I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

CASIO PRO TREK Smart WSD-F30のレビューをスタートしました【2019/1/18発売】 #プロトレックスマート


スポンサーリンク

いよいよ発売まで1ヶ月となったカシオ計算機のアウトドア用スマートウォッチ最新モデル「PRO TREK Smart WSD-F30」。この度カシオさんより特別に発売前のサンプル機をお借りすることができました。

f:id:OKP:20181219120148j:plain

早速この冬シーズンの登山等からフィールド投入していて、そのテスト結果、現行モデルであるWSD-F20との性能差、使用感などは、今後当ブログにて詳しくレポートして行く予定です。まずは初回ということで簡単にお送りします。

2019.1.17追記:レビュー第一弾を更新しました。

CASIO PRO TREK Smart WSD-F30ってどんなアイテム?

改めてこの新製品「PRO TREK Smart WSD-F30」ついての基本事項をおさらいしておきましょう。

f:id:OKP:20181202154139j:plainf:id:OKP:20181202154141j:plainf:id:OKP:20181202154143j:plain

G-SHOCKやPRO TREKといったアウトドアで使えるタフな性能のリストデバイスに定評のあるカシオから、最初にアウトドア向けのスマートウォッチが登場したのは2016年のこと。Android Wear(現Wear OS by Google)をプラットフォームに、5気圧防水や米軍のミルスペック (MIL-STD-810G)を備えて登場した「Smart Outdoor Watch WSD-F10」から数えるとWSD-F30は3代目にあたるモデルです。

初代WSD-F10はGPSや内蔵地図が非搭載で基本的にスマートフォンとペアで使うことが前提でしたが、昨年発売された2代目の「PRO TREK Smart WSD-F20」からは遂に待望のGPSを内蔵。ユーザーがダウンロードした地図をオフライン状態でも見られることになり、携帯電波の入らないエリアにおいてもスマートウォッチのみで地図や現在位置を確認することが可能となりました。

f:id:OKP:20181219120152j:plain
WSD-F10/WSD-F20/WSD-F30

また、このWSD-F20からカシオが誇るアウトドアウォッチ「PRO TREK」のブランド名を冠したことでも注目を集めました。

そして3代目となるのが今年の夏に発表されたWSD-F30。WSD-F20の基本性能を踏襲しつつ、課題であったバッテリー持ち、即ち駆動時間のアップに取り組み、さらに本体サイズの小型化、約10gの軽量化も実現した最新モデルになります。

f:id:OKP:20180830114926p:plain

仕様ではあくまで縦横数ミリずつのサイズ差ですが、実際に製品を比べてみると明らかにひとまわり小さくなっていることを感じます。
さらにディスプレイサイズは小型化された一方で解像度は上がっているので、地図などは同縮尺でもより広い範囲の表示が可能となりました。

f:id:OKP:20181219120151j:plain

より省電力を意識したWSD-F30

注目は新搭載の「エクステンドモード」、これによりカラー地図とGPSを利用しながら最大3日間の仕様が可能になったそうです。
また新たな2層ディスプレイによる「マルチタイムピースモード」は、以前のタイムピースモードがモノクロ液晶で時刻のみを表示していたのに対して、高度、気圧、コンパスといったセンサー情報を表示したままに、約1ヶ月の電池寿命を実現しているそうです(つまり一般的なアウトドアウォッチとして使える)。

f:id:OKP:20181219120154j:plainf:id:OKP:20181219120155j:plain
エクステンドモード/マルチタイムピースモード

この辺りもこれからのテストでじっくり使い込んで検証していければと考えています。

発売は年明けとなる来月2019年1月18日。スキーウェアやハードシェルの上からもバンドを巻くことができるロングタイプのクロスバンド「WSA-BX1」も同時発売されます。

f:id:OKP:20181202154029j:plain

私自身はこれまでのモデルでも通常バンドでシェルの上から普通に使えているのですが、腕が太かったりダウンや厚めのインサレーションを着ていると重宝するのかもしれません。

通常使用でもバッテリー性能は良くなってるかも!?

詳しいレビューは今後のお楽しみということにしつつ、せっかくですので先日雪の谷川岳に登って来た際のデータからひとつだけネタをご紹介します。

f:id:OKP:20181219120149j:plain

この日、約5時間半の行動で、同じ設定(機内モード・ディスプレイ輝度最大・YAMAPでログ記録)にてWSD-F20、WSD-F30を使ってみたところ、なんと登山終了時のバッテリー残量に10%の差がありました。

f:id:OKP:20181219120150j:plain

実を言うとバッテリー持ちはエクステンドモード(残念ながらYAMAP等は非対応のモード)でなければそこまで大差ないのでは?と思って使い始めたのですが、通常の使い方でこれだけ差が出たのは少々驚きの結果……。

あくまでたった1度の使用なのでこれだけでまだ断言できることではありませんが、幸先としてはかなり期待が持てそうなPRO TREK Smartの新モデルです。

先代WSD-F20もお手頃になってきています……

販売予約は既に取扱店、ネットショップ等でスタートしていますが、WSD-F30の売り出し価格は6万円弱といったところ。現在、WSD-F20の方は4万円台の半ばまで価格が下がってきていますし、どちらを選ぶか悩ましい所かもしれません。

WSD-F20にスペック的にもまだまだ見劣りするところはありませんし、解像度よりも物理的なディスプレイの大きさを求めるのも両機を併用しているとアリだと感じています。

製品名 WSD-F20 WSD-F30
2層ディスプレイ 1.32インチTFT+モノクロ液晶 1.2インチ有機EL+モノクロ液晶
解像度 320×300pixel 390×390pixel
サイズ 61.7×57.7×15.3mm 60.5×53.8×14.9mm
重量 92g 約83g
カラー ブラック/オレンジ ブラック/ブルー/オレンジ
Extendモード 不明
価格 ¥51,000(税抜) ¥61,000(税抜)

おまけ:WSD-F30プレゼントキャンペーンが実施中

ちなみに現在、Twitterのカシオ計算機公式アカウントが WSD-F30(ブルー)が1名に当たるプレゼントキャンペーンを行っています。応募方法はアカウントのフォローと下記当該ツイートをRTするのみです。


PRO TREK Smart関連記事