I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

OLYMPUS E-M1のアイカップを見やすい(らしい)ものに交換。そして私の写真が…


広告

以前、オリンパスE-M5付属のアイカップがよく外れて困るので、外れにくいE-M10用のアイカップに交換したという記事を書きました。その後も、E-M5ではアイカップ脱落が起きることもなく、快適に使えています。
さて、メイン機の方のE-M1ですが標準で付属しているアイカップ(EP-12)は元々脱落しにくいような作りになっているため、これまでの1年半の使用でアイカップが外れたことはありません。
f:id:OKP:20150413004515j:plain
代わりにホットシューカバーはよく無くすんですけど…(苦笑)

しかし、E-M1にはこの標準アイカップ以外に大型のアイカップ(EP-13)が別売りで用意されているとのこと。特に標準のもので不満もなかったのですが、話のネタにとちょっと買ってみることにしました。
f:id:OKP:20150413004516j:plain
標準のEP-12と並べて比較するとその違いは一目瞭然。EP-13は接眼部のゴムが広く、そして深く作られているのが分かります。この深くなって部分が外光を遮断して、ファインダーを見やすくしてくれるらしいです。
f:id:OKP:20150413004517j:plain
E-M1に取り付けてみるとこんな感じ。ちょっと偉そう?になりました。
f:id:OKP:20150413004518j:plain
実際に覗いてみると、たしかに目がアイカップにすっぽりと収まる感じで、覗き心地も悪くありません。標準のアイカップではまつげがEVFに触れてしまったり、涙でEVFが汚れることもあったので、これならアイカップ部をかなりしっかりと目に押しつけても大丈夫そうです。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1用 大型アイカップ EP-13

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M1用 大型アイカップ EP-13

もっと早く手に入れても良かったかも?というものですが、小さな部品の割にちょっといいお値段がするので、なかなか踏み出せませんでした(笑)
ちなみに、メガネ使用でもフィットするというのが売り文句のようですが、私個人がメガネをかけて覗いた限りはどちらとも言えないという印象です。
そもそもメガネ着用でファインダーを覗くことがないので(コンタクト使用時より明らかに覗きにくくなりますし)、評価の基準もよく分からないのですが、目とファインダーの距離が標準アイカップよりも離れてしまうので、ファインダーの設定や覗き方によっては、四隅が見にくかったり、ケラレなども発生してしまうかもしれません?さて、ここからは完全に余談なのですが、先日このカメラを使って撮った私の写真がある書籍の表紙を飾ることとなりました。実は私の写真が書籍の表紙に使われるのはこれが2度目のことなのですが、前回はE-5を使っていたときなのでE-M1では今回が初!
私の本業と結びついていることなので、あまり詳細は書けないのですが、ちょっと嬉しい出来事だったので、中途半端ですが告白してみました(笑)
もちろん、プロとして受けた仕事とかではなく*1、予算やら日程やらなんやらの事情もろもろで、結果的に私にその役が廻ってきたというだけではありますが、なんにしても普段から「カメラが好き」「写真が趣味」とか言ってるとこんなチャンスもあるものだと、ありがたく感じております。

*1:業務の一環ではあるので、給与としては対価を頂いてますが