I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

自宅ガパオライス2020完成版レシピは鶏ひき肉・エリンギ・ざく切りキャベツでワンプレート


スポンサーリンク

去年、自宅でスイートバジルの栽培を始めたのを切っ掛けによく作るようになり、すっかり定番メニュー入りしたタイのナンプラー炒め料理であるガパオライス(パットガパオ)。

f:id:OKP:20200703001834j:plain
チャーンビールおいしいですよね

肉でもシーフードでも美味しくて、そのとき自宅にある材料を適当にナンプラー味で炒めたらまず美味しくなるので本当に助かります。ちなみに現在は家バジルは育ててなくて(そろそろ苗を買いに行くか?)、市場のアジア食材店で売ってる冷凍ガパオ(ホーリーバジル)を使っています。
スイートバジルよりもホーリーバジルの方がガパオライス的にも正当な材料ですし。

その後もガパオライスは色々と作っていますが、最近になってかなり完成形になった(?)というか、ほぼ作る形が固定されてきたので。ひとまず現時点での我が家ガパオライス構成の紹介です。

といっても鶏ひき肉を使って、野菜はパプリカ+玉ねぎ+エリンギ。盛り付けの際に際にキャベツをトッピングするだけ。今回のキモであるエリンギとキャベツを使うネタ元はid:tanabooさんのレシピの真似なので、特にオリジナルなアイディアではありません。

基本的なレシピも特に以前と変わっていません。

刻んだにんにくと鷹の爪、鶏肉200gを炒めてパプリカ、玉ねぎ、角切りのエリンギを投入。塩コショウ、味の素、ナンプラーとオイスターソース各大さじ1、解凍したホーリーバジルを投入して仕上げです。エリンギは適度なかさ増しになるし、味、食感も申し分なくて一度試して以来欠かせない存在。

f:id:OKP:20200703001844j:plain

肉はなんでもいいのですが、鶏ひき肉を使ってさっぱり仕上げるのがやはり飽きが来ません。
で、盛り付け際に皿の1/3ぐらいのスペースに、ざく切り生キャベツをドサッと入れてサラダ付きのワンプレートに。ガパオライスの具材とご飯とキャベツを適宜混ぜ混ぜしながら食べる。うまい!

f:id:OKP:20200703001839j:plain

キャベツにはマヨネーズをかけつつの味ミックスが、なんともジャンクでたまらない(これもあるので、肉は鶏ひき肉ぐらいがバランスがいい気がします)。

f:id:OKP:20200703001848j:plain

マヨネーズはともかく(妻はあまりかけてない)、お手軽なワンプレートでご飯にタンパク質、各種野菜までしっかり取れてバランスも完璧です!?
一昨日はエリンギを買おうと思ったらマッシュルームが安売りしていたので代わりに使ってみたけど、まあ当然美味しい。でもオススメはやっぱりエリンギかも。食感がいいんですよね。

f:id:OKP:20200703001859j:plain

ひとまず現時点はこのガパオライスが、我が家のベストレシピということで。
まだまだ改良の余地はあると思いますが、ワンプレートで手軽でバランスよくて美味しくて飽きもこない。もっと美味しい組み合わせに出会ったらまたブログで報告します。

チャーンビール クラシック 缶 [ タイ 330mlx24本 ]

チャーンビール クラシック 缶 [ タイ 330mlx24本 ]

  • 発売日: 2019/05/07
  • メディア: 食品&飲料

過去のガパオライス