I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

11月の立山・室堂で観光や撮影を快適に楽しむための覚え書き


スポンサーリンク

今年も雪の立山・室堂(室堂平)で過ごして来ました。今回の目的は雪山シーズンフライングの登山でしたが、山には登らなくても雪の室堂を写真撮影や観光、スノーハイキング等で訪れてみたい人もいると思いますので、いくつかチェックしておきたい点についてまとめてみました。

f:id:OKP:20191121004859j:plain

今回の立山レポート(雄山登山・宿泊)についてはまた別途記事にします。

雪に覆われた初冬の室堂に行こう

室堂(室堂平)は北アルプスを東西に貫く山岳観光ルート「立山黒部アルペンルート」の最高地点、富山県側の標高2450mに位置する広大な溶岩台地です。
この付近は立山カルデラとも呼ばれ、かつて弥陀ヶ原火山の火山活動により生まれた地形。北アルプス立山連峰の中腹に位置する高山帯ということもあり、冬から春にかけて大量の降雪があります。

f:id:OKP:20191121103343j:plain

この室堂へアクセスするアルペンルートの営業期間は4月の半ばから11月末までなので、雪に覆われた初冬の立山が楽しめるのは11月に入ってからのごく短い期間のみ…… そこから先は深い雪に閉ざされたシーズンオフとなります。

再びアルペンルートが開通するのは4月の中頃。今度は「雪の大谷」で知られる春の立山シーズンとなりますが、それについてはまた別の機会に……。
雪の大谷を楽しむ! | 立山黒部アルペンルート

昨年は11月の初旬に大きな降雪がありましたが、今年はなかなかまとまった雪が降らず(山の上には降っていたものの)、室堂平が一面の雪に覆われたのは11月半ばの15日になってからでした。

f:id:OKP:20191121091706j:plain
観光客で賑わう室堂ターミナル前

雪の室堂で過ごすにもまずは現地に雪がないことには仕方ないので、11月に入ったらアルペンルートのライブカメラやツイッター等をチェックして、現地の最新情報にアンテナを貼っておくことが大切です(記事ラストにリンク集を作っておきます)。

f:id:OKP:20191121105756j:plain
仕事が手に付かなくなることでお馴染みの室堂ライブカメラ
立山室堂平ライブカメラ|立山黒部アルペンルート

このように降雪や天気のタイミングを狙って室堂を訪れるのはなかなか難しいのですが、運が良ければ室堂ターミナルから歩いてすぐのエリアで、息を呑むような美しい絶景と出会うことができます。

f:id:OKP:20191121091649j:plainf:id:OKP:20191121091655j:plain
f:id:OKP:20191121091733j:plainf:id:OKP:20191121091728j:plain

今回はそんな雪の立山・室堂を訪れての観光や散策(スノーハイキング)、写真撮影などを楽しむために知っておくと良さそうな情報をまとめてみました。

室堂に行くには? 室堂で観光できるエリアについて

改めて室堂へのアクセス方法ですが「立山黒部アルペンルート」を利用して、長野側か富山側からバスやケーブルカー、ロープウェイといった複数の乗り物を乗り継ぐことになります。公共交通のみで行くことも可能ですし、マイカーの場合は扇沢(長野)か立山駅(富山)を起点にすることが一般的でしょう。

f:id:OKP:20191121125118j:plain
立山黒部アルペンルートとは|立山黒部アルペンルート

扇沢や立山駅から室堂までの所要時間ですが、乗り継ぎのいい時間帯でも最短で1.5時間前後。交通費もそれなりに高額になります。天候ガチャにアクセス手段と出費…… そんな合わせ技もあって立山(室堂)行きにハードルを感じている人もいるかもしれません。
それでも一度室堂平や立山を味わってしまうと、何度も吸い寄せられてしまう魅力があるのです……。

f:id:OKP:20191121091700j:plain
扇沢−室堂の往復で大人9210円也……

f:id:OKP:20191121093307j:plainf:id:OKP:20191121091742j:plain
アルペンルートの玄関口、長野側の扇沢駅(左)と富山側の立山駅(右)

ちなみにアルペンルートの富山側は降雪等により立山高原バスが運休になることも多いので、長野県の扇沢からのアクセスの方が確実なようです。ただし乗り継ぎが多く、黒部ダムの上を歩く必要があるので、移動手段してては少々面倒ですが、移動中も観光として考えれば見所は多いです。

f:id:OKP:20191121150755j:plainf:id:OKP:20191121150749j:plain
扇沢から室堂に行く間には有名な黒部ダム(黒部湖)も……

