I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

Eye-Fi Mobiカードを使ってみました


スポンサーリンク

f:id:OKP:20130820155627j:plain

ダイレクトモード専用Eye-Fiカード

Eye-Fi Pro X2とEye-Fi Mobiカードを買ってみた
昨日の続き。お次はEye-Fi Mobiカードを使ってみます。こちらはスマートフォン(私の場合はiPhone 5になります)に直接写真を転送する、所謂「ダイレクトモード」という機能のみに特化したEye-Fiカードになります。
Eye-Fi Mobiカードの設定などついては「酔人日月抄」さんの所の「Q7でEye-Fi Mobiを使ってみる」という記事が非常に分かりやすいので、そちらを見て頂くのがよろしいかと思います(と丸投げ)。

Eye-Fiアプリ(iOS版)

f:id:OKP:20130820180028p:plain
f:id:OKP:20130820181411j:plain
Eye-Fi専用アプリ。既にEye-Fiアカウントを持っていても、新たにEye-Fi Mobiカードをペアリングする際にはそれを入力することはありません。本体に紐付けられたアクティベーションコード(カードのケース裏面に印刷されています)をスマートフォン側の専用アプリに入力することで登録完了です。
ちなみにアプリはEye-Fiアカウントでサインインすれば、Eye-Fi X2系カードを設定したり(ジオタグ等の設定もアプリ経由のブラウザで可能)、ダイレクトモードに切り替えて使うこともできるアプリですが、Eye-Fi Mobiカードと紐付けてしまうと、Eye-Fi Mobi専用のアプリとなってしまうようです。追加登録できるのも恐らく別のEye-Fi Mobiカードのみで、それ以外の種類のEye-Fiカードを併用して使うことはできないようですね(恐らく)。
ということで、他にも2枚のEye-Fiカードを使ってる自分は、iPhoneでは他のカードとやり取りできなくなってしまいました。ひとまず、iPhoneの方はEye-Fi Mobiと紐付けたままにして、Eye-FiアカウントでログインするのはiPadの方にしてみます。

対応カメラ

f:id:OKP:20130820155628j:plain
主にEye-Fi Mobiカードを使おうと思っているのは、RICOHのCX5です。以前、iPhone4のカメラ機能を補うために使っていたのですが、iPhone5を使い始めると同時に使わなくなってしまい、最近になってやや心境の変化があって、またコンデジを持ち歩くようになりました。
CX5にはEye-Fi連動機能が搭載されていますが、一昔前のコンデジということもあり、Eye-Fi接続のオン/オフがメニュー内にあるのと、接続先の確認、通信中にモニター上のアイコン表示で確認できる程度です。
f:id:OKP:20130820155625j:plain
一度カメラ(カード)とiPhoneが通信を開始してしまえば、撮っている傍から凄い勢いで写真が転送されていきます。正に転送中のカメラを使って通信中のiPhone画面を撮ろうとしても、AFを合わせている間に終わってしまう位の勢いです(笑)
頻繁に通信させるような使い方をしていると結構カメラのバッテリーを食ってしまうので、カメラ側のEye-Fi接続をこまめにオフにするのも良さそうですね。オフにしていた間の画像も、オンにした時点でまとめて送信されるので、先に必要のない写真など整理しておくと捗りますね。この辺りは、最近のオリンパスやペンタックスのカメラに搭載されてる、画像の選択転送機能が羨ましいです。(この機能、最新のQ7やK-50には搭載されていますが、自分の持っているK-01、K-50は非搭載です)
http://eyefi.co.jp/support/faq/pentax_cameras/
さて、こちらの動作対応表を見ると、K-01、K-30はEye-Fi X2 Mobiに対応となっていますが、試しにK-01に差してみたところ、iPhone側でカード(のWi-Fi)を認識しませんでした。何でだろう?
それはそれで、結構問題な気もしますが(苦笑)こちらの検証はまた時間のあるときにでもやってみます。 Connect X2カードはずっとK-30やK-01で使ってまして、こちらトラブルレスだったのですが…。

Eye-Fi Pro X2 16GB Class10

Eye-Fi Pro X2 16GB Class10

Eye-Fi Mobi 8GB

Eye-Fi Mobi 8GB

−−−
[追記]
アプリ(スマホ)とEye-Fi Mobiカードをアクティベーションしてしまうと、そのアプリではEye-Fi Mobiカードしか使えなくなってしまいそう、という記述。
自分がアプリの設定などを見た範囲では、そうとしか思えなかったのですが、勘違いしている可能性もありますし、別の方法でMobiカードとX2カード(のダイレクトモード)を同じアプリ(スマホ)で使う方法があるようでしたら、ご指摘頂けますとありがたいです。
ちなみに私の環境では、Eye-Fi Mobiを設定したiPhoneのアプリの設定画面は↓。
f:id:OKP:20130820233138p:plain
Eye-Fiアカウントでログイン(2枚のX2カードをペアリング中)したiPadのアプリの設定画面は↓です。
f:id:OKP:20130820233145p:plain
iPhoneの方は明らかに項目が少ない(Eye-Fi Mobiに必要なものだけ?)ですね。iPad側の「Eye-Fi Mobiカードを追加する」の先はアクティベーションコードを入力する画面になるので、そこから先に進むとEye-Fi Mobi専用のアプリへと切り替わってしまうのかな?と思っています。
恐らくiPhone側からプロファイルを削除してしまえば、再度以下の画面で起動されて、そこが分かれ道になるのかなーと?
f:id:OKP:20130820180028p:plain
不確実な情報ではありますが、ひとまずメモとして残しておきます。