読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

MAMMUT (マムート)「ROCK COURIER SE 20L」(SEON COURIER) は仕事&街歩きに丁度いいザック

昨年の誕生日にマムート(MAMMUT)のザック(バックパック/リュックサック)である「ROCK PRO SE 28L」を貰った私。仕事から旅行まで大活躍のお気に入りザックで、先日の道東旅行でも網走観光から雪降る知床トレッキングまで安心して使うことができました。

f:id:OKP:20170220151715j:plain

これまで5kgの米袋を2度も運んだり(突然貰った…)、旅行ではお土産をはち切れんばかりに詰め込んだりと無茶な使い方もしてますが、見た目以上の収納力と大きな口からなんでも突っ込んでしまえるクライミング仕様のタフさが嬉しいザックです。

しかし、ROCK PRO SEは正直言ってしまうと、タウンユースの普段使いにはややサイズ的にオーバースペック気味。先の記事では雨蓋を収納して薄く畳む使い方も紹介していますが、本体の長さだけは縮まらないので、電車の網棚では縦にすると1/3近くがはみ出してしまいますし、座席に座る際も縦に足の上に乗せると、結構な部分が膝から前にはみ出してしまいます…。

f:id:OKP:20170306215519j:plain

そこで、今回ROCK PRO SEよりも一回り小さい、20LサイズのMAMMUT「ROCK COURIER SE 20L」を荷物の少ないとき、主に都内での仕事用リュックとして買ってみました(追記:現在は名称変更で「SEON COURIER SE 20L」となっているようです)。

早速、ちょっとした外出や仕事に持ちだしてみましたが、背負い心地はこれまでのROCK PRO SEと比べても違和感がありませんし、なかなかによい感じ! それでは今回も写真多めで、このザックについて紹介していきましょう。

MAMMUT / ROCK COURIER SE 20L

「ROCK COURIER SE 20L」はROCK PRO SEの弟分のようなザックで、ヒップベルト(ウエストベルト)もなくガチのアウトドアユースというよりは、カジュアル〜通勤用途を意識したモデル。「COURIER(クーリエ)」は「飛脚」とか「メッセンジャー」を意味する言葉なので「メッセンジャー用バックパック」といったイメージでしょうか?

f:id:OKP:20170306215522j:plain

ヒップベルトはないものの、取り外しできるチェストベルト付き。チェストベルトは4段階で高さを変更できることもできます。20Lサイズのザックですし、トレッキングに使うのでなければ、十分な仕様でしょう。むしろ電車に乗るときなどは、ヒップベルトが周囲の邪魔にならないよう気を使うこともありますしね。

f:id:OKP:20170306215523j:plain
f:id:OKP:20170306215524j:plain

表地の大部分はROCK PRO SE同様に600D(デニール)ポリエステルのターポリン素材。防水という訳ではありませんが、軽い雨程度ならば気にせずに使えそうです。ただし、底やサイドの一部はナイロン(?)布地となっているので、濡れた地面に置く際は気を付けた方がいいでしょう。

f:id:OKP:20170306215521j:plain

背中が当たる背面部にはちゃんとクッションが入っています。ただし、ROCK PRO SEのようなメッシュ仕様ではありませんので、汗をかく用途向きではありませんね。

f:id:OKP:20170306215534j:plain

マムートではこのROCK COURIER SEの他、同型でよりカジュアルなテイストの「XERON COURIER」もラインナップされています(20Lサイズと25Lサイズがあります)。こちらは表地がターポリンでなく、もう少し布っぽい素材です。

[マムート] バックパック Xeron Courier 20L black

[マムート] バックパック Xeron Courier 20L black

[マムート] バックパック Xeron Courier 25L dark chill

[マムート] バックパック Xeron Courier 25L dark chill

広告



ロールトップ式のメインコンパートメント

ROCK COURIER SE(XERON COURIERも同様)の一番の特徴はロールトップ式になっているメインコンパートメント部。広げるとご覧の通りとても大きな開口部。広げた口のすぐ内側には小物を収納できるメッシュポケットがあります。

f:id:OKP:20170306215525j:plain

蓋を閉じるにはクルクルっと折りたたんで…

f:id:OKP:20170306215527j:plain

両サイドのベルトを閉めてロックします。やや特殊な開閉システムなので、慣れるまでは少し面倒かもしれませんが、財布など頻繁に出し入れする荷物を入れるスペースは別に用意されているので問題ありません。

f:id:OKP:20170306215528j:plain

ロールトップはフルに閉めるだけでなく巻き回数を減らすことで、荷物の収納量を増やすことも可能です。これは一回り少なく巻いた状態(メインコンパートメントには、荷物として小さめのクッションを入れてあります)。

f:id:OKP:20170306215530j:plain
f:id:OKP:20170306215531j:plain

個別にアクセスできるPCスペースが便利!

