しむことができる緑地です。

f:id:OKP:20161121160801j:plain

公式サイト/アクセス

府中市郷土の森博物館|公益財団法人府中文化振興財団

JR「府中本町駅」から徒歩20分、JR/京王線「分倍河原駅」から徒歩25分、または分倍河原駅より路線バス利用。無料駐車場あり。


当ブログでの記事

春の梅やアジサイでも有名な緑地ですが、梅雨時期にアジサイの写真を撮ったときのように、紅葉写真を雨の日に撮れないものか?と挑戦したときの記事です(2015年)。

今後気になっている多摩エリアの紅葉スポット

深大寺そばや神代植物公園でも有名な調布の深大寺。紅葉スポットという印象は薄かったですが、すけこむ氏のブログを見て気になってます。神代植物公園でも紅葉は楽しめそう?