I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

岩合光昭氏といったら「世界ネコ歩き」でお馴染みですが犬写真もいいですよ


スポンサーリンク

タイトルで殆ど言いたいこと言ってしまいました(笑)
f:id:OKP:20141206103015j:plain
2014年も気がついたら残り1ヶ月を切ってしまいました。そろそろ来年のカレンダーを決めておきたいところですね。我が家は昨年までは、動物写真家、岩合光昭氏のWWFカレンダーを飾っていましたが、今年は同じく岩合氏による「日本犬」というカレンダーをリビングに飾っております。
http://shop.wwf.or.jp/Form/Product/ProductDetail.aspx?shop=0&cat=&swrd=%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC&pid=13019200&vid=

岩合氏といったらネットではNHKの「世界ネコ歩き」がよく話題になっているのを見ますし、毎年多くの出版社からネコカレンダーが発売されていますが(今年も10点以上あるようですね…)、岩合さんの犬写真もかなりいいのです。
代表的なものだとは辰巳出版の「日本犬」、平凡社の「ニッポンの犬」が毎年発売されていて、やはりそれぞれの出版社から卓上の犬カレンダーも出ているようです。

2015カレンダー 日本犬 ([カレンダー])

2015カレンダー 日本犬 ([カレンダー])

2015年カレンダー ニッポンの犬 ([カレンダー])

2015年カレンダー ニッポンの犬 ([カレンダー])

日本犬だけでなく洋犬も好きな私にはやや物足りない面もありますが、毎月カレンダーをめくる度になんとも絶妙な表情の犬たちの写真が現れて、これがかなりの楽しみ。というか犬写真ばかり見て、カレンダー部分をほとんど見た記憶がないかも…(苦笑)
愛らしい子犬の写真たちや、鼻デカ系の犬カレンダーも多いのですが、1年リビングに飾ることを考えると結局、岩合さんの犬カレンダーに落ちついてしまいます。単に犬の可愛らしさだけでなく、「+日本の景色」の演出もいいのですよね。
2015年版はどちらの犬カレンダーにするか悩みましたが、表紙の愛らしさで今年も辰巳出版「日本犬」をチョイス。いやしかし、「ニッポンの犬」表紙の秋田犬もなかなかのものですね…。
2015ミニカレンダー 岩合光昭のいぬ ([カレンダー])

2015ミニカレンダー 岩合光昭のいぬ ([カレンダー])

2015年卓上カレンダー しばいぬ ([カレンダー])

2015年卓上カレンダー しばいぬ ([カレンダー])

ちなみに自分の部屋に置くカレンダーは毎年趣味寄りのものを購入しています。ここ何年かは、YESのアートワークでお馴染みのイラストレーター、ロジャー・ディーンのものだったり、カナダのロックバンドRUSHのカレンダーなど。
ロジャー・ディーンカレンダー2015 ([カレンダー])

ロジャー・ディーンカレンダー2015 ([カレンダー])

Rush 2015 Calendar

Rush 2015 Calendar

最近ではリットーミュージックから発売されている楽器系のカレンダーもなかなか素敵。2013年のビンテージシンセのカレンダーはかなり秀逸だったのですが、さすがにニッチ過ぎたのか今年は発売されませんでした。
来週発売されるキーボードマガジンの最新号に付録として「ビンテージ・シンセサイザー・カレンダー2015」が付いてくるようなので、どんな形状か分かりませんが(卓上型っぽいかな?)楽しみにしております。
珠玉のビンテージ・ギター・カレンダー2015年版 (卓上版) ([カレンダー])

珠玉のビンテージ・ギター・カレンダー2015年版 (卓上版) ([カレンダー])

ミュージシャンの手カレンダー2015年版 (卓上版) ([カレンダー])

ミュージシャンの手カレンダー2015年版 (卓上版) ([カレンダー])

ビンテージ・シンセサイザー・カレンダー 2013年版 (壁掛け式) ([カレンダー])

ビンテージ・シンセサイザー・カレンダー 2013年版 (壁掛け式) ([カレンダー])

Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2015年1月号 WINTER (CD、ビンテージ・シンセサイザー・カレンダー2015付) [雑誌]

Keyboard magazine (キーボード マガジン) 2015年1月号 WINTER (CD、ビンテージ・シンセサイザー・カレンダー2015付) [雑誌]