そしてメインコンパートメントとは別に独立してアクセスできる背中側のチャック。ここは、ノートPCやタブレットを入れることができるスペースとなっています。
仕事で持ち歩くことの多い11インチのMacBook Airならこの通り余裕のスカスカ。13インチのノートPCも余裕を持って入れることができました。

f:id:OKP:20170306215533j:plain

もちろん内側には緩衝材が入っているのでノートPCをそのまま突っ込んでも安心。更に、タブレットなどを収納できるポケットも用意されています。写真は13インチのノートPCと7.9インチのiPad mini。この感じなら、9.7インチのiPadでも問題なく入るでしょう。

f:id:OKP:20170307113532j:plain

財布や書籍、Kindle端末などを突っ込めるフロントポケット

ベルクロ式の蓋が付いているフロントポケットは、さらに内側にチャックの付いた浅いポケット付き。浅いポケットには財布やKindle端末など、メインのポケットにはタブレットや書籍(B5版まで)を突っ込むことが可能です。キーストラップには家の鍵など付けておくと何処にしまったか探すこともありません。

f:id:OKP:20170306215538j:plain
f:id:OKP:20170307113531j:plain

メインのポケットには9.7インチサイズのタブレットも入りますが、ザックの表側で緩衝材がないので乱暴に地面に置くような使い方は注意しましょう。

f:id:OKP:20170307081312j:plain

やっぱりカメラバッグとしても使います

そしてもちろん(?)このザックもカメラバッグとして使う予定。ROCK PROより底面は狭くなっていますが、手持ちのインナーボックスは無理なく入れることができました。

f:id:OKP:20170307113533j:plain

今回はせっかくなのでETSUMIのタイプAサイズ(E-6159)を専用に買ってみました。ROCK COURIER SE 20Lの底面にピッタリかつ、E-M1 Mark IIに高倍率ズームの12-100mm F4.0レンズの組み合わせでも、横向きで入れられることができるインナーボックスです。

すっかり手放せなくなってしまったPeakDesignの「キャプチャープロカメラクリップ」は標準ボルトで装着可能。これはROCK PROでも使っているものなので、そろそろ2個目が欲しくなってきました。今度は「プロ」じゃない通常の「キャプチャー」でもいいかな?

f:id:OKP:20170307113534j:plain

ROCK COURIER SEは名称変更で「SEON COURIER SE」へ?

といった感じで紹介してきた「ROCK COURIER SE 20L」ですが、どうやらマムートのサイトからは既に消えていて、市場の在庫限りとなっているようです。しかし、同型で同じくターポリン素材の「SEON COURIER SE 20L」というモデルが2017年3月から販売されています(SEON COURIER SEには30Lモデルもあるようです)。
以前、マムートストアで聞いた話ですが、たしか日本企画商品だったROCK COURIER SEの評判が良かったため、スイス本社から改めて名称を変えて出る予定がある… みたいな経緯だったかと思います。それが、このSEON COURIER SEになるのでしょうか。

[マムート] バックパック Seon Courier SE 20L 1 black

[マムート] バックパック Seon Courier SE 20L 1 black

[マムート] バックパック Seon Courier 30L 1 black

[マムート] バックパック Seon Courier 30L 1 black

また、ターポリン素材でない同型の「XERON COURIER 20」及び「XERON COURIER 25」はSEON COURIER SEと併売されるようです。COURIER系のザックはアウトドア用というよりはタウンユースの色が強いですし(女性が持っても違和感ありませんね)、カジュアルやビジネス用途ならばXERON COURIERも悪くない選択肢だと思います。私は無骨な雰囲気のターポリンが好きだったので…(笑)

[マムート] バックパック Xeron Courier 20L black

[マムート] バックパック Xeron Courier 20L black

[マムート] バックパック Xeron Courier 25L seaweed

[マムート] バックパック Xeron Courier 25L seaweed

以上、新しく手に入れた「ROCK COURIER SE 20L」を見てきましたが、今後一回り大きな「ROCK PRO SE 28L」との使い分けは、荷物の増えそうな仕事や泊まりがけの旅行の際は、着替えなども余裕で入るROCK PRO SEで。ノートPCと財布とカメラだけあれば充分な、都内での仕事や打ち合わせにはROCK COURIER SEといった感じになりそうです。

f:id:OKP:20170307013150j:plain