I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

Go Toトラベルキャンペーンを利用して北海道旭川へ一泊旅行に行ってきました【交通・食・紅葉】


スポンサーリンク

10月18日(日)から19日(月)にかけて北海道・旭川に行ってきました。正確には大雪山系の西の麓である上川郡東川町の旭岳温泉。北海道最高峰の大雪山・旭岳に登山をして、ほぼそれだけで帰ってきたようなやや駆け足の旅行ですが、とても楽しかった!

f:id:OKP:20201021111238j:plain

今回の旅はGoToトラベルキャンペーンを利用しての手配で、なんと1人あたり20000円(航空券・温泉ホテル泊・レンタカー込)。現地で受け取った地域振興クーポンを差し引くと実質約1.5万円/1人(食費別)ほどで北海道旅行を楽しめたことに……。正直旅行の当日まで「本当に行けるのか?」と疑ってしまったレベルですが、これは事実です。




Go Toトラベル割引条件変更の情報を見て、急遽旅行の予定を入れてみた

今月9日、大手旅行予約サイト各社が突然GoToトラベルキャンペーンの割引上限を大幅に下げる発表を行いました(現在は政府の割引支援の変更により、以前の割引額に戻ったりしているようです)。

我が家がその情報を知ったのはじゃらんが条件を変更するリミット数時間前のこと(毎度ももさんの情報には感謝してる)。


ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山

ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山

10月からGoToトラベルキャンペーンに東京エリア及び東京都民が対象になったものの、特に旅行の予定は立ててなかった我が家。普段は思いつきでのマイカー旅ばかりですし、急に「旅行予約サイト使ってGoToしようぜ!」と言われても、すぐにこの時期何処に行けばいいのかすら思いつきません……。

f:id:OKP:20201021110653j:plain

どうやら(じゃらんの場合は)交通+宿泊の「じゃらんパック」を利用するのが安いらしいと、JRを使った東北旅行から検索を始め、結局は北海道方面へ。大雪山旭岳ロープウェイの乗り口から最寄りの温泉ホテルにかなり安く泊まれるらしいということが分かりました。

ANA航空券とホテル宿泊、現地でのレンタカーまでセットになったじゃらんパックで、1人1泊30500円。ここからGoToトラベルクーポンで21000円が引かれ(2人分の合計額で使えるクーポン)、2人で40000円で航空券・宿・レンタカー付きの北海道旅行ができるようです(じゃらんポイントが少しあったので支払いは3万円代でした……)。

f:id:OKP:20201021110841j:plain

今回は休みの都合で日〜月曜の2日間の日程しか取れず、現地の滞在は30時間ほど(日曜12:50着 月曜19:30発/ANAマイレージ会員なのでついANA一択で調べてましたが、JALなら値段も変わらず4時間ほど現地滞在を伸ばせたみたいです)。今まで1泊での北海道旅行は経験がありませんが、天気次第では大雪山旭岳への登山も十分行けそうです。

さらにホテルで地域共通クーポンなるものが9000円分貰えて、滞在中の2日間に限り現地の対象店舗(セイコーマートや道の駅なども対象)で使えるらしい。このクーポン、大雪山旭岳ロープウェイ(1人往復3000円)でも使えるので余裕で使い切ります(旭山動物園は対象外)。実質1人1.5万円で北海道旅行か……(ごくり)。

f:id:OKP:20201021110903j:plain

この代金だと車移動での立山黒部アルペンルート日帰り登山と変わらないレベルかも。近隣の温泉旅行でも移動込いならもっと掛かりそうです。

さすがに今回予約のホテルは夕食なし(朝食のみ)プランですが、せっかくレンタカーがあるので旭川周辺の好きな場所に移動して食事ができるのでむしろウェルカム。料理自慢のホテルや旅館も魅力的ですが、今回はとにかく大雪山旭岳ロープウェイへのアクセスの良さで宿泊先を決めてしまいました(ちゃんと旭岳温泉の立派な温泉ホテルです)。

f:id:OKP:20201021111126j:plain

何の予定もなかった所から急遽1週間後の北海道旅行を決めたこともあって、予約確認のメールを見ても「何かの間違いでないか?」「この値段で北海道に行っていいのか?(行けるのか?)」と半信半疑な状態がしばらく続きました(笑)

それから1週間の間に今時期の旭岳の状況などを調べて「ほぼ雪山登山」になりそうということで、荷物の準備などをするのですが、旭岳登山と初日の姿見駅(山頂駅)周辺散策に関してはまた別の記事でまとめます。

f:id:OKP:20201021171556j:plain

用意した装備、登山用品の飛行機/機内持ち込みの可否、ガス(OD缶)の手配などもそちらで改めて。

羽田〜旭川空港:本当に航空券が取れている!

