I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

キャプチャープロでPEN Liteを使うためにMICROプレート「PL-M1」を買ったのですが…


広告

b-grip UNOに続いて数ヶ月前から使い始めたカメラクリップ(カメラホルスター/バックパックホルスター)のPeak Design「Capture PRO Camera Clip」。

f:id:OKP:20161005141800j:plain

本体がコンパクトでスタイリッシュなこともあり、近場のカメラ散歩やタウンユースではb-grip UNOよりも、もっぱらこちらの出番が多くなっています。
ザックにカメラを装着:Peak Design「Capture PRO Camera Clip」を買いました - I AM A DOG

PEN Lite用にコンパクトなプレートをゲット

私が買ったCapture PROは附属のプレートが一番大きなモデルということもあり、E-M1やK-S2で使う分にはいいのですが、ボディサイズのコンパクトなPEN Lite E-PL7に装着するとこの通りデカい…。しかもバッテリー/SDカードの蓋を塞いでしまいます。

f:id:OKP:20161215225542j:plain

そこで、別売りの小型プレート「MICROプレートforキャプチャー PL-M1」を買ってみました。Amazonで2,891円… 結構お高いんですね。

Peak Design MICROプレートforキャプチャー PL-M1

Peak Design MICROプレートforキャプチャー PL-M1

MICROの名の通り、コンデジや小型ミラーレスカメラの携行に適したプレートです。Capture PROに附属していた「PROプレート PL-PP-1」と比較するとこのサイズ差。

f:id:OKP:20161215225538j:plain

PROプレートは縦横方向から本体に装着できる使用でしたが、MICROプレートはあくまで縦(横?)の片方向のみしか対応していません。

f:id:OKP:20161215225541j:plain
f:id:OKP:20161215225540j:plain

PEN Lite E-PL7との愛用はもしかしてイマイチ?

早速E-PL7に取り付けてみました。はい、これなら電池蓋にも鑑賞しません!

f:id:OKP:20161215225536j:plain

しかし、そもそもE-PL7の三脚穴位置がかなり手前寄り(レンズ寄り)にあるのでプレートの1/3位がはみ出してしまっています。

f:id:OKP:20161215225543j:plain
f:id:OKP:20161215225547j:plain

三脚使用時のチルト液晶可動を考慮したものなのか、内部設計の鑑賞故かは分かりませんが、E-PL7はなんでこんな位置に三脚穴を作ってしまったのでしょうね。

f:id:OKP:20161215225545j:plain

前モデルであるE-PL6の三脚穴はどうなってたっけ?とGoogleで画像検索してみたら、このブログの写真が引っ掛かりました。いいブログだ!(笑) どうやらE-PL6の三脚穴はE-PL7に比べてボディの中心寄りに付いていたようです。

後継機の噂もありますがE-PL6から「PEN Lite E-PL7」に買い換えました - I AM A DOG

f:id:OKP:20161217130401j:plain

個人的にレンズの光軸と三脚穴位置はそれほど気にしないので(PENのようなスナップカメラなら尚更)、E-PL7での仕様変更は今更気付いた改悪と言えるかもしれません。

E-PL7にPL-M1はネジが緩みやすい?

そして、さらにMICROプレートによる接地面の減少と三脚穴位置のダブルパンチで、プレート固定に必要な摩擦が足りないのか、簡単な力でプレートが緩んでしまいます。コインでかなりキツく締め込んでも、手でプレートを回してみるとこの通り… ここまで動いてしまうと、かなりネジが緩くなり一気に落下の恐れが増します。

f:id:OKP:20161215225544j:plain

OM-D E-M1でも試してみましたが、接地面はそれなりに確保されてるものの、力を入れてプレートを回してみるとやはり緩むことがあるのでやはり恐い。ちなみに、PROプレートを使った場合は問題なく固定されます。

f:id:OKP:20161215225548j:plain

K-S2の底面だとガッチリ止まるんですけどね。見るからに滑りにくそうな樹脂パーツですし、接地面積だけでなくプレート側の素材との相性などもあるのかもしれません。

f:id:OKP:20161215225546j:plain

さて、どうする?

…といった感じで、買ってはみたものの実戦投入はかなり恐る恐るになりそうなMICROプレート。現時点ではE-PL7ユーザーには安心してオススメできるものではありませんが、しばらくの間注意しながら使ってみて、解決策やその他の活用方についても考えてみたいと思います。

f:id:OKP:20161215225537j:plain

さて、現在気になっているのがこちらのCOWEENなる、見るからにCaptureのパクリ品。2,000円という驚きの価格で、レビューを見たりTwitterで聞いた話によると、Captureとプレートの互換性がありそうな気配(pdのスタンダードプレートに似た形状ですね)。
Captureの交換プレート1個よりも安い価格ですし、これは人柱行ってみるべきか?

Peak Design キャプチャープロカメラクリップwith PROプレート CP-2

Peak Design キャプチャープロカメラクリップwith PROプレート CP-2