I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

トレッキングポールを新調(軽量モデル&ダブルストックへ)


広告

週末はSUMMER SONIC 2014(東京)とKENSOのライブに行ってきました。
サマソニではWHITE ASH、TOKIO、BABYMETAL、浜田麻里、Superfly、ROBERT PLANTMEGADETH矢野顕子を見ました。どれも良かったですが、TOKIOが最高でしたね(笑)。ということで、ライブも感想をじっくり書きたいのですが、時間が無いので下書きしてあった買い物ネタを更新。

f:id:OKP:20140811232929j:plain
これまで、ずっとトレッキングポール(ストック)は1本のみ使用してきました。理由は写真を撮るときに両手にポールがあっては邪魔だからです。カメラを右手で持つのでポールは左手で、私は左利きなので丁度いいのです。
使っていたのはこれ。

f:id:OKP:20140812201018j:plain
写真を撮るのに使えるかな?とずっと、1脚機能の付いたポールを使ってきましたが、実際にカメラ1脚として使ったことはほぼありません(笑) 「三脚を使うか手持ちで頑張るか」私の撮影スタイルではこのどちらかで十分対応できるようです。

先月、左足の靱帯を痛めたことは日記でも書きましたが、まだ足首が全快してないこともあり(ストレッチするとやや痛みます)先日の雲取山の下山時は奥さんからポールを1本借りて、ダブルストックで歩いてみました。すると、歩きやすいこと歩きやすいこと、ストック1本のときはあくまで「杖」だったのが、2本になると大袈裟ですが、4足歩行で歩いてるかの快適さ。鹿とかカモシカになった気分です(笑)

ということで、これから足に負担がかかりそうなときは、積極的にダブルストックで行こうと決めたのですが、2本にするならなるべく軽くてコンパクトなストックがいいなぁ、と夏休み前に探すことにしました。
あと、せっかくなのでテレスコピックタイプは継ぎ目があっって太くなるし、継ぎ目のないスマートなものがいいなぁと(笑)

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ディスタンスFL BD82302 105-125cm

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ディスタンスFL BD82302 105-125cm

LEKI(レキ) マイクロバリオカーボン 1300254 190

LEKI(レキ) マイクロバリオカーボン 1300254 190

しかし有名メーカーの軽量、コンパクト&スリムタイプのストックはやはりどれも高い。しかし良く分からない激安メーカーのものを買うのもやや不安…。
ということで、そういうときは安心のモンベルです。
これとかよさげっぽい!実はこの新型の「U.L.フォールディングポール」は、今年の春に発表されてから店頭に並ぶのをずっと待っていました。軽量かつ価格も手ごろ、さらに私の好きな赤色(110cm/私は比較的短めのストックが好き)があるということで、ほぼこれに決め打ちぐらいのつもりで先日モンベルショップに見にいきました。
すると、想像以上に華奢なのですね。徹底的に軽量化を図った製品ということもあり、ちょと体重を掛けるとかなりしなります。

http://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1140177
※軽量コンパクト性を重視したバランス補助用のポールです。体重をあずけるような使い方はできませんのでご注意ください。

こんな注意書きまで付いてますし。さらに伸ばしたポールを止める仕組みが、細引きのひもの結びこぶをグリップエンドに引っかけるという仕様。これも正直やや頼りなさを感じてしまいます。特に私はグリップエンド部分も握るので(特に下りでは)、ネジが剥き出しのこの商品はいくら軽かろうと色々と不安です。

コンパクト フォールディングポール Sモンベル
ということで、アウトレットコーナーに移動されていた、前モデルのこちらを購入しました。重量は最新モデルよりやや重くなりますが、それでも1本190gと十分に軽量モデルの範疇。ポールの剛性もしっかりしていますし、グリップ部分も2ウェイになっていて使いやすそうです。
価格やアウトレット価格でもやや上がってしまいましたが、結局こちらを2本購入しました。気掛かりなのは、破損時に代替商品が買えなくなっている可能性ですが、使う前からそこを気にしてもしょうがないですしね。
f:id:OKP:20140811232930j:plainf:id:OKP:20140811232931j:plain
うん、なかなか使いやすそうですし、私の好きな赤色もアクセントで入っているので、気に入りました!
あとはダブルストックでもスムーズに写真を撮れるようにしなければ(笑)