18日の朝、いつもどおり電車で羽田空港へ。Go Toキャンペーン効果もあってか、空港の活気はそこそこ戻っているように見えました。手荷物の預け入れでスマホのQRコードを読み込ませて本当に航空券が取れていることがを確認して、ああこれは本当なのだなと(笑)

f:id:OKP:20201021110658j:plain

羽田空港の出発ロビーにマスク専門店がありました。期間限定の出店だったのですね。

f:id:OKP:20201021110703j:plain
羽田空港でマスク専門店「Mask.com EXPRESS」が期間限定オープン!|日本空港ビルデング株式会社のプレスリリース

コロナ禍を経ての旅行は、とにかくマスク着用・手指消毒・検温・手洗い……の繰り返し。飛行機搭乗の呼び出しも席位置によるグループ毎になっていて、隣席の妻でも窓際と通路では呼び出しタイミングが異なったりします。これは以前より搭乗がスムーズに感じるぐらいかも……。

f:id:OKP:20201021123036j:plain

飛行機はいつも北海道に行く際にお馴染みのAIRDO(ANAとの共同運行便)。ただし先程も書きましたがJAL便の方が早い時間の旭川行きと、遅い東京戻りがあるようなので、次回からはJALもチェックします(ここは若干失敗だったと後悔してる……)。

f:id:OKP:20201021110709j:plain

そういえば今シーズンの冠雪富士山を見るのは初めてかも……。

f:id:OKP:20201021110713j:plain

羽田を飛び立ってすぐ。このアングルの富士山も初めて見ましたね。

f:id:OKP:20201021110718j:plain

津軽海峡。

f:id:OKP:20201021110722j:plain

新千歳空港。

f:id:OKP:20201021110728j:plain

お久しぶり北海道。はじめまして旭川。

f:id:OKP:20201021161738j:plain

うーん、大雪山系は雲が……。

f:id:OKP:20201021110738j:plain

保安検査や搭乗手続きなどコロナ対策により多少以前からの変化もありましたが、特に大きなトラブルもなく12:50には旭川空港に到着しました。

f:id:OKP:20201021110743j:plain

旭川空港はターミナルビルも新しめで、フードコート(後述)やショップエリアも充実の地方空港。なんでも揃った巨大な新千歳空港も楽しいですが、これいぐらいの規模感が移動も楽でいいですよね。

f:id:OKP:20201021110819j:plain

北海道旅行の際にあまり現地で土産物選びをするのも時間が勿体ないし(荷物にもなるし)、定番土産なら空港で買えばいいのでは?と思ってしまいます。

f:id:OKP:20201021110814j:plain

レンタカーはカローラフィールダー

レンタカーはじゃらんANAパックに付帯のワールドネットレンタカー(旭川空港営業所)。空港からは送迎車で3分程の距離に営業所があります。

予約はコンパクト・Sクラス(ヴィッツ・ノート・ヤリス)でしたが、用意されていたのはトヨタのカローラフィールダー。個人的には乗り慣れてない車はなるべくコンパクトな方が嬉しいのですが(なんならターボの軽自動車が下道中心なら取り回しも楽で最高)、5ナンバーでバックモニターも付いてるなら別にいいかみたいな。パワーはあまりないけど、普通に乗りやすかったです。

f:id:OKP:20201021110825j:plain

北海道のレンタカーなので基本4WD、この時期はほぼスタッドレスタイヤに交換されているはずです(雪のある場所に行く場合は要確)。
正直今回の旅行代金は、格安航空券を買ったらホテルが着いてきたような感じなので、レンタカー代が何処から出ているのかは完全に理解不能です。

