I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

網走いくらと伊達のぎんで作る「自宅はらこ飯」


広告

f:id:OKP:20170320201956j:plain

2月の道東旅行の際、女満別空港にて道産のいくら(冷凍)をお土産に買ってきておりました。旅行中はかなりのいくら充で「しばらくいくらは大丈夫」という状態でしたが、それでもしばらく経てば絶対に北海道のいくらが恋しくなるはずだ…と。

そんな、冷凍庫で出番を待っていた網走いくらの出番が遂にやってきたのです!

f:id:OKP:20170322223142j:plain

食べ方はもう決まってます。以前から旅ブロガー(?)のロプロス(id:ropross)さんにブログやTwitterで何度も見せつけられてきた(被害妄想)「はらこ飯」。宮城県の郷土料理である、鮭の煮汁を使った炊き込みご飯のにイクラをまぶした、見るからに絶品料理です。

私のはらこ飯体験は以前仙台に行った際、駅弁のものを食べたきり。本場のものはほぼ体験してないのですが、ネットの英知を頼ればそれらしきレシピにたどり着くことができました。いくつかのレシピを参考にして、我が家でも再現してみました。

はらこ飯を作ろう

ネット上のはらこ飯レシピをいくつか見たところ、鮭の煮汁をすべて炊き込みご飯に使うもの、一部だけ使うものなどあったので、私はその中間ぐらいで作ってみました。正確な分量などは、他のレシピを見た方がいいかもしれません。

  • いくら:好きなだけ
  • 生鮭:切り身2枚
  • 醤油:大さじ1(鮭を煮る用)
  • みりん:大さじ1(鮭を煮る用)
  • 酒:大さじ1(鮭を煮る用)
  • 出汁:適量(鮭を煮る用)
  • 米:3合
  • 醤油:大さじ1
  • 淡口醤油:大さじ1/2
  • みりん:大さじ1.5
  • 出汁、鮭の煮汁、水:適量

使うのはもちらろん網走のいくら。冷凍ものですがこれまで北海道土産で買ったいくらは、ハズレがありません。空港の土産物店などで充分に平均点以上のものが手に入ります。

f:id:OKP:20170322223146j:plain

鮭ははらこ飯の本場、宮城県産の養殖銀ザケの「伊達のぎん」を使いました。普通に近所のスーパーで売ってるものです。はらこ飯は生鮭で作るのが基本のようですが、なければ塩鮭を使って塩気を控えるのもアリみたいです。

f:id:OKP:20170320190241j:plain

鮭を適当なサイズにそぎ切りします。サーモンの刺身が食べたくなりますね(笑)

f:id:OKP:20170320190946j:plain

生鮭の切り身を、だし汁にしょう油とみりん、酒で味を付けて煮ていきます。ここは身が硬くならない程度に軽く煮込む程度でいいでしょう。

f:id:OKP:20170320191351j:plain

出汁は取らずに鮭の煮汁だけでも充分なのかもしれませんが、その辺はお好みでいいと思います。煮汁に多少生臭さが出てしまうこともあるので、先に鮭に湯通しする作り方や、煮込む際に生姜を入れるレシピも見られました。

f:id:OKP:20170320191653j:plain

今回はご飯3合炊きで、出汁、濃口醤油、薄口醤油、みりんに先ほどの煮汁を足したもの(全部ではない)、そして水を加えて3合分の水加減です。一番上に煮た鮭の切り身を並べて、今回は炊飯器の炊き込みご飯モード(お焦げができるやつ)で炊きました。

f:id:OKP:20170320192602j:plain

炊きあがりました! たいてる最中からとてもいい香りが漂っていましたが、これだけでも充分に美味しそうな鮭の炊き込みご飯です!

f:id:OKP:20170320200825j:plain

鮭の身を取り出して、ご飯をかき混ぜて少し蒸らします。

f:id:OKP:20170320200951j:plain

あとは、器に炊き込みご飯をよそい、鮭の切り身を並べていくらをたっぷり散らせば完成! 見よう見まねではありますが、多分これで大丈夫ですよね?

f:id:OKP:20170320201921j:plain

はらこ飯が美味すぎて言葉を失う

いただきます。ご飯が山盛りですし、味噌汁とサラダがあれば充分でしょう。

f:id:OKP:20170320201812j:plain

いやこれ、ビックリする位美味しいです。焼き鮭を使った鮭いくら親子丼(そういえばサーモンのお刺身を使う親子丼は家ではやりません)はたまに食べますが、ロプロスさんのツイートにある通り、同じ材料ながら完全に上位版。白いご飯も酢飯もいくらに合うと思ってましたが、鮭の煮汁で炊いたご飯と、具材のマッチングは言葉を失うレベルです。

f:id:OKP:20170327110305j:plain

薬味なども多少用意していましたが、個人的にはこのまま食べるのが一番美味しいと思いましたし、正直これ以上は必要ない(笑)

いつもの親子丼も食べてました

実は、このはらこ飯を作る数日前に、いつもの鮭いくら丼(親子丼)も食べておりました。この日は夫婦で新宿にライブを見にいってまして、帰ってきて簡単に作れるものと、ご飯の予約といくらの解凍をしておいたのでした。

f:id:OKP:20170322224248j:plain

親子丼に味噌汁だけ。炊きたてのご飯にいくらを乗せただけでご馳走になるなんて、これはこれで素晴らしい。しかし、はらこ飯を食べてしまった今となってはもう…(笑)

f:id:OKP:20170322224312j:plain

次回いくらが手に入ったら(または筋子から作ったら)多少手間がかかっても、間違いなくはらこ飯を作ることでしょう。

[訳あり] OWARI 北海道産いくら醤油漬け(500g)

[訳あり] OWARI 北海道産いくら醤油漬け(500g)

「別腹こ飯」を開発してみた?

さて、ご飯を3合も炊いてしまったので、さすがに一度の夕飯ではかなり鮭の炊き込みご飯が余っております。当然、翌日のお弁当になる訳です。
しかし、お弁当にいくらを入れるのは気が引けますし、そもそも全て使い切ってしまいました(笑) そこで、「他人丼」(鶏肉以外を使った親子丼)からアイデアを頂いて、焼き明太子と鮭を並べた「別腹こ飯弁当」にしてみました…。

f:id:OKP:20170320224103j:plain

いえ、大したことないですけど、まあご飯が進むことは間違いないでしょう。

いくら関連記事