I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

モンベル ウイックロン ポケマスク:吸水速乾素材で熱がこもりにくい、これからの季節に嬉しい布マスク?


スポンサーリンク

今月の始めに抽選販売の予約が受付されていたモンベル製の布マスク。我が家も申し込んだところ当選し、購入することができました。

f:id:OKP:20200525122255j:plain

昨日、我が家に購入分のマスクが届きました。既に初回の販売分は終了していますが、今後の製造販売があることを期待しつつ(いい感じなのでもう1組ぐらい欲しくなります)簡単に紹介します。

7/30追記:現在モンベル公式サイトにて、第二弾「ウイックロン ポケマスク ライト」の抽選販売予約がスタートしています。予約の受付は8月1日(日)まで。前回よりも通気性を高め熱がこもりにくい仕様となっているそう。詳細はモンベル公式サイトにてどうぞ。
モンベル | 【応募受け付け中】ウイックロン ポケマスク ライト抽選販売 |

f:id:OKP:20200730112141j:plain




モンベル ウイックロン ポケマスク

我が家も何かと世話になっているアウトドアブランド モンベルが作った布マスク。モンベルのTシャツ等に使われている、吸水速乾性に優れた機能性素材「ウィックロン」生地を使ったものです。
モンベル | ウイックロン ポケマスク抽選販売【応募受付終了】 |
モンベル | オンラインショップ | wickron® ウイックロン®

f:id:OKP:20200525194317j:plain

サイズはレギュラーサイズ(M)と小さめサイズ(S)の2種類、カラーは薄いブルーグレーがかった白で、サイトでは「アイスホワイト」と明記されていました。価格は税込で1枚1,320円とやや高めですが、機能性素材であること、売上の50%がCOVID-19に関する義援金に使われるそうなので、もしかしたら採算ラインに乗っているかも怪しいかもしれませんね。

初回受付は1人2枚までだったので、MとSを1枚ずつ注文してみました。

f:id:OKP:20200525122300j:plain

Mは175×85mmで、普通の不織布マスク(写真の不織布マスクは165×95mmのもの)とほぼ同じ。Mサイズは150×80mmでひとまわり小さくなっています。先日購入した無印良品の布マスク(175×95mm)は妻にはやや大きすぎたこともあり、やはり女性には小さめサイズがあると有り難いですね。

f:id:OKP:20200525122305j:plain
左上:不織布マス 左下:無印良品マスク 右列:ウィックロンポケマスク

やはりモンベル製品はよく見える所にロゴ。

f:id:OKP:20200525122347j:plain

真っ白という訳でない、やや薄いブルーグレー寄りの白です(アイスホワイト)。

f:id:OKP:20200525122310j:plain

重量はMサイズで10g。無印マスク(実測10.4gでした)よりほんの少し軽い程度ですが、素材のソフトさ(次項でもう少し詳しく)もありかなり軽いマスクに感じます。

f:id:OKP:20200525122337j:plain

無印良品の布マスクについては、先日書いたこちらの記事にて。

夏でも快適そう?な柔らか薄手素材

サイトでの写真を見て結構しっかりした(硬い)素材を想像していましたが、想像とは随分違う薄手の柔らかな素材。手に持ってみると、ふわっと折れ曲がる様子で、この素材感が伝わるでしょうか……。

f:id:OKP:20200525122352j:plain

確かにこれは速乾性の高さや通気性の良さ、熱がこもりにくいというのも想像できます。

ただし、あまりに素材が柔らかいため、肝心の立体構造がそこまで上手く機能せず、装着時に口元に布がまとわりついてしまう感覚もあります。この辺りは不織布や固めの生地を使ったマスクと異なりますが、機能性素材を使うこととのトレードオフでもあるので仕方がないかもしれません。

f:id:OKP:20200525122320j:plain

そして鼻部分に入った芯材ですが、ありがちな不織布マスクなどの柔らかな金属に比べるともう少し弾性の高い、形状記憶っぽい(?)感じの素材(樹脂素材だそうです)。グッと曲げてもそのままの型が付かずに少し戻るような。鼻の隙間を気にするメガネを掛けた人などは、やや気になるかもしれません。

f:id:OKP:20200525122342j:plain

そうそう、「ポケマスク」の名前の通り、内側にポケットが付いていて自分で不織布やガーゼ、キッチンペーパーなどでフィルターを加えることが可能です。ただし、このマスクは装着時の快適さを重視して使いたいので、私はフィルター等は入れずにそのまま使うことになりそうです。

f:id:OKP:20200525122315j:plain

もちろんその場合、薄い布が2枚とプリーツ部分の折り返し程度のフィルター効果しかないので、微細な粉塵を防ぐ効果もあまり期待できなくなりますが、そこはある程度割り切って使うものでしょう(エチケット及び、飛沫防止など)。

これからの梅雨時期や夏にかけて気温や湿度も上がりますし、今使っている無印良品のマスクでは恐らくかなり熱気が篭もる、汗をかくことが想像できていたので(既にちょっと汗ばむ……)、このモンベル ウィックロンマスクはかなり活躍してくれそうな気がします。



飛沫防止にはある程度の効果はあるでしょうし、今後は人の集まる場所ではマスクを付けていることが一定のエチケットとされる社会になることが予想されるので、そんな意味でもこの装用感が良さそうなマスクはかなり有り難い存在です。

一時期に比べると市場のマスク流通もかなり落ち着いてきましたが(我が家の近くでも普通に不織布マスクが買えるようになってます)、機能性素材のマスクは特にこれからの季節、それなりに需要もありそうです。量産の目処が付くようならばカラバリ展開なども含めて、再販されることを期待しています。

おすすめ記事