f:id:OKP:20201021110830j:plain

旭岳の紅葉は既に終わっていますが(というか上の方はほぼ雪山)麓の紅葉は丁度見頃を迎えています。旭川の市街地から山に向かって車を走らせていると、周囲には見事な紅葉が次々に現れます。

f:id:OKP:20201021165045j:plain

大雪山旭岳ロープウェイ最寄りの温泉ホテル「旭岳温泉 ホテルベアモンテ」

今回泊まったホテルですが「旭岳温泉 ホテルベアモンテ」。旭岳温泉エリアでは最も奥まった場所で、恐らく大雪山旭岳ロープウェイの山麓駅から一番近いホテル。ホテルからロープウェイ山麓駅まで歩いて3分なので、わざわざ駐車場を移動する必要もありません(近くには無料の公営駐車場と有料のロープウェイ駐車場があります)。

f:id:OKP:20201021110858j:plain

この少し手前には「ラビスタ大雪山」もあって一度泊まってみたいホテルではありましたが、今回のじゃらんパックの対象ホテルには含まれいませんでした。
あと、(ももさんのブログ記事に載ってた旭岳温泉 湯元 湧駒荘は取ることができたのですが、夕食付きで料金が少し高めだったのとロープウェイから離れているので(といっても徒歩10分ちょいだと思います)今回はロープウェイのアクセス重視でホテルを選びました)。

f:id:OKP:20201021110853j:plain
温泉の日帰り入浴もできるようです

先程も書きましたが、今回は朝食のみの宿泊プラン。実は到着初日にすぐホテルに直行してロープウェイに乗ったので(2日目が天気が悪そうなので、初日にも行っておこうと)、食事の移動などでホテルと旭川の中心地を都合2往復半ほどしました。片道1時間程度なので(周辺の景色も抜群ですし)それほど苦にはならないと思います。
温泉大浴場を備えたリゾートホテルで、館内や部屋も綺麗でとても過ごしやすかったです。

f:id:OKP:20201021111045j:plainf:id:OKP:20201021111039j:plain
f:id:OKP:20201021111012j:plainf:id:OKP:20201021111023j:plain

館内着は男女フリーサイズで足は少々短め(膝丈ハーフパンツみたいになる)。「東川町は北海道唯一の上水道のない町」とのことで、蛇口をひねればミネラルウォーター。

f:id:OKP:20201021111034j:plainf:id:OKP:20201021111057j:plain

加水なし100%源泉かけ流しの温泉に入れる大浴場はかなり広くて、ちょっとした日帰り入浴専用施設並。男女の風呂場が日替わり(?)になっていて、両方入りましたが片方の露天風呂は、作り的にほぼ空の見えない露天でした(説明が難しい)。泉質は無色無臭のさらさらなお湯。

f:id:OKP:20201021200532j:plain
via : https://www.bearmonte.jp/hotspring/

私はお風呂に入ったタイミングのせいか、両日ともほぼ貸し切り状態でかなり贅沢に使わせて貰いました。一点、大浴場の入口とホテルの禁煙所が近いせいか、換気扇か何かの都合なのか、更衣室が常にタバコの煙臭かったのは残念でした。

朝食はごく普通のホテルバイキング。感染症対策で使い捨てのビニール手袋をしてバイキング利用するシステム(もちろんマスク着用で)。味もごく普通でした。

f:id:OKP:20201021111103j:plain

滞在中に食べた北海道の味覚

今回は一泊二日のやや慌ただしい日程ということもあって、食事の回数も少なかったのですが、美味しい北の味覚を楽しむことができました。

f:id:OKP:20201021110749j:plain

旭川空港 そらいちの「梅光軒」で旭川ラーメン(醤油)

初日のランチ。到着後はレンタカーで旭岳に直行予定だったので、旭川空港の2階フードコート「そらいち」ですませます。フードコートは旭川ラーメンが2店舗の他、定食、ジンギスカン、海鮮丼……など様々な食事が楽しめます。

f:id:OKP:20201021165039j:plainf:id:OKP:20201021110759j:plain

「梅光軒」は老舗の旭川ラーメンの店で、現在は新千歳空港を含む札幌エリアの他、東京や横浜、さらにアジア圏にも進出しているそう。まずは基本の醤油ラーメンに味玉とご飯。

f:id:OKP:20201021110803j:plain

魚介と動物系(豚骨・鶏ガラ)のダブルスープで、こってり過ぎない濃厚なスープ。とても美味しい。さらに2枚入った大きなチャーシュは流行りのトロトロ系でもなく、しっかりした肉質ながら適度に柔らかく、久々にチャーシューらしいチャシューを食べました。フードコート「そらいち」はいいぞ!

