I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

ブルーノート東京で4年ぶりに矢野顕子トリオを見る


広告

矢野顕子トリオ featuring Will Lee & Chris Parker@Blue Note Tokyo/2013.8.12(mon.) [2nd] 20:00〜

お気づきの方もいるかもしれませんが、当ブログのタイトルは矢野さんの曲名から拝借したものです。
「I AM A DOG」/『LOVE IS HERE』('93)収録。
f:id:OKP:20130814232519j:plain
http://www.bluenote.co.jp/jp/artists/akiko-yano/
http://www.bluenote.co.jp/jp/reports/2013/08/10/akiko-yano-trio-featuring-will-lee-chris-parker-2.html
ブルーノートで矢野さんを見るのは4年ぶりになります。Will LeeにChris Parkerというトリオもスッカリ定着してきたようですね。今となってはこの2人が初期のモーニング娘。のシングルに参加していたということを(故Hiram Bullockも含め)忘れてしまった人もいるかもしれません。

さて、今回は奥さんがお盆休みに突入した今週月曜日の2nd公演に行ってきました。整理券は奥さんに任せて(感謝)自分は6時過ぎまでお仕事。仕事を終えて会社を出ようしたらゲリラ豪雨が港区を直撃… という最悪のタイミングです(とほほ)。
ズボンをびしょ濡れにしながらなんとか南青山にたどり着いて(雨が降っていたので、数軒隣のはてな東京オフィスを覗くのを忘れてしまいました)、奥さんのおかげで早めの整理番号で入場。上手寄り、ウィルとクリスの正面あたりのテーブルからの鑑賞となりました。もちろん矢野さんもバッチリ見えます。

セットリストは以下の感じで、今回は全ての公演が同じセットリストとのこと。「BAKABON」は3年前の公演でも1曲目に演奏されましたが、大好きな曲から始まってあっという間な至福の90分でした。「在広東少年」なんて古い曲を、オリジナルに近いアレンジで聴くことができたのも、とても良かった。

〜Setlist〜

  1. BAKABON
  2. 学べよ
  3. 海のものでも、山のものでも
  4. With You In My Mind
  5. 1.2.3(Will Lee)
  6. リラックマのわたし
  7. 変わるし
  8. 在広東少年

Encore

  1. ごはんができたよ
  2. Ain't No Mountain High Enough

f:id:OKP:20130814232515j:plain
ロビーの物販。Chris Parkerはイラストを描いたスケッチブックなども販売していました。

f:id:OKP:20130814232516j:plain
f:id:OKP:20130814232517j:plain
とりあえずお約束のギネスで乾杯。フォアグラはフォアグラなのにちょっと淡泊な感じ…。

f:id:OKP:20130814232514j:plain
矢野顕子ライブの後は「ラーメン食べたい」になるのはもはやお約束。
−−−

LOVE LIFE

LOVE LIFE

  • アーティスト: 矢野顕子,MIYA,WAYNE CARSON,糸井重里,宮沢和史,FREDDY MORGAN
  • 出版社/メーカー: エピックレコードジャパン
  • 発売日: 1991/10/25
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (24件) を見る
この日の最初に演奏された「BAKABON」が収録された91年のアルバム『LOVE LIFE』。ボッサ調の「いいこ いいこ」でのメセニーのギターが素晴らしいです。間奏は完全にライヒの「Electric Electric Counterpoint」状態。Pat Metheny経由で矢野さんのファンになった私は、「WELCOME BACK」からその後のEPIC時期のアルバムは大好きなのです。

矢野顕子 いいこいいこ(good girl) - YouTube
−−−
もうちょっと長いのはこっちで。