I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

台風一過:台風19号通過翌日の多摩川左岸(府中郷土の森〜是政橋あたり)


スポンサーリンク

2019年10月12日(土)から13日(日)の未明にかけて日本列島を襲った台風19号(ハギビス)。強い勢力のまま12日の夜には予想進路通りに首都圏を直撃し、各地に大きな被害をもたらしました。

f:id:OKP:20191013164641j:plain

元々、12日は都内で行われるライブイベントに出演予定でしたが、相次ぐ鉄道の計画運休や台風関連の報道を受けて、前日の時点でイベントの順延が決定……。
神奈川県と東京で暮らして40数年、ここまで首都圏が厳戒態勢となったのは私にとっても初めての経験ですし、12日は朝からネットとNHKの防災情報に釘付け状態で、多摩川各所のライブカメラを幾度となく切り替え、リロードしながら過ごした1日になりました。

私の住む府中市は南部で多摩川に面していることもあり、14時半過ぎに中央高速よりも南側の地区に避難準備警報、その後17時を過ぎてかなりの暴風雨となっているタイミングになって、より広いエリア(分倍河原〜府中本町周辺まで)に避難勧告が出ていました。自然相手なので仕方ないとはいえ、この時間になっての避難勧告に迷った人は多かったことでしょう。

結局、市内での越水等は起こりませんでしたが、近隣の地域では多摩川の支流が絡んだ越水、冠水被害も発生し(近い所だと川崎市多摩区の三沢川など)Twitterに流れてくる情報を見ながら不安な時間を過ごすこととなりました。
一方でTwitterでは台風接近に伴う気圧変化を投稿したり(TLに登山クラスタが多いので、気圧計内臓の時計の写真が溢れていた)、台風の目に入ったと思われる静かな瞬間を実況したりと、同じ嵐の夜を都内で過ごす物同士の不思議な連帯感のような空気に随分と勇気づけられた気がします。

明けて13日日曜日は前夜の嵐が嘘のような、台風一過の晴天となりました。起きがけに出たベランダから富士山がよく見えていましたが、テレビをつけると首都圏以上に甚大な被害を受けている各地の情報も飛び込んできて、再び現実に引き戻されます……。

本当はもっと早い時間に出掛けようと思ったのですが、前日にずっと気を張っていた疲れのせいか数度の二度寝をしてしまい、遅い朝食を取ってから昼前になって多摩川の様子を見に行ってきました。

f:id:OKP:20191013164708j:plain

広大な多摩川流域のほんの一部の区間ではありますが、多摩川左岸を中心に府中郷土の森から是政橋にかけての、台風翌日の様子を写真で記録しておきます。

郷土の森バーベキュー場あたりは一面冠水していたようですが、既に水はその先の護岸まで引いていました。通常水位よりは増水気味ですが、夜から朝にかけてかなり水位は下がったようです。

f:id:OKP:20191013164027j:plain

気になる増水ピークの位置ですが、一昨年の台風21号後の増水に比べると泥やゴミの跡が少なく少し分かりにくい……。恐らく芝の色が少し変化している(上の多摩川サイクリングロードから2m弱ぐらいの高さ?)所だと思うのですが……。

f:id:OKP:20191013164015j:plain

そんな多摩サイは台風一過のお天気もあってか、サイクリング、ジョギング、そして散歩をする人達で賑わっていました。このスロープのあたりは比較的分かりやすいゴミの跡がありました。最大増水時の水位は恐らく2年前を越えていたと思われます。

f:id:OKP:20191013164035j:plain

スロープ下部にはおびただしいゴミが引っかかっています。

f:id:OKP:20191013164041j:plain

大量のゴミが引っかかって、まるでマングローブの根っこのようになってしまった木々。

f:id:OKP:20191013164102j:plain
f:id:OKP:20191013164127j:plain

長時間水流に晒されたせいか、綺麗に洗われてしまった流木。

f:id:OKP:20191013164107j:plain

大丸用水堰下はまだ濁流の下です。

f:id:OKP:20191013164115j:plain

この辺り、河川敷の土がごっそり持っていかれて、下の石積みが見えてしまっています。

f:id:OKP:20191013164121j:plain

一方で砂が面白い形で集められて堆積したような場所も。

f:id:OKP:20191013164135j:plain

この水路も昨夜は完全に水の下だったはず。水路の縁に立てられた柵も全て抜けてしまっています……。

f:id:OKP:20191013164145j:plain

水門周りのフェンスが倒れているのも恐らく……。

f:id:OKP:20191013164239j:plain

改めて気付いたのですが、府中市郷土の森 第一野球場と郷土の森庭球場(テニスコート)を挟むように堤防が二重になっているのですね。左手側が川で正面が上流方向。堤防が左手に大きくカーブしていますが、正面の野球場の右手側も道路から一段高い堤防になっています(。所々に切れ目はありますが)

f:id:OKP:20191013164152j:plain

地図で見るとこのあたり(大丸用水堰下)で川幅が大きく変化しているのですが、この第一野球場とその先にある府中市郷土の森の敷地を、越水時の遊水池的に機能させる設計だったりするのかも?