f:id:OKP:20201021110810j:plain

東旭川「居酒屋天金 東支店」にて夕飯

初日、旭川での夕飯ですが、美味しいらしいと評判を聞いていた「居酒屋天金(てんきん)」に行ってみました。旭川駅前の店舗の他、東旭川にも支店があるようなので今回はそちらを選びました。

f:id:OKP:20201021110907j:plain

日曜日の18時半到着の時点で店内は満席でしたが、駐車場で30分程待って席に案内されました。その後は徐々に店内が空いて行って、居酒屋でもありつつ地元の方が普通に夕食利用もしている店なのかも?

f:id:OKP:20201021110913j:plain

メニューは北海道らしい海鮮料理が中心ですが、居酒屋らしいメニューや肉料理、揚げ物なども充実しています。

f:id:OKP:20201021110936j:plain

車なのでお酒が飲めないのが少々残念ですが、ノンアルコールビールと合わせて色々と食べてみましたが、これがどれも本当に美味しい!

f:id:OKP:20201021110919j:plain

アスパラ焼きに刺身。盛り付けも美しいですね。

f:id:OKP:20201021110925j:plain

今シーズンは不漁で食べる機会のない生サンマ刺身。少々贅沢価格ですがこれは間違いない。

f:id:OKP:20201021110930j:plain

道内産肉を使った牛カツ。謎のタレとわさびが最高に合うけど、塩でもソースでも美味い。

f:id:OKP:20201021110942j:plain

やはり北海道に来たので食べておきたいいくら丼(とアサリ味噌汁)で〆。

f:id:OKP:20201021110959j:plain
ご飯は酢飯、酢飯のいくら丼は久々に食べましたがやはりこれはこれで美味い。

f:id:OKP:20201021111005j:plain

こちらは妻のうにぎり(ウニのおにぎり)。

f:id:OKP:20201021110953j:plain

サッポロクラシック 富良野ビンテージ

天金では飲めなかったのでホテルの部屋飲み。ここはセイコーマートでサッポロクラシック…… と思ったのですが、「富良野VINTAGE」なる限定生産のサッポロクラシックが売っていました。
サッポロ クラシック 富良野VINTAGE 2020 | ビールテイスト | サッポロビール

f:id:OKP:20201021111051j:plain

レギュラーのサッポロクラシックは最近は都内でも手に入ることが多いので、お土産用に6缶パックも購入。ホテルで飲んだら香りも良く美味しいビールだったので、さらに翌日セイコーマートで6缶追加。帰りの荷物が少々重くなりましたが仕方ない。

f:id:OKP:20201021120850j:plain

旭川「ランデブーダイナー」で初スパカツ

2日目の旭岳下山後の遅ランチ。当初は何度も北海道に来ているのにまだ未体験の「トリトン」(回転寿司)を考えていたのですが、天金でそこそこ海鮮欲は満たされたのと(酢飯いくら丼も食べたし)、登山後のカロリーを欲する体は寿司よりも「北海道のスパカツ食べてみたい!」気分。

調べて見ると旭川の洋食店「ランデブーダイナー」が美味しそうなので、行ってみました。駐車場はないので近くのコインパーキングに停めます(駅前エリアでも1時間で200円でした。安っ)。

f:id:OKP:20201021111243j:plainf:id:OKP:20201021111249j:plain
f:id:OKP:20201021111253j:plain

