読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

ドラム式洗濯乾燥機はもう手放せないけど、驚くぐらいに埃が溜まるのでできる対策はしておこう(決意)

家事

ひと月ほど前のことですが、長年使っていた縦型洗濯乾燥機から、ドラム式洗濯乾燥機の日立「BD-SV110A」に買い換えました。

f:id:OKP:20170213122137j:plain

丁度花粉の季節ということで、ベランダでの外干しを止めるタイミングだったので、日々の洗濯(主夫である私の仕事)が各段に快適になりました。基本的にばボタン1つで、数時間後には洗い上がりの洗濯物がホカホカのふわふわに乾いております。

扉を開けた際、こぼれんばかりに膨らんでいる洗濯物を見る嬉しさよ!

f:id:OKP:20170323123011j:plain

縦型の乾燥機に比べても断然シワが少ないですし(これが日立の「風アイロン」の効果か!)、衣類の縮みが一切ないとは言い切れませんが(フリースのパジャマやフランネルのシャツは多少縮んだかも?)、心配なものは事前に取り出しておけばいいだけ。脱水直後の濡れじわも以前の縦型より断然少ないのです。
仕事で1日外出する日は、帰宅時間を見計らってタイマーをセット。帰宅直後にホカホカの洗濯物に対面できる感動ったら、会社員時代にこんなものが欲しかったですよ!(笑)

ドラム式洗濯機は構造的に内部にホコリが詰まりやすい?

そんないいことづくめのようなドラム式洗濯機ですが、購入前から噂に聞いていたのが、構造的に内部に埃(ホコリ)が詰まりやすい機械であるということ。特に乾燥ダクト内に埃が溜まりすぎると、生乾きや乾燥時間が延びてしまう原因にもなるそう(温風の通り道がふさがれることで?)。最近も以下のTogetterまとめが話題になっていたと思います。

クリーニング業者が行う分解清掃にせよ、保証内でメーカーの出張修理になったとしても、これは素人がまず手が出せないと判断し、それでもドラム型を使うならば、なるべく「日頃の手入れをマメに行おう」と購入前に決意しました。

実際に使ってみて、ドラム式洗濯乾燥機のどんな所に埃が溜まっていくのか? 普段のお手入れはどんな感じで行っているのか? そしてもう少し突っ込んだ埃の掃除などについても、合わせて紹介してみようと思います。
ちなみに、本記事は我が家で使っている、日立のヒートリサイクル式ドラム式洗濯乾燥機「BD-SV110A」を使用したケースの話になるので、他メーカー、他機種のドラム式洗濯機を使った場合、どこまで参考になるかは分かりません…。

  • ドラム式洗濯機は構造的に内部にホコリが詰まりやすい?
  • もっとも埃が溜まりやすい乾燥ダクト周り
    • 乾燥ダクト内の埃を絡め取るアイテムを買ってみた
    • 一度の洗濯乾燥で乾燥ダクト周辺に発生する埃の量
  • 糸くずフィルターのチェックも忘れずに/「ゴミ取りフィルター」を付けてみた
  • とても便利だけどまだまだ過渡期の家電なのかも
  • 掃除・洗濯関連記事

(注:以下、埃やゴミの写真がたくさん掲載されます)

続きを読む

バッテリーあがり対策にモバイルバッテリー兼用のARTECK製ジャンプスターターを買ってみた

モバイル/ガジェット 旅行

お恥ずかしい話ですが、2年前に車を買い換えてから3度もバッテリー上がりでJAFのお世話になっています…。マイカーを持つようになってこんなにJAFを呼んだのは初めてです。

f:id:OKP:20170323173117j:plain

理由はハッチバック側のルームランプ(以前乗ってた車には付いてなかった)を使用した際にうっかり消し忘れて、数日後に自宅駐車場で発覚するパターン。毎回平日のスーパー買い出しのタイミングなので、大事にはならないのですけど我ながら情けない。

以前は釣り用のエレクトリックモーターで使うマリンバッテリーやチャージャーを持っていたので、車のバッテリーが上がっても自力でジャンプスタートできたのですが、数年前にそれらも手放してしまったのでJAFのお世話になるしかない。

余談ですが、このVoyager 105Aバッテリーは1個23.5kgあります。これを毎週充電して(土日は当然間に充電)、自宅→車→船と2個セットで運んでいたのだから、釣りにかける情熱って凄かったなーと…。よく腰を壊さなかったものです。

しかしうっかり山に行った際にやらかしたりしたらマズいなと(←まず気を付けろ)。バッテリー内蔵のジャンプスターターを買っておくか… と探してみたら、今って安価なものが沢山出てるんですね。カー用品に全く興味がないこともあって、全然知りませんでした。

どうやら現在の主流は、所謂モバイルバッテリーにジャンプケーブルが付くようになったタイプのもの。普段モバイルバッテリーとして愛用しているAnkerからも出ていました!

価格もピンキリで中華メーカーのものも多いようですが、まあお守りみたいなものだし安物でもいいだろう、とベストセラー1位になってるものをポチってみました。

続きを読む

春は菜っ葉が美味しい季節… のらぼう菜を食べてみた

レシピ 多摩

徐々に春めいてきたこの時期。先日まで何度か梅やメジロを撮りに行っていた、府中郷土の森博物館に併設された「郷土の森観光物産館」の農産物コーナーにも露地物の菜っ葉(青菜)が増えてきました。

f:id:OKP:20170323104036j:plain

お馴染みのほうれん草や小松菜、春菊などの他、普段あまり見かけない菜っ葉も並んでいて、思わず手に取ってしまいます。「のらぼう菜」は多摩エリアで多く作られてるというアブラナ科の菜っ葉でです。以前、登戸のクラフトビール店「ムーンライト」で食べて美味しかったのを思い出して買ってみました。

新鮮なクラフトビールが格安で飲める幸せ! 登戸「ムーンライト」はビール好きの天国でした - I AM A DOG

f:id:OKP:20160314001736j:plain

続きを読む

三連休の最終日は南青山でジャズライブ&KUA`AINAの厚切りチェダーチーズバーガー

日記

相変わらず安心とパワー感のあるプレートでした。

f:id:OKP:20170322145936j:plain

三連休最終日の20日、春分の日。久々に南青山のブルーノート東京(Blue Note Tokyo)でライブを見てきました。お目当てはジャズ・ピアニストのチック・コリア率いる「THE CHICK COREA ELEKTRIC BAND」。

私が高校生の頃からずっと好きなバンドで、生でライブを見るのは2005年の再結成ツアー以来(今回は再々結成ツアーに)になる12年振り… といった話題は、改めて音楽ネタ用のブログの方で書くかもしれません。

続きを読む