I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

モバイルバッテリーにもなるコンパクトなLEDランタンが気に入って車と自宅用に2個買って常備している


スポンサーリンク

かれこれ1年ちょっと使っているのですが、Amazonで買ったコンパクトなLEDランタンが色々と便利で気に入っているので紹介してみようと思います。

f:id:OKP:20191021105746j:plain




軽量コンパクトサイズのLEDランタン

私が使っているのはSuperwayというメーカーの商品でAmazonで購入したもの。形状が同じで(金型が同じなのか同じOEM元がまとめて製造してるのか)色違いのLEDランタンが様々なメーカーから出ている、Amazonの中華メーカー製品にありがちなアレです。

f:id:OKP:20191021085518j:plain

去年の3月に山中湖でキャンプした際、LEDランタンを持ってなくてレンタルしたのですが、そんな高いものじゃないので買っておこうと考えていたのでした。

同系統のLEDランタンは各種売られているのですが、あまり大きなものは邪魔になりそうですし、あとはこのチャコールとピンク(といっても薄ベージュ系?)のものが比較的見た目が気に入ったこともあって、セールになるタイミングを狙っていました。

f:id:OKP:20191021105742j:plain

手のひらサイズでコンパクト、重量は182gと軽量なので登山のテント泊に持って行ってもそれなりに重宝しそうですが、テント泊は普通にヘッドライトで十分に事足りているので、あくまでそれ以外の日常用途で使うためのものです。もちろんキャンプやBBQなどにも。

f:id:OKP:20191021085532j:plain

本体はIP65等級(粉塵の侵入を完全に防ぎ、かつ水流にも耐える)の防水防塵にもなっているので、雨や水飛沫を浴びるようなアウトドアでの使用も安心です。

f:id:OKP:20191021105753j:plain

また、上部が磁石になっていて冷蔵庫や車の金属ボディに貼り付けて使うことができます。

f:id:OKP:20191021085510j:plain

車用と自宅の非常用に2個購入

最初は車に常備しておく用途で買ったのですが(車中泊時や登山の際にラゲッジ内を照らす用に)、あまりに便利なのでこれは自宅の防災用ランタンとしても役に立つなと追加で購入しました。1個は車のラゲッジの物入れに、1個は自宅の玄関に常備しています。
以前は玄関に乾電池式の懐中電灯を常備していたのですが、いつの間に電池が液漏れしていたこともあったりして、LEDランタンと入れ替えでそのまま捨ててしまいました。

f:id:OKP:20191021003521j:plain
後から買った方は正面のロゴがありませんでした

ちなみに寝室には登山で使わなくなったヘッドライトもあります。スマートフォンにも懐中電灯モードがありますし、LEDランタンを含め非常時に使える光源を数種類用意しておくと何かと安心だと思います。

スバルXVは純正のラゲッジライトが暗く殆ど役に立ちませんし、以前の車でリアハッチ用のライトの消し忘れでバッテリーが上がってしまったことなどもあって、別電源の照明があると何かと安心。

f:id:OKP:20191021014331j:plain
1個でも十分にラゲッジ内を照らしてくれます

f:id:OKP:20191021014347j:plainf:id:OKP:20191021014336j:plain
贅沢に2個使ってみたりとか……

ランタンとしての性能は最大196ルーメン(そこそこ明るいヘッドライトぐらい)で、照射範囲もそこまで広い訳ではありませんが、車内灯としてや車のラゲッジ内を照らす程度なら必要十分です。点灯モードはミドル/ロー/ハイの3段階とフラッシュ点灯/SOS点灯が選べます。車の中で使う際は、ハイだと明るすぎてミッドで使っていることが多いかも。

以前、別の記事でも紹介したルートート ルーガービッジ。相変わらず使ってます。
SUBARU XV(GT7型)納車から1ヶ月、2200km乗ってみての感想もろもろ - I AM A DOG
f:id:OKP:20180330150514j:plain

十分な光量と長時間の照射時間

運転席のサンバイザーに挟んでハイ点灯させたら、後部座席でも一応本が読めるぐらいの明るさ。

f:id:OKP:20191021014419j:plainf:id:OKP:20191021014425j:plain

置き方は表裏どちらでも自由で、必要な光量、照射範囲で使い分ければいいでしょう。

f:id:OKP:20191021014414j:plain

取っ手部分がカラビナ状になっているので、引っかけて使ったり……

f:id:OKP:20191021014327j:plainf:id:OKP:20191021014341j:plain

持ち手にして懐中電灯としても使えます。登山装備の中からわざわざヘッドライトを取り出すよりも(余計な電池を使わずに済みますし)、ちょっとトイレに行く際なども重宝しています。

f:id:OKP:20191021014436j:plain

照射時間はハイで8.5時間、ミドルで35時間と通常の使い方ではまず問題ないレベル。実際、今年に入って車用、自宅用のどちらも充電した記憶がないのですが(車用のはたまに使っている/自宅用は買った直後に1度充電したまま)、バッテリーの残量ランプは未だ75%を維持していました。

f:id:OKP:20191021003517j:plain

非常用として常備する場合、定期的にバッテリー残量はチェックするべきですが、実際に1年近く放置していても十分に残量があって、問題なく動作していたので今後も安心して使えそうです。




5200mAhのモバイルバッテリーとしても使える

充電式のLEDランタンですが、その電源部は5200mAhのモバイルバッテリーにもなっています。決して大容量ではありませんが、車のエンジンを落とした後にもう少しスマートフォンを充電しておきたいときなどにこれが重宝します。

f:id:OKP:20191021003422j:plain

これから登山というときだとスマートフォンも携行しているモバイルバッテリーも満充電で出発したいですし、ギリギリまで充電しておけるのは案外助かるのです。
充電は普通にUSB(Micro-B)ポートで給電すればいいので、車なら移動中にでも充電しておけばOK。

f:id:OKP:20191021003530j:plain
LEDライトから充電中&モバイルバッテリーでLEDライトを充電

f:id:OKP:20191021003525j:plain
USBインプット&アウトプット端子は防水キャップ付き

ちなみに光の色は昼白色。LEDランタンの種類によっては電球色タイプなどもあります。キャンプなどの用途では炎やランタンの色に使い電球色の方がムードがあるかもしれませんが、私はあくまで効率重視なので昼白色がいいかなと。

f:id:OKP:20191021003432j:plain

非常用(防災用)として玄関に置いてあってもコンパクトなので邪魔になりませんし、キャンプやBBQ、登山といったアウトドアに積極的に持ち出しても存分に活躍してくれることでしょう。

この他にも同じ形でモバイルバッテリーの容量が6400mAhと少し大きなもの、電球色のもの、さらには電球色と昼白色が切り替えられるモデルなどもあるので、気になるものを選べたいいかと思います。

よりコンパクトで(モバイルバッテリーの容量も少なめ)で2個セットでお買い得なものななども。

あとはソーラーチャージャーを使えば、5000mAhのモバイルバッテリーなら半日程度で充電できたのでキャンプの際などはセットであると便利かも。

f:id:OKP:20190501150359j:plain

関連のありそうな記事