スパカツはミートソーススパゲティ(ボロネーゼ)にカツレツを乗せた、北海道グルメ(発祥は釧路とのこと)。茹で上げの麺とニンニクが効いた濃厚なミートソース、そして揚げたてのカツレツ。ソースや粉チーズ等で味変しながら食べますが、これが美味しいのはもう説明の必要はありませんね。

f:id:OKP:20201021111310j:plain

見た目の通り最高に美味い。ソースはウスターのようなサラッと系ながらそこまで辛くもなく、うっかりかけすぎたと思ってもミートソースの味を殺すことなく、いい具合にカツの味を引き立てます。

f:id:OKP:20201021111315j:plain

妻が頼んだオムライス ハヤシもちょっとびっくりするぐらいに美味い。

f:id:OKP:20201021111304j:plain

間違いなく他のメニューも美味しいはずなので、可能であれば通いたいお店。旭川に2週間ぐらい滞在したくなりました(笑)

f:id:OKP:20201021111319j:plain

そうそう、スパカツもオムライスもサラダ付きでした。

f:id:OKP:20201021111259j:plain

お店のインテリアなどはアメリカンダイナー系のテイストでネオロカ系のポスターやBGMも。店主の方の拘りが垣間見られる楽しい店でした。旭川に来たらぜひまた訪れたい。

二度目の「梅光軒」(味噌ラーメン)と生サッポロクラシック

ランデブーダイナーで遅いランチのスパカツを食べたのが16時過ぎ、そこからレンタカーを返却をして旭川空港でお土産を買って荷物を預けたら18時半。これは19時半の出発前に北海道ラスト飯行けるでしょう!?(最初からそのつもりでしたが)

f:id:OKP:20201021111345j:plain

選んだのは結局フードコートそらいちの「梅光軒」(美味しかったから……)。今度は味噌ラーメン(ハーフ)と、もう運転はないのでようやく生のサッポロクラシック。これはもう至福オブ至福。

f:id:OKP:20201021111334j:plain

妻は塩ラーメン。私好みの濃厚な味噌、まろやかだけど旨味はしっかり強い塩、醤油、味噌、塩、全て違っていてどれも別路線でしっかり美味しいのが素晴らしい。

f:id:OKP:20201021111339j:plain

ビールの注ぎもジョッキにエンジェルリングが残るレベルでナイスでした(満足して写真撮らず)。

Go Toトラベル記事なのに食パートが一番長くなってしまった……。けど、Go Toトラベルでお得に来られたおかげで食の自由度も上がる訳で…… という程の贅沢もしてないのですが、とにかく普通の食事が十分に美味しい北海道。軽めの登山ではとてもカバーできないカロリー摂取になってそうです。

野良風景がとにかくすごい北海道

2日間、大雪山旭岳ロープウェイに乗ってしまったので、他の観光は一切できませんでした(2日目あまりの天気の悪さに、旭山動物園に行こうか迷ったものの結局山を選びました)。
しかしながら普通に移動中の車から見える景色が、つねに素晴らしいのが北海道。特別有名スポットでない野良風景がどこもかしこも絶景に見えてしまいます。

f:id:OKP:20201021111222j:plain

その殆どは運転中なので写真には撮ることができなかったのですが、2日目下山後の大雪山から旭川への移動中、何度か車を停めて写真を撮りました。

f:id:OKP:20201021111151j:plain
f:id:OKP:20201021111156j:plain
f:id:OKP:20201021111227j:plain

忠別ダム、行きに見かけて「格好いい巨大ロックフィルダムがある!」と思ったのですが、どうやら左岸側は重力式コンクリートダムになっていて、これがどちらもかなり規模大きめ。

f:id:OKP:20201021111201j:plain
f:id:OKP:20201021111206j:plain
f:id:OKP:20201021111217j:plain

周囲に広がる紅葉と合わせてとても美しいダムでした。

f:id:OKP:20201021111131j:plain
f:id:OKP:20201021111145j:plain

2日間、雲が掛かっていた大雪山方面ですが、山の下は青空も見える穏やかな天気でした。天人峡や層雲峡、或いは美瑛あたりまで足を伸ばせばもっと絶景に出会えたかもしれませんが、今回は山目当てだったので後悔はありません(?)。

f:id:OKP:20201021111136j:plain
f:id:OKP:20201021111212j:plain

何れにしても北海道の山にはまたじっくり時間を掛けて来たいですし、今回のようにGo Toトラベルで手軽に来られるならば、単発でも機会があれば何度でも再訪したいところです。お天気ガチャもいつかアタリが引けますように!

f:id:OKP:20201021111140j:plain



追記:大雪山 旭岳の登山と姿見駅周辺の散策についてはこちら。

おすすめ記事