積雪期(4月、5月、11月)の立山ですが、一般の観光客が自由に行動できるのは室堂ターミナルからみくりが池の周辺、雷鳥沢キャンプ場にかけての登山道の限られたエリアのみです。
スキーやスノーボード、登山などでそれ以外の区域に入る場合は、入山ルールに従った書式での入山届提出や雪崩ビーコンの携帯が義務づけられているので注意してください。

f:id:OKP:20191121115106p:plain
本記事はあくまで白いエリアが対象です

今回はあくまで、室堂ターミナル周辺で過ごすことを念頭にした内容になります。

f:id:OKP:20191121091718j:plain
雄山から見下ろした室堂平。中央のみくりが池周辺が行動可能なエリア(結構広い)

当然ですが入山対象エリアでないからといって絶対安全という訳ではありません。登山道の周辺には足を滑らせたら危険な斜面がたくさんありますし、天候の急変であっというまにホワイトアウト状態になることもあります。公共交通の駅の目の前とはいえ、冬の北アルプスのど真ん中に要ることはよく理解した上で、このすばらしい室堂の景観や温泉を楽しんでください。

f:id:OKP:20191119164856j:plain

日帰りも可能だけど、できれば室堂での宿泊がオススメ

室堂へのアクセスですが、この時期は扇沢からの始発バス(8:30)に乗っても(ケーブルカー、ロープウェイ等の乗り継ぎをして)室堂到着は9:55。室堂発の最終バスは15:15なので、日帰りだと室堂平で過ごすことができるのは5時間程度になってしまいます(立山発の場合9:50着/最終15:45)

写真撮影が目的の場合は朝夕のタイミングも狙いたいと思いますし、やはり室堂に一泊以上の宿泊をするのがオススメ。賑やかなツアー観光客がいなくなった時間帯の室堂はとても静かで、天気に恵まれていればどこを見回しても絶景だらけ、まさに地上の楽園です。

f:id:OKP:20191121131146j:plain
最終バスが出た後の室堂ターミナル前はとても静か

室堂エリアには数件の宿(山荘)があり、そのうちのいくつかは温泉宿になっています。11月の室堂の宿泊は基本的には閑散期らしく、土曜日以外ならば直前の予約でも空いていることが多いそうです。
ただし営業最後の週末に関してはスキー/スノーボード客でいっぱいになるそうなので(今年も宿によってはもう満杯とのこと)、気を付けてください。また、室堂の主立った宿の営業はアルペンルートの閉鎖より少し早く、今年は11月24日(日)の宿泊がラスト。

f:id:OKP:20191121091723j:plain
山が染まる時間帯に撮影している人達はみんな室堂の宿泊組

私は17日分の予約を11月のはじめにしようとした所「その時期は空いてますし、1週間前からキャンセル料金も発生しますし、直前の予約で大丈夫です」みたいな感じでした。実際、この日の宿泊者は我が家を含めて10人でした。

2年連続で利用しているみくりが池温泉(4月にも入浴やレストランで訪れています)は食事も美味しく、広々とした温泉もありますし(日本最高所の温泉)、相部屋でもかなり快適に泊まることができます。
ただし、平地のホテルや温泉旅館のようなアメニティ、サービスはありませんし、あくまで山小屋の延長として捉えておいてください。

f:id:OKP:20191121094017j:plain
2年連続でお世話になっているみくりが池温泉

その他にも、室堂の宿はいい評判を耳にしているので(次は雷鳥荘を狙っている)、まずは拠点としての宿を押さえることが肝心。天候の読みづらい室堂ですが、キャンセルのルールは宿によって異なるので、その辺の確認もお忘れなく。

ちなみに雷鳥の遭遇率はボーナスステージな春に比べると低いかも……? 昨年の11月には5羽の雷鳥がみくりが池温泉の前まで遊びに来てくれましたが、今年は残念ながら雷鳥の遭遇はありませんでした。

f:id:OKP:20191122000608j:plainf:id:OKP:20191122000613j:plain

防寒は真冬並みの対策で、調整できると良

室堂の標高は2450mなので、平地よりも15度近く気温が低いことになります。11月の降雪期に入れば、最高気温が氷点下になることも珍しくありません。防寒対策は平地の真冬を意識する位でいいでしょう。

f:id:OKP:20191121102935j:plain
大袈裟なようですが風が強いのでこうなってしまいます

気温だけでなく、室堂平でも10m/s前後の風は普通に吹くので、風を防げるフード付きのアウターシェル(レインウェア等)も欲しいところ。また、初冬の頃は気温も安定せず、先日訪れた際も前日は雪だったのが、帰る日には強い雨(夜には雪に)が降っていたので、雨対策もお忘れなく(傘、レインウェア)。

f:id:OKP:20191121101126j:plain
雨とガスで真っ白になってしまった室堂平

防寒だけならフードが付いたダウンジャケット(コート)でもいいですが、日中太陽が出ていればそれなりに暖かくもなりますし、雪の上をずっと歩いていると汗ばみます。また、アルペンルートの下界側はそこまで寒くないことも……。
雪山登山並の装備とは言いませんが、脱ぎ着することで体温調節のしやすい防寒を意識しておくといいでしょう。