朝に家から見えていた富士山は雲の中に……。

f:id:OKP:20191013164158j:plain

このゴミが増水の跡だとするとやはり多摩サイは水没していたようですね。

f:id:OKP:20191013164203j:plain
f:id:OKP:20191013164233j:plain

郷土の森サッカー場。ゴミ(漂流物)がすごい。

f:id:OKP:20191013164209j:plain
f:id:OKP:20191013164215j:plain
f:id:OKP:20191013164219j:plain
f:id:OKP:20191013164228j:plain

富士山!

f:id:OKP:20191013164251j:plain
f:id:OKP:20191013164223j:plain

基礎から根こそぎ倒されてしまっているのは、郷土の森第二野球場のバックネット。ネット自体は折りたたみ式で倒せるようになっていますが、それでも水の勢いで倒れてしまったようです。

f:id:OKP:20191013164308j:plain
f:id:OKP:20191013164314j:plain

マウンドもゴッソリと持って行かれてしまいました。

f:id:OKP:20191013164320j:plain

マウンド内の砂利が下流側に流されています。

f:id:OKP:20191013164326j:plain

グラウンドも大きく削り取られてしまいました。

f:id:OKP:20191013164258j:plain
f:id:OKP:20191013164356j:plain
f:id:OKP:20191013164402j:plain

野球場横のちょっとした歩道も途中で寸断されていました。

f:id:OKP:20191013164334j:plain
f:id:OKP:20191013164341j:plain
f:id:OKP:20191013164351j:plain

武蔵野貨物線と南武線の橋が並んだ場所から数10メートル上流にあった野球場のグラウンド。増水した川の橋の手前で、どのような水流と力が発生したのでしょう……?

f:id:OKP:20191013164303j:plain
f:id:OKP:20191013164503j:plain

今回の台風全体の被害規模を考えると、球場の修復に手が付けられるのはいつになるのでしょう。

f:id:OKP:20191013164426j:plain
f:id:OKP:20191013164432j:plain
f:id:OKP:20191013164437j:plain
f:id:OKP:20191013164457j:plain
f:id:OKP:20191013164420j:plain

こうして見ると、住宅地の直前まで増水していたことが分かりますが、場所によってゴミ跡の高さ(堤防頂上からの距離)が異なっていることが分かり(川幅が狭い場所はもっとマージンがある)、この辺りは川幅がかなり広くなっている場所ということで堤防の高さも綿密な計算で作られているのだと感じます。

f:id:OKP:20191013164415j:plain

水たまりにドジョウが残されていました。

f:id:OKP:20191013164442j:plain

しかし川までは絶望的な距離……。

f:id:OKP:20191013164446j:plain

この手の水たまりに残された小魚を捕ってる子ども達もいて、子供の頃の潮だまり(タイドプール)で遊んだことを思い出しました。

是政橋方面へ向かいます。

f:id:OKP:20191013164516j:plain

この辺りも全て水の中でした。

f:id:OKP:20191013164509j:plain
f:id:OKP:20191013164522j:plain

大きなマンションが並ぶ目の前の堤防も、頂上まであと少しの所まで水が来ていたように見えます。

f:id:OKP:20191013164713j:plain

是政地区一般野球場もすぐには使えませんね。

f:id:OKP:20191013164533j:plain
f:id:OKP:20191013164543j:plain

スロープの段差に泥が溜まっていました。地形に変化のある所には、かならず堆積物の痕跡ができて面白い、なんて言ったら不謹慎かもしれませんが、とても気になるポイントです。

f:id:OKP:20191013164538j:plain

スロープのアスファルトが剥がされてしまってます。水の力って凄い……。

f:id:OKP:20191013164548j:plain
f:id:OKP:20191013164554j:plain

スロープの途中まで水が来ていた痕跡。

f:id:OKP:20191013164559j:plain

是政橋から上流を眺めました。昨日はここが一面水だったのですよね……。

f:id:OKP:20191013164605j:plain

南武線鉄橋の橋脚に引っかかったゴミ、いつ誰が撤去することになるのだろう?

f:id:OKP:20191013164611j:plain

奥多摩の山が良く見えていました。

f:id:OKP:20191013164622j:plain

是政橋を渡って、多摩市側まで来てみました。護岸のブロックが剥がされてます?

f:id:OKP:20191013164617j:plain

多摩市側もかなりギリギリまで水位が上がっていた痕跡。そういえば右岸と左岸の堤防の高さって増水時に差が生まれないように作られているのでしょうか? 管轄する自治体によって堤の高さに差があったりすると問題になりそうですし、一括して設計されるものなのでしょうか?

f:id:OKP:20191013164629j:plain
f:id:OKP:20191013164635j:plain

多摩市側の河川敷グラウンドもかなりの被害がありそう。集まっているのは少年野球チームかな。

f:id:OKP:20191013164656j:plain

台風による被害としては、全国各地の堤防決壊や冠水・浸水、土石流などに比べたら遙かに小さな規模で住んだ私の住む街ですが、それでも少し歩いてみただけで、とてもすぐには手が付けられないだけの爪痕が各所に残されていました。そして、同じ多摩川の流域だけでも上流から下流まで全ての場所で同様の(またはそれ以上の)台風による爪痕が残されているのでしょう。

f:id:OKP:20191013164703j:plain

今回の台風により私が普段から遊びに行ったり、かつてお世話になった多くの地域が被害に合っています。今の自分にできることは少ないですが、少しでも何かの力になれたらと考えていますし、同時に自分たちの地域の、そして自分自身の防災について今一度考えてみる必要を感じています。


関連のありそうな記事