読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I AM A DOG

途方に暮れる 犬とよばれる でも生きてゆく

写真を撮らない花火大会もいいものですね

タイトルに偽りあり…かな?
f:id:OKP:20150803232839j:plain
先日の土曜日、前の職場の同僚のお招きで市川の花火大会を見にいってきました。自宅の屋上から花火大会がよく見えるとのことで、料理が趣味という元同僚の絶品料理をご馳走になりながらの贅沢な花火鑑賞です。
第31回・市川市民納涼花火大会|江戸川河川敷|2015

さすがに人様の家にお邪魔してまで三脚を立ててバルブ撮影とか無粋なことはするつもりはありませんし(笑)、今年は既に何度か花火を撮る機会もありましたしので、カメラはスナップ用にE-M5を持っていっただけです。

普段花火を撮る際も、なるべく肉眼でも花火を見よう見ようとは思っていますが、やはりどうしてもモニターをチェックしたり、画角やピント、シャッターのタイミングやらなんやらとカメラを気にしがち。純粋に花火を楽しめてるとは言えない状況なんですよね…。
f:id:OKP:20150803232840j:plain
今回は最近一眼カメラを買って花火撮影をしてみたいという後輩に対して、多少のレクチャーなどはありましたが(大したこと教えられませんけどね)、それ以外はひたすら花火大会を生で楽しむことができました。

一応カメラは持っていたので、スマホで撮るような感覚でシャッターは切っていましたが、なんてことない写真しか撮れてませんし、それでも花火の記憶はSDカードでなく心にたっぷり刻むことができました。

花火の撮影は、長秒露光やライブコンポジット(比較明合成)で撮ることで、肉眼で見る花火とはまたひと味違う面白い写真を記録することができますが、実際の花火は時間経過と共に次々に表情を変えていくリアルタイムショーです。
ひと夏に何度か花火を見る機会があるなら、つい花火撮影に夢中になりがちなカメラファンも、たまにはカメラを手放してのんびり自分の目で夜空に向き合ってみると、また新鮮に楽しむことができるかもしれませんね。
f:id:OKP:20150803232841j:plain
…なんて日記の合間合間に当日の花火写真を挟んでいたら、あまり説得力がありませんけどね(笑)

ちなみに、後輩が買ったカメラはE-M10だったのですが(私は過剰なマイクロフォーサーズ布教はしてないつもり…)コンパクトなボディに見やすいEVF(見やすさはE-M1>E-M10>E-M5といった感じ)、後発機種だけにライブコンポジットやタイムラプス撮影機能を標準で搭載するなど、上位機種と遜色ない性能を持つ現在最もお買い得なカメラのひとつでしょうね。

OLYMPUS OM-D E-M10  EZレンズキット シルバー ミラーレス一眼 OM-D E-M10 LKIT SLV

OLYMPUS OM-D E-M10 EZレンズキット シルバー ミラーレス一眼 OM-D E-M10 LKIT SLV

後輩も未だ超お買い得状態が続いているE-PL6や、E-M10と価格の逆転状態になっているE-PL7と迷った上、結局ファインダーに惹かれてE-M10を選んだとのこと。購入早々にライブコンポジットで花火大会を撮れたのですから、OM-Dを買って正解でしたね!?
OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL6 ダブルズームキット ホワイト E-PL6 DZKIT WHT

OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN Lite E-PL6 ダブルズームキット ホワイト E-PL6 DZKIT WHT

おや、数日前にE-PL6のEZ Wズームが4万円を切ってるのを見た気がしましたが、また少し価格を戻してしまいましたかね?(…と書いている間に、また価格が下がる瞬間を目撃しちゃいました)