個人的には
・化繊の下着
・化繊シャツ
・フリース
・ダウンジャケット
・防水アウターシェル(レインウェア)

のような重ね着が全天候対応でオススメです。或いはスキーをする格好を意識するといいかも。

f:id:OKP:20191121093037j:plain

中にはジーパン、スニーカー姿の観光客も結構見かけますが、普通に寒いですし、雪が溶けたらなかなか乾かずに辛いです。
足元は雪の中でも歩けるハイカットのスノーブーツや防水のトレッキングシューズ(登山靴)、化繊のパンツ+レインパンツ、寒がりな人はタイツを履いておくといいでしょう。化繊下着やタイツは激しく動かないなら、ユニクロのヒートテックでも十分です。

f:id:OKP:20191121093054j:plain

朝夕、夜間に屋外で撮影をするような人は、当然ですがそれなりの防寒対策をしておきましょう。

サングラス、日焼け止め、ニットキャップ、手袋は必須アイテム

雪の室堂に行くなら、UVカットのサングラスは必須です。ないとマジで目が死にます。なんなら予備を含めて2個はあってもいいです。

f:id:OKP:20191121093049j:plain

日焼け止めも忘れずに。下手な夏の屋外よりも雪の照り返しの方が日焼けします。

頭の防寒はニットキャップ的なもの。朝夕、強風に耐えて撮影をするつもりがあるなら、バラクラバやバフ等のネックゲイターも欲しいところ。ここまで全てスキー/スノーボードの経験があれば、同じ対策と考えればOKです(一般的なスキー場よりも標高の高い所で雪遊びするようなものです)。

f:id:OKP:20191121093106j:plain

手袋は持っている中で一番暖かいものを持って行けば大丈夫だと思いますが、スノーハイクなどで長時間外を歩き回るならば、やはりスキー用や登山用のものを使うと安心かも。見た目に拘らないなら防寒テムレスも十分に使えます(最近は黒テムレスもありますね)。
サングラス同様、なくしたり飛ばされたときのために2セット持っていくと安心です。

f:id:OKP:20191121093043j:plain

ショーワグローブ 【防寒手袋】No282防寒テムレス Lサイズ 1双

ショーワグローブ 【防寒手袋】No282防寒テムレス Lサイズ 1双

私はカメラやスマホが扱いやすいよう、マムートのミトン/指出しが切り替えられる手袋を使っていますが、室堂平の中だけならこれで十分でした。

その他、みくりが池温泉の売店にミニモンベルコーナーがあるので、防寒、手袋、靴下、軽アイゼン等を現地で買うこともできます。

f:id:OKP:20181108130800j:plain
スノーハイクに必要なものはだいたい揃ってしまうかも……

アイゼン、スノーシュー、わかん、ストック等があると快適

室堂ターミナルの前は平坦な地形ですが、みくりが池や雷鳥荘、雷鳥沢キャンプ場方面まで歩くとなると、それなりにアップダウンがあります。みくりが池温泉ぐらいまでは滑り止めのない靴でもなんとか行けますが(朝夕は凍結もあるので注意)、チェーンスパイク等の軽アイゼンを持っていくと安心です。なんなら登山用の10〜12本爪のアイゼンを履いていても、大袈裟ではありあせん。

f:id:OKP:20191121141846j:plain
チェーンスパイクなら普通の靴にも装着可能

室堂ターミナルと宿を繋ぐ主なルートはブルドーザーの轍や踏み跡があって歩きやすくなってますが、降雪直後は靴だけだとズボズボ沈んで歩きづらいです。
スノーシューやわかん(和かんじき)があれば、踏み抜きも防げますし雪原のスノーハイクも楽しめます。宿によっては宿泊者用のスノーシューレンタルもあるようです。

f:id:OKP:20191121095027j:plain
スノーシューのような浮力はないもののあると心強いわかん

スノーシューやわかんは普通の靴にも取けられるようになってますが、できれば登山靴やスノーブーツのような固めの靴の方が足が締め付けられにくいです。わかんはそれほど雪上での浮力はありませんが、スノーシューに比べるとコンパクトで軽量なのが魅力。履く際にベルトの取付が少々面倒ですが、ラチェット式にパーツ交換したら非常に使いやすくなりました。

f:id:OKP:20191121105201j:plain

その他、ストック(トレッキングポール)があると、雪上で歩く際にバランスが取りやすくなります。ただしスノーバスケットがないと雪に深く刺さって使いづらいだけなのでお忘れなく。

f:id:OKP:20191121093059j:plain

カメラの携行はシンプルに、結露には気を付けたい

室堂平で写真撮影をするならば、カメラ機材の携行はなるべく両手がフリーになる(或いはストックを扱えるよう)バックパックがオススメです。カメラの携行も極力行動を妨げないよう工夫して行うとよいでしょう。
また、強風下では常に吹き上げられた雪が飛んでいるので、レンズ交換も極力少なくすむようなシステムを組みたいところ(私は2台のカメラと2本のレンズを固定にした組み合わせで使います)。

さらに宿のチェックインやレストラン、食堂に入る際ですが、氷点下に近い気温で冷やされたカメラを温かい屋内に持ち込むと、あっという間に結露を起こします。レンズも曇ってしまいまともに写真は撮れなくなりますし、場合によっては結露が原因による故障に繋がる可能性もあります。

f:id:OKP:20191121095808j:plain
カメラは屋内に入る前にバッグで極力密閉状態に……

私の場合は外で使ったカメラは、なるべく屋内で使わないよう心掛けます。外で防水のカメラバッグにカメラをしまい、冷たい空気と一緒に屋内に持ち込んで、徐々に屋内の温度に慣らしていくイメージ。宿の中では基本的にスマートフォンのカメラを使っています。

宿で電池やSDカードを交換する際にも結露には気を付け、ある程度時間が経ってから行うといいでしょう。また、低温下でのカメラの動作(バッテリー性能低下)などについては、各自の機材の性能や癖を事前に調べておきましょう。

f:id:OKP:20191121093111j:plain
定番アクセサリですがレンズに付いた雪を落とす際に必須

そうそう、カメラを雪に落としたり(軽く触れる程度でも)、吹雪に晒されて前玉に雪が付いてしまうと落とすのに苦労します。ブロワ、レンズに使えるブラシ(レンズペン)、クロス、レンズティッシュ等は普段よりも多めに用意しておくと安心です。

天気予報、現地情報収集まとめ

最後に、11月の室堂を訪れる際は雪の状態を含め、常に最新の天気予報、現地情報を調べておきましょう。実際に私がチェックしていた、天気予報サービス、サイト等のリンクをまとめておきます。

立山黒部アルペンルート公式情報

現地の最新情報はなによりアルペンルート公式が一番確実。特にアルペンルートの運行情報は欠かさずにチェックしておきましょう。東京は貼れていても立山は吹雪とかザラにあります。

立山黒部アルペンルート公式
https://www.alpen-route.com/index.php

立山室堂平ライブカメラ
https://www.alpen-route.com/live_camera/murodou.html

【公式】立山黒部アルペンルート/Twitterアカウント
https://twitter.com/tateyamagirl

室堂の宿泊施設(山荘・山小屋)

他にもありますが室堂ターミナルから近い順に3つ(立山室堂山荘の方がアップダウンがなくて行きやすいかも。雷鳥荘は30分弱歩きます)。温泉があるのは、みくりが池温泉と雷鳥荘。

みくりが池温泉
http://www.mikuri.com/

立山室堂山荘
http://www.murodou.co.jp/

らいちょう温泉 雷鳥荘
http://www.raichoso.com/

ホテル立山(ブログ)
https://h-tateyama.alpen-route.co.jp/news/tax_news/blog/

天気予報

室堂は山なので、長野県、富山県の下界の天気予報を見て計画を立てるのは危険です。私は日本気象協会の「登山天気」アプリと、ヤマテンの有料会員になってそれぞれの予報を参考にしています。

レジャー天気 - 山の天気(日本気象協会 tenki.jp)
https://tenki.jp/mountain/famous100/4/19/156.html

山の天気予報 - ヤマテン
https://i.yamatenki.co.jp/

GPV 気象予報/SCW - 天気予報 / 観測情報
http://weather-gpv.info/
https://supercweather.com/

tenki.jp 登山天気

tenki.jp 登山天気

  • 一般財団法人 日本気象協会
  • 天気
  • 無料

その他

入山エリアに入らない場合も、念のため遭対協のホームページは一読しておくといいでしょう。積雪の情報などは、登山系SNSにレポートを上げている人もいるので、参考にさせて貰っています。

立山室堂 山岳スキー情報(富山県山岳遭難対策協議会)
http://toyamaken-sotaikyo.jp/

YAMAP(立山・雄山・浄土山)
https://yamap.com/maps/626

ヤマレコ(室堂)
https://www.yamareco.com/modules/yamainfo/ptinfo.php?ptid=1431

るるぶ富山 立山 黒部 五箇山 白川郷’20 (るるぶ情報版(国内))

るるぶ富山 立山 黒部 五箇山 白川郷’20 (るるぶ情報版(国内))

山と高原地図 剱・立山

山と高原地図 剱・立山

関連のありそうな記事

2019年11月の立山・室堂記事


過去の立山・室堂関連記事

過去の立山関連の記事。4月のアルペンルート開通直後と11月です。

